「木下康介、ヒールキックが相手と自分に当たるラッキーな決勝ゴールデビュー!」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第25節 シント・トロイデン-ワースランド・べフェレン

スポンサードリンク

アジアカップから戻った冨安は当然のようにスタメンに復帰したが、シント・トロイデンはこれまでの3-1-4-2をやめて、冨安とテイシェイラが2CBで入り、アサモアがアンカー、インサイドハーフに鎌田とデサール、3トップがアコラツェ、ボリ、ボタカという4-3-3にモデルチェンジして来た。

ただ序盤はあまり新布陣が機能せず、ボールは保持しても決定機が作れなかったが、前半16分にボタカがPA内で足を踏まれたシーンがVARの対象になり、判定はPK。これをボタカがきっちり決めてシント・トロイデンが先制する。

ところがその5分後に、ワースランド・べフェレンの突破をシント・トロイデンGKステッペが止めたシーンがVARでPKと判定され、フォルテがステッペの逆を突いたキックを決めてワースランド・べフェレンがあっさり同点に追いつく。

その後は3-5-1-1のワースランド・べフェレンとシント・トロイデンのフォーメーションが噛み合わず、若干中盤が間延びした状態での試合が続き、鎌田がバイタルでボールを持つ機会が何度かあったが、ファール覚悟で潰しに来たりでリズムに乗り切れず前半を終了する。

後半から、シント・トロイデンは鎌田がトップ下、ボランチはアサモア、デサールの4-2-3-1に変更、ダブルボランチになった事で守備が安定、試合のペースを握るものの、単にパスを繋ぐだけでは5バックで守るワースランド・べフェレンの守備をなかなか崩しきれない。

終盤は冨安も攻撃参加する場面が多くなり、クロスなどからゴール前でのチャンスは増えるものの、やはり最後のところを崩せず、シント・トロイデンは後半40分に木下康介を投入する。

すると後半42分、冨安が上がった動きを囮にしてセバージョスがアーリークロス、ボリが競ったボールに木下が反応、ヒールキックが相手と自分に当たってラッキーな勝ち越しゴールが決まる。そしてシント・トロイデンはそのまま守りきって試合終了。

これでシント・トロイデンはプレーオフまで残り5試合、7位との勝ち点差は4となったが、残り試合でゲントとクラブ・ブルージュとの直接対決が残っていてまだまだ気が抜けない。しかし、結果はラッキーだったとは言え、今まではボリしか前線に高さが無く、パワープレイもままならなかったシント・トロイデンにとって、ボリと木下の2トップは後半のオプションとしてアリではないだろうか。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑