「内田をサイドバックとして起用すべきではないのかも」ドイツ・ブンデスリーガ第10節 シャルケ-アウグスブルク

アーセナルなどいろいろ移籍の噂はあったものの、最終的には無事2018年までの契約延長を果たした内田。

その直後の試合となったアウグスブルク戦では、前半37分に相手のパスをカットしてから一気に加速、ゴールライン際まで70mを独走ドリブルで突破してフンテラールにクロスをピタリと合わせる素晴らしいアシストを決めたのを筆頭に、攻守で随所に存在感を発揮、文句なしのブンデスリーガ公式サイトでのMOMに輝いた。

とは言え、ディ・マッテオ監督になってからもチームの問題点は一向に変わっておらず、この試合でもアウェイなのに終始アウグスブルクに押され気味で、シャルケは全く自分たちで試合のペースを作ることが出来ていない。

試合序盤にドラクスラーが怪我でオバシと交代したのもあるが、まず前線でほとんどボールが収められていない。フンテラールやシュポ・モティング、マイヤーと能力のある選手が揃っているのに、誰がどう動いてどこからパスが出てという形がないので、結局ビルドアップからじゃなくてボールを奪ってからほとんどの攻撃が始まるリアクションサッカーになってしまっている。

その大きな原因は、前回も書いたようにマイボール時にSBの位置を高く上げすぎている事。以前からシャルケの攻撃は内田から右SHやフンテラールへのフィードが主な起点になっていたのに、内田が高い位置にいてマークされているのでビルドアップ時にボールが回らず後ろから適当に蹴るしか無くなっている。前回の試合で修正したかなと思ったら、この試合でまた内田が高止まりしていた。

しかもSBがのっけから高いので、シャルケが前がかりになった時にボールを奪われると裏のスペースを使われてしまう悪循環。どう考えても攻守両面で悪影響を与えているとしか思えないポジショニングなのだが、ディ・マッテオ監督にどういう本来の意図があるのか聞いてみたいぐらいだ。

当然ながら、内田がボールを持った時には常に対面の選手が付いた状態でプレイに余裕が無かったのだが、そんなプレッシャーを受けながらも内田はワンタッチパスを正確に前線へと通し、シャルケ全体が攻撃を繋げることに汲々としていた中で、サイドバックというポジションでありながらシャルケのゲームメイカーとしてプレイしていた。

その姿を見て思いおこさせるのがラームの存在。まだ内田からすると一段上のレベルにいる選手だけど、彼がバイエルンやドイツ代表でボランチとしてプレイする時がある事を考えると、もしかすると内田はボランチやインサイドハーフとして使ってみてもいいんじゃないかと思える。少なくとも、今のディ・マッテオの使い方では明らかにそちらのほうが良いような気がするのだが・・・一度直訴してみても面白いんじゃないだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「トゥヘル監督の無茶振りを、何とか香川が受け止めデンベレが尻拭いしている状態」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 ボルシア・ドルトムント-アウグスブルク

怪我人の続出とトゥヘル監督による戦術の迷走で、順位こそ5位なれど勝ち点...

記事を読む

「やはり大迫は器用貧乏の罠に陥ってしまう運命なのだろうか」ドイツ・ブンデスリーガ第15節 ブレーメン-ケルン

ここ3試合で勝ち星が無いケルンと、逆に3試合で負けが無いブレーメンの対...

記事を読む

「待望の初先発となった宇佐美は、チームに自身の価値を証明できたのか?」ドイツ・ブンデスリーガ第15節 アウグスブルク-ボルシアMG

前節の敗戦でシュスター監督が解任され、ユースチームを率いていたマヌエル...

記事を読む

「ドイツにも某熊監督以下の存在がいるんだね・・・」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第17節 ザンクト・パウリ-ボーフム

昨日は自治会のイベントでアイススケートに行っていて、ただでさえ運動不足...

記事を読む

「やっぱり酒井高徳のボランチは、思考がドイツ人のように見える」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 ハンブルガーSV-アウグスブルク

酒井高徳がキャプテンに就任してから何故か負け無しのHSVが、最近の公式...

記事を読む

新着記事

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑