「変幻自在に光るユベントスのダイアモンド」欧州CL準決勝第2レグ レアル・マドリー-ユベントス

ユベントスホームでの第1レグを2-1で終えて迎えた、サンチャゴ・ベルナベウでの第2レグ。レアルは先制点を取ればアウェイゴールで逆転するとあって、ほどんどの予想がレアル有利であったが、蓋を開けてみれば1-1のドローに終わってユベントスが勝ち抜け。チャンピオンズリーグ連覇というレアルの野望は潰えることになった。

レアルが敗退した第一の原因はやはり油断。特に前半20分まではユーベの守備がバタバタしていて、その間にベイルのヘディングやベンゼマの抜け出しからシュートという決定的な場面があったのだが、そこの詰めが甘くて早い時間で特典を奪えなかった。そして前半23分にハメス・ロドリゲスがPA内でタックルを受け、PKをクリロナが決めて先制点を奪ったのだが、そこからレアルは明らかにペースを落としてカウンター狙いに切り換え、確かにチャンスは生まれたのだがそこでも決められず。

すると後半12分にセットプレイのこぼれ球を拾ってからのクロスをポグバが折り返し、このボールに対してレアルの守備陣はウォッチャーになってしまい、モラタがシュートモーションに入った時も詰めたのは1人だけという遅さで、至近距離からバウンドしたボールはカシージャスの反応を持ってしても間に合わなかった。これでアグリゲートスコアでは一転してユーベがリードとなる。

そこからハビエル・エルナンデスを投入してレアルはクロスを上げまくるものの、完全にカテナチオモードに入ったユーベの牙城は崩せずそのままタイムアップ。点を取れるべきチャンスをものにできず、1点取ったら安心して待ち受けモードになり集中力を切らして失点、そこから慌てて攻めたが時既に遅しという典型的な取りこぼしパターンだった。

ただしそのレアルの失態の裏には、同じ中盤ダイアモンドの4-3-1-2フォーメーションながら、相手の出方によって守備の仕方を流動的に変えるユベントスの巧みなディフェンスがあった事は見逃せない。

レアルが先制点を取るまでと、同点から終盤までの守備は、相手がボールを持つとトップ下のビダルがボランチまで下がり、インサイドハーフが開いた中盤のフラットの4-4-2となり、ボールホルダーにはFWの1人がしっかりマークについて攻め上がりまで見る4-5-1の形になる時もあるカテナチオ。

しかしいったんレアルがリードすると、ラツィオ戦のインテルのようにファーサイドのインサイドハーフがボールを奪った後の基点を意識して高い位置にポジションを取り、SBがボランチの位置まで押し上げて中盤のプレスに参加していた。そしてレアルがアタッキングサードに入ったら速やかに中盤フラットの4-4-2で固めていた。

ゾーン・ディフェンスの標準的な4-4-2だと、攻撃モードと守備モードの切り換えはラインの高さやプレスの開始位置になり、イタリア式3-5-2はWBが5バックになるかどうかで、いずれもモードの切り換えは大ごとになりがちで、一度変えてしまったらなかなか元に戻すのが難しくなるのだが、この4-3-1-2だとラインの位置はそのままで攻守のバランスを臨機応変に変えられる感じで、各選手に対する戦術理解の要求度は高いが、マスターしてしまえば強いというのはいかにもイタリア好みという気がする。つーか、ハリルホジッチもやってくれないかな(笑)。

とは言え決勝の相手バルサはこの戦術を持ってしても分が悪いのは明らか。とにかくメッシを死に物狂いで封じ込めれば多少の可能性は出て来るので、テベスのカウンターで少ないチャンスに賭けるしか無いだろう。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「サウジ戦の”アシスト”が、香川が復活するきっかけになったのかもしれない」UEFAチャンピオンズリーグ グループF ボルシア・ドルトムント-レギア・ワルシャワ

既に決勝トーナメント進出を決めているドルトムントと、逆に敗退が決定して...

記事を読む

「岡崎の値千金のゴールシーンに込められた、今期のレスター不調の理由」UEFAチャンピオンズリーグ グループG レスター・シティ-クラブ・ブルージュ

プレミアリーグでは降格圏内まで勝ち点2差しかない14位に沈んでいるレス...

記事を読む

「贔屓目に見なくても、岡崎のいないレスターはやはり弱くて退屈」UEFAチャンピオンズリーグ グループG コペンハーゲン-レスター

ここ2試合先発が続いている岡崎は、疲労を考慮してかチャンピオンズリーグ...

記事を読む

「ミラーゲームというバクチに勝ったグアルディオラ監督」UEFAチャンピオンズリーグ グループC マンチェスター・シティ-バルセロナ

チャンピオンズリーグの今節最注目カード、シティ対バルセロナ。バルセロナ...

記事を読む

「日本のU-19代表ボランチ陣は、ヴァイグルの爪の垢を煎じて飲むべき」UEFAチャンピオンズリーグ グループF スポルティング・リスボン-ボルシア・ドルトムント

この試合で異例のGK2人がベンチ入りをするなど、怪我人が続出してサブメ...

記事を読む

新着記事

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑