「富安をおとりにバロウで仕留める、ボローニャの新必殺技」イタリア・セリエA第23節 ローマ-ボローニャ

スポンサードリンク

現在リーグ戦3試合負けなしのボローニャ。順位は11位だがヨーロッパリーグ圏内まで勝ち点2と完全に射程内へ入っている。

今節はアウェイでローマと対戦、イエローカード累積による出場停止から戻って来た富安は、早速4-3-3の右SBで先発復帰。

富安は前半キックオフの時にセンターライン際で張っているぐらい、最初から攻める気が満々。前回の対戦でかなり対面のWBコラロフにやられたので、ポジショニングで先手を取ろうという意欲が感じられる。

先手を取ったのはボローニャ。前半16分に左のバロウからアウトサイドでグラウンダーのクロスが送られ、スモーリングとコラロフの間を抜けたオルソリーニが決めてボローニャが先制。

しかし22分、流れから中央に居た富安がいない左サイドをコラロフに突かれ、クロスをデンスウィルがオウンゴールで同点。と思ったら、27分にバロウが強引にカットインからシュート、これが相手の足に当たってドロップボールのような軌道を描いでゴール隅に吸いこまれる・

さらに後半6分、完全にフリーになっていたバロウがカウンターからドリブルで持ち込み、カットインからゴールを決めてボローニャが3点目。そこから富安はPAの幅から外に出ず4CBのようなポジションで守備に専念、後半24分に足が攣る場面も。

しかし後半27分、ローマはタッチラインギリギリからブルーノ・ペレスが折り返し、それをムヒタリアンが頭で押し込み1点差、これで試合は分からなくなったかと思ったが、35分にローマのクリスタンテがレッドカードで退場してしまう。

これでローマの勢いがストップ、ボローニャは5分間のロスタイムをしっかり守りきって2-3のスコアで試合終了。6年半ぶりにローマアウェイでの金星を挙げた。

ムサ・バロウは冬の移籍シーズンにアタランタからレンタルで獲得。これまでは前線の基点が不足してパラシオの負担が大きかったのだが、フィジカルに勝るバロウが入った事で見違えるようになった。

冨安はバロウの囮として頻繁に上がっていた分、守備では対応に遅れて後手を踏む場面が多かったが戦術的な貢献度は高かった。バロウが警戒されると今度はまた冨安の攻撃が効く機会も増えるはずだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑