の文章を書いている時期は、ちょうどアルゼンチン戦の前の時期である。

初戦のジャマイカ戦以来、ジーコ監督に対する風当たりがファンの間で強くなってきている。実質2日間しか練習していない、欧州組もコンディション悪い中でやったにしては、まずますの試合だったかなと思うが、やはり前任者と比べられてしまうのは仕方ないところだろうが、個人的にはそれ以外にも大きな理由があると思っている。
それは、未だに私たちには「ジーコの顔」が見えてこない、ということである。戦術や結果というものではなく、2006年に向けての日本が目指す理念だとか方向性という部分なのだろう。
トルシエはそういう意味では、分かり易すぎるぐらい明確だった。と言うか、それだけで4年間やってきたと言っても過言ではない。だから、彼に慣れてきたサッカーファンにとっては、理念が見えないというのはフラストレーションが溜まる事になってしまうのではないだろうか。
しかし、この監督自身が理念という奴を旗印にして全てを引っ張っていくというのは、考えてみれば非常に反日本的なやり方ではないだろうかと、ふと思う。
だいたい日本において名将と称される監督というのは、まず(外側から見て)人格者であり、あまり余計なことをしゃべらず、常に奥に隠れて臨機応変の采配を振るって結果を残す、というタイプだろう。
たまに、ラグビーの平尾や林、大八木を育てた伏見工監督の山口先生のような、陽的なキャラクターの名将もいるのだが、そういうタイプはだいたい色物として扱われて来ている。
それを考えれば、ジーコというのは正に日本的な名将タイプであるが、その監督に対して「方向性が見えない」などという批判が多く出ているのは、いかにトルシエが残した影響が大きいかというのを表しているのではないだろうか。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2002/11/16 | 戯言

関連記事

ヨーロッパリーグで日本人対決、そして浅野のシュツットガルト移籍について

昨日は出張最終日で、帰りの新幹線の時間にある程度余裕があったので街をブ...

記事を読む

オリンピックの変化に見る、ドーピング問題の正常化度合い

昨日は飲みの用事があり、酔っ払って帰った後はサッカーを見る気にならず、...

記事を読む

本田圭佑選手応援アニメ

昨日は恒例の摩耶山イベントに出かけておりまして、日焼けと疲れ、酔いで夜...

記事を読む

新年のご挨拶

皆様、新年あけましておめでとうございます。本年も「蹴閑ガゼッタ」をご愛...

記事を読む

今日の宣伝

臨時の更新です(笑)。 私のサイトにもリンクさせていただ...

記事を読む

新着記事

「相変わらず不安定なドルトムントだが、香川の生きる道は見えたかなと」ドイツ・ブンデスリーガ第17節 ブレーメン-ボルシア・ドルトムント

ビュルキやベンダーは怪我、オーバメヤンはアフリカ・ネーションズカップで...

記事を読む

「アトレティコ・マドリードだけじゃなく、味方とも戦ってしまっていた乾」コパ・デル・レイ 準々決勝第1レグ アトレティコ・マドリー-エイバル

1/8に行われた同じカードのリーグ戦では、対面した右SBのヴルサリコを...

記事を読む

日本にとって真の「クラブ」は、まだ大学サッカーにあるのかもしれない

相変わらずDAZNはサウサンプトンのFAカップやリーグカップをやってく...

記事を読む

「女子のサッカーでゴラッソなミドルシュートが生まれやすい理由」全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝 日本体育大学-早稲田大学

セリエAは再開したものの、本田と長友に出場機会が無いため完全に見たい試...

記事を読む

「一世を風靡したグアルディオラの戦術が、一気に陳腐化してしまう時代の恐ろしさ」イングランド・プレミアリーグ 第21節 エヴァートン-マンチェスター・シティ

昨日は飲み会から帰った後に半分寝ながら試合を見ていたので雑感のみで。 ...

記事を読む

PREV :
NEXT :

スポンサードリンク

総計カウント数 td:本日のカウント数 yd:昨日のカウント数

蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑