レアル・マドリーで戦術的なサッカーをやらそうという監督は放り出される運命

昨日は給料日後の金曜という事で飲みに行っておりまして、でもそんなに酔っ払ったわけでもなかったのに、今朝になると頭がズーンと重くて肩がバキバキ、朝食はパスしてとある洋食屋で食べたら相当なボリュームがある料理が出てきて、頑張って食べたら血液が胃の方に偏ってしまって一気にフラフラ、ようやく夕方になってゾンビのように動き始めた有り様です。

なので、試合のレポートをアップする気にはならず、数日前にいただいたおなじみZEROさんからのメールを紹介してお茶を濁します。

実は10日ほど前までスペインにいっておりまして、マドリーとラージョの試合を現地で観戦して参りました。ガゼッタ様が紹介された通り、マドリーは弱点がバレバレでした。

この試合はマドリーが勝ちましたが、前半は完全にラージョのペースで、マドリーはシュートを打つことすらままならない状態でした。正直セルヒオ・ラモスとカシージャスがいなかったらどれだけ失点していたのか、、、という程の悲惨な状態でした。

弱点とは

  • ロナウドがプレスバックしないので、左サイドに大穴が空いている
  • アロンソが移籍したため、中盤で大きくボールを動かせる選手がいない
  • ベンゼマはふらふらとうろつくばかりで、ボールをキープできない

が挙げられます。

特に一点目は深刻で、ラージョはボールを奪うとすかさずロナウドが戻らないマドリーの左サイドの展開し、カウンターで攻め立てていました。そうなると、クロースやモドリッチがカバーに行くので、今度はバイタルが空いてくるという悪循環、、、、。(ちなみに、ラージョは1-4-2-3-1でした)

ガゼッタ様が指摘されている「ゾーン」についてもマドリーはかなり曖昧で、逆にラージョの方が良く整備されていました。

アンチェロッティも無策だったわけではなく、ベイルを下げて1-4-1-2-3から1-4-4-2にして、サイドの穴をふさぎました。そうすることで前半の終わりにかけて試合が落ち着きました。

後半に入るとマドリーはポゼッションを捨てて、ロングボールをベイルに当てて、右サイドをベイルとSBのコンビネーションで崩す作戦に切り替えました。結果、ラージョの左SBはベイルとの1対1に負けて徐々にラインが下がり始め、1点目もまさにベイルがロングボールをキープしたところで、サイドバックが突破して、中に入ってきたロナウドに合わせて奪った物でした。

その後、マドリーはイスコを入れて、完全な1-4-4-2にしましたが、これが上手くはまり、バランスを回復し、さらに前半飛ばしすぎたラージョは出足が悪くなり、ロナウドの個人技から最後は追加点を奪われました。

一緒に観戦していた友人も言っていましたが、マドリーは弱点だらけでほとんど役に立たないベンゼマをトップに置いた1-4-1-2-3よりも、それよりはバランスが良くい1-4-4-2の方が良さそうです。少なくとも週明けのCLでは、その方が良いのかな、そんな風に思いました。

とにもかくにも、スタジアムで見ると「ゾーン」の整備具合は直ぐに分かってしまうので、やはり足を運んでみるべきですね。私のようなサッカーのプレー経験のないものでもよく分かりました。

スペインで試合観戦、いいですねえ。こっちは貧乏暇なしでなかなか有給さえ取れない毎日で羨ましい限りです。

まあビッククラブなんてのは、戦術なんかその辺の下手くそにでもやらせれば良いと思っている王様スターを金でひっぱたいて集めるところであり、そんな状況でアトレチコ・マドリードみたいなサッカーをやらそうとした日にはあっという間に監督のほうが放り出される世界ですからねえ・・・

いかに戦術オタクのアンチェロッティと云えど、クリロナが気持ちよくプレイするためには前線で潰れ役になってくれるベンゼマを使いたがるのは分かります(笑)。つくづく、戦術好きはビッグクラブのファンなんかになるもんじゃないですなあ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2015/04/25 | 戯言2015

関連記事

FC東京の武藤選手、マインツ移籍決定!

今までいろいろ噂には上がっていましたが、移籍正式決定の第一報がホームス...

記事を読む

消去法を駆使すると、誰も残らないのが協会の現状

八百長疑惑によるアギーレ監督の契約解除という事件の後ということで、現執...

記事を読む

カリスマ指揮官は日本代表監督選びの落とし穴

アギーレ解任報道が一段落した後は、すっかりマスコミの関心は日本代表監督...

記事を読む

アギーレ監督退任で得をする人たちの蠢き

注意:今回のエントリーにはかなりの毒と邪推が入ってますので、読んでも忘...

記事を読む

新着記事

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで...

記事を読む

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑