東京五輪とJリーグの命運は、ワクチンではなく新薬が握っているのかもしれない

スポンサードリンク

昨晩、安倍総理がIOC会長バッハ氏と会談を行い、東京五輪の1年延長で合意、正式に延期が決定されました。

自分的には、2週間前の時点で延期になる事を予測していたので、この結果はまあ当然の事として受け止めています。

ただし問題は、1年後になって本当に五輪が開催可能な状態になるのかどうかという点です。残念ながら、新型コロナウィルスは季節性インフルエンザのように夏になると勝手に消えるウィルスでは無さそうですし、国民が集団免疫を獲得して感染が止まるには、70%の人が感染しないといけないというデータがあります。

現在の日本の感染ペースで70%の集団免疫を獲得するには3年という期間が必要と言われていますし、果たして免疫が付いたとしてもそれが3年持つかどうかも分からない。下手をするとそのまま再感染で永遠にループが続く事もあり得ます。

それに関連して、西部謙司氏がJリーグの無観客試合の可能性についてコラムを書いておられます。

現在の自粛状況を続けて集団免疫を獲得する3年間、ワクチンが出来たとしても1年間は通常開催が出来ないのではないかという指摘で、確かに数字上は十分有り得る話かと思います。

ただ、集団免疫については当該ウィルスに感染して獲得する免疫だけじゃなく、自然免疫や他のコロナウィルスによって増殖するTリンパ球による効果もあるのではないかという指摘もあります。

新型コロナにかからないための五カ条 免疫学の大家がお教えします(木村正人) – 個人 – Yahoo!ニュース

注目したいのは、「実際、人口約1000万人の武漢で感染者が10万人程度、たとえこの10倍いたとしても100万人、つまり10人に9人以上は感染しなかったと考えられます」「これが、まったくウイルスに触れなかったためだけとは考えにくく、かなりの人たちは実際は何らかの抵抗力をもっていたために発症しなかったのだと私は考えています」という部分です。

個人的に、この考え方にはある程度共感しています。まだロックダウンに至っていない日本が欧米よりも感染ペースがスローなのは、単にハグの習慣が無いとか、綺麗好きとか手を洗う習慣があるからだけでは弱いと思っていて、日本を含む東アジアはある程度の集団免疫を獲得しているのではという仮説は、自分の中で以前から持っていました。

もちろん、それだけでは五輪やJリーグのような大規模イベントの解禁には不十分で、集団免疫の獲得を明示化出来ないのであれば、ワクチンや特効薬の出現を待つしかありません。ただしワクチンについては残念ながら早期の結果は期待薄です。

新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? ──基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」|WIRED.jp

即効性に期待できるのは特効薬の方で、現在も複数の薬について臨床試験が進んでいます。アビガンは効果はある模様ですが催奇性があって妊婦に使えません。もし重症化を防ぐ標準治療が確立すれば、新型コロナウィルスは普通の風邪の一種という立場に成り下がり、「普通の生活」への復帰に光明が見える事になるでしょう。

あとは、日本が春から夏を迎えてどれだけウィルスの伝播を遅らせることが出来るか。欧米に比べて南米や東南アジアの国が低い感染率なのは、やはり気温と湿度が関係しているのは確かでしょう。その2つが、当面の焦点になるのではないかと思っています。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2020/03/25 | Jリーグ, 五輪代表

関連記事

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

記事を読む

新型コロナウイルスが促進した、Jリーグとプロスポーツ界の大改革

いよいよ本日で、私が住んでいる関西エリアでの緊急事態宣言が解除される見...

記事を読む

「静岡県勢が日本サッカーを牽引していた時代の象徴」1999年Jリーグチャンピオンシップ第2戦 清水エスパルス-ジュビロ磐田

磐田がホームでの第1戦をVゴールで勝利した後を受けた、清水のホーム日本...

記事を読む

「ブラジル代表のフッキとインテルの長友がまだ21歳だった頃」2008年J1第6節 東京ヴェルディ-FC東京

2006年シーズンにJ2へと降格したものの、フッキとディエゴの活躍で2...

記事を読む

竹原社長が経営をオープンにしなければ、誰も鳥栖の危機を救えない

3日前に、いきなり飛び込んできたサガン鳥栖が20億円の赤字を叩き出して...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑