「少ないチャンスに決めるのがエース」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ヘルタ・ベルリン-マインツ

先週末は香川のドルトムント復帰初戦での復活ゴールで世間の話題はもちきりだったが、裏ではひっそりと岡崎が得意のドッペルパックで2得点し、地味に奥寺氏が持つ日本人最多得点記録を更新し、ブンデスリーガ得点ランキングトップに躍り出ていた(笑)。

とは言え、試合展開はそんなに楽なものではなかった。現在公式戦3試合で失点の合計が8と崩れているチーム状態を引き締めようと、ホームのヘルタはマインツの前線4人に対して激しいマークを仕掛け、序盤こそ岡崎の飛び出しに合わせるシーンはあったものの、そこからの時間帯は前線が全く前を向けずにほぼ沈黙。2列目の両サイドにはホフマンとアラギという新戦力が並んだが、真ん中のク・ジャチョルと並んでほとんどボールを繋げなかった。

マインツの守備はドイツらしく4-2のブロックを組んで早めのマンマークに移行するもので、前半は攻撃陣がボールをキープできないのでゾーンを押し上げる時間が作れず、1トップシーバーの高さを活かしたヘルタのロングボール主体のカウンターからSBの前のスペースを使われてセカンドボールを拾われるという苦しい展開。

しかし36分に、相手のクリアを拾ったマインツがサイドへボールを送ると、2列目から飛び出したク・ジャチョルが2度のシュートを打ち、どちらもGKに阻まれたが最後は岡崎の前に転がり、ダイレクトで蹴りこんで先制点をゲット。クのシュートを防いだヘルタGKクラフトがゴール中央へ走りこむ動きを冷静に読み取り、逆を突いたコースに蹴った岡崎の冷静さが光るゴールだった。

後半になるとヘルタがどんどんと前に出て来てマインツは防戦一方。それまで4-2か4-3のブロックで耐えていたマインツの守備組織も圧力に耐え切れず2列目が中盤に吸収されてしまい、岡崎は何とか前線で留まり我慢はしていたが孤立無援で、さすがに高さがないので苦し紛れのロングボールを収められずにまた押し込まれるという悪循環。

このままではマインツの失点は時間の問題かと思われたのだが、何故か後半25分を過ぎるとヘルタの足がぱったりと止まってしまい、エアポケットのようにマインツが5人押し上げたカウンターの場面で選手が戻りきれず、クロスをフリーで抜けだしたアラギに決められて2-0。後半41分にヘルタはPKで1点差に迫るものの、ロスタイムには絵に描いたようなマインツのカウンターが決まり、最後はマリのアシストで岡崎がドッペルパック。これで完全に勝負あり。

試合の展開的には終始マインツが押されていただけに、先制点とダメ押しを冷静に決めた岡崎の働きはまさにエースとしてふさわしいもの。これでハイボールやポストプレイが強かったら本当にビッグクラブへ行けるレベルの選手なんだけど、味方の理解の中で活きるという意味では香川と似たタイプであり、個で勝負のビッグクラブよりはミドルクラスのチーム向きなんだろうなと思う。

ヘルタは原口が怪我でもロニーやベン・ハティラ、あのカルーまでサブで出して来るだけの前線の選手層がありながら、得点はPKのみで敗戦。相変わらず攻守ともに歯車が噛み合っていない様子。せめて細貝を出していればガス欠にはならなかったのではと思ってしまう。次節あたりには原口が復帰するのではないかと言われているが、何とか起爆剤としてチームを救う働きを見せて欲しいね。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

「トゥヘル監督の無茶振りを、何とか香川が受け止めデンベレが尻拭いしている状態」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 ボルシア・ドルトムント-アウグスブルク

怪我人の続出とトゥヘル監督による戦術の迷走で、順位こそ5位なれど勝ち点...

記事を読む

「やはり大迫は器用貧乏の罠に陥ってしまう運命なのだろうか」ドイツ・ブンデスリーガ第15節 ブレーメン-ケルン

ここ3試合で勝ち星が無いケルンと、逆に3試合で負けが無いブレーメンの対...

記事を読む

「待望の初先発となった宇佐美は、チームに自身の価値を証明できたのか?」ドイツ・ブンデスリーガ第15節 アウグスブルク-ボルシアMG

前節の敗戦でシュスター監督が解任され、ユースチームを率いていたマヌエル...

記事を読む

「ドイツにも某熊監督以下の存在がいるんだね・・・」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第17節 ザンクト・パウリ-ボーフム

昨日は自治会のイベントでアイススケートに行っていて、ただでさえ運動不足...

記事を読む

「やっぱり酒井高徳のボランチは、思考がドイツ人のように見える」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 ハンブルガーSV-アウグスブルク

酒井高徳がキャプテンに就任してから何故か負け無しのHSVが、最近の公式...

記事を読む

新着記事

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

「戦術も勢いもマンUだったが、それを台無しにしたポグバのバレーボール」イングランド・プレミアリーグ 第21節 マンチェスター・ユナイテッド-リバプール

現在公式戦9連勝中と絶好調のマンUが、リーグ3位ながらも最近は公式戦3...

記事を読む

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑