「トルコリーグのデビュー戦で2ゴールを挙げた香川が、ドルトムントで干される理由」ドイツ・ブンデスリーガ

スポンサードリンク

トルコのベジクタシュに移籍した香川が、昨晩のデビュー戦でいきなり2ゴールを挙げる衝撃のデビューを飾ったようだが、昨日はその香川が干されているドルトムントとフランクフルトの試合を観戦。

フランクフルトはいつもどおりの3-4-2-1、長谷部は当然3バックのセンター、右CBはアウグスブルクからレンタル移籍したヒンテレッガーが早速先発、2トップがヨビッチとハラー、トップ下がレビッチという並び。ドルトムントは4-2-3-1で、1トップがアルカセル、2列めがゲレイロ、ロイス、サンチョ、ボランチがディレイニーとヴィツェルという並び。

試合開始直後、いきなり長谷部にプレスをかけられボールを奪われてあわやというシーンを作られると、3分にはダ・コスタがフリーでシュートもドルトムントGKビュルキが足1本で防ぐ決定機のお返しと、激しいジャブの応酬で始まる。

その後は非常に攻守の切り替えが速い、ブンデス上位対決らしい展開が続いたが、徐々にドルトムントが局面の争いで上回るようになり、10分にはフリーで抜け出したサンチョからの折返しがアルカセルに合うが、長谷部が体を寄せて何とか防ぐ。

ドルトムントは、フランクフルトのWBと左右CBの間に出来るスペースをSHのサンチョとゲレイロが上手く使い、フランクフルトの対応が後手に回って追っかける守備になってしまい、長谷部の対応も間に合わない。

そして前半22分、中盤でフリーになったヴィツェルからゲレイロにパス、長谷部がマークに行って足を伸ばしたがカット出来ず、ラストパスをロイスが押し込みドルトムントが先制する。

その直後にも長谷部が上がったスキにロイスに抜け出されGKと1対1もシュートが外れ、26分にもハーフカウンターからロイスがシュートもクロスバー。ここで1点でに入っていたら試合は決まっていただろうが、そういう意味ではフランクフルトに運があった。

フランクフルトは前半30分過ぎから守備を修正、ゲレイロとサンチョに対して左右のCBがマークをはっきりさせ、長谷部はバランスを取って4バック的にプレイ、さらに中盤のプレスバックでドルトムントの速い展開を阻止する。

そしてボールを奪ったら素早く前線にボールを入れてレビッチの決定機を作ると、36分にCKからクロスバーに当たった攻撃の流れから、最後は右からのクロスにヨビッチが足を投げ出し同点ゴール。

後半もドルトムントは4トップ状態でフランクフルトを攻め立てる形で始まる。が、フランクフルトは一歩も引かず長谷部が高いラインを維持して対抗、むしろサイドの攻防でフランクフルトが優位に立つ流れになる。

が、ドルトムントはさらに前がかりになって押し込むも、フランクフルトがカウンターで対抗する流れに変わる。後半30分を過ぎると中盤が互いに間延び、ゴール前でのシーンが増え始める。

後半39分に、ドルトムントはゴールやや左からのFKを獲得、アルカセルのキックはわずかにバーの上。その後はイーブンな試合の流れ、4分のロスタイムもスコアは動かず試合終了。

長谷部は試合の序盤こそドルトムントの前線を捕まえきれなかったが、その時間帯を1失点で切り抜けてからは安定したプレイぶりで、決してドン引きにならずラインを高く保ってドルトムントの攻撃を早めに潰し、勝ち点1の獲得に貢献していた。アジアカップで長谷部がいればなあ・・・

ドルトムントは、とにかく攻撃陣はボールを持ったら素早く展開するか、スペースがあればドリブルと、ひたすらデュエルとインテンシティを追求したハリルホジッチ好みなプレイスタイルで統一されていて、これでは緩急が持ち味の香川が干されるのもある意味当然である。ヴァイグルもすっかりCBに追いやられてしまった。Jリーグでも、こういうチームが増えて来ると日本もまた強くなると思うんだけどね~。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「フランクフルトは逆転勝利も、鎌田は2度の決定機で結果を出せず」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 フランクフルト-デュッセルドルフ

ヨビッチ、ハラーに加え、レビッチまでもがミランへの移籍が決まり、昨シー...

記事を読む

「大迫は、とうとう”大迫にパスを出す大迫”を育てる決心をしたのかも?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-アウクスブルク

怪我人が続出して守備崩壊、開幕から2連敗と最悪のスタートとなったブレー...

記事を読む

「大迫がボールを繋ぎ、得点まで決めてもブレーメンが勝てない理由」ドイツ・ブンデスリーガ第2節 ホッフェンハイム-ブレーメン

前節の開幕戦はデュッセルドルフに1-3で敗戦、厳しいスタートになってし...

記事を読む

「鎌田はシント・トロイデン時代から本当に成長を遂げたのか」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 フランクフルト-ホッフェンハイム

既にヨーロッパリーグ予選を戦っているフランクフルトのリーグ開幕戦。長谷...

記事を読む

「せっかく1トップで起用されたのに、結局ズルズルとポジションを下げられてしまう大迫」ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ブレーメン-デュッセルドルフ

ブレーメンは大迫の1トップに、シャドーがラシツァとヨハネス・エッゲシュ...

記事を読む

新着記事

「”トップ下の守備”というババ抜き合戦は、神戸に軍配が上がる」天皇杯 ベスト16 ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ

神戸は3-1-4-2、川崎が4-2-3-1のフォーメーションで、一見す...

記事を読む

「南野は2アシストを気を吐くが、奥川は試合に入れず、伊東は経験&準備不足を露呈した日本人対決」グループE ザルツブルク-ゲンク

南野と奥川が所属するザルツブルクと、伊東が所属するゲンクのチャンピ...

記事を読む

「吉田はベテランらしく、アジア帰りもまずまずまとめてクリーンシート」イングランド・プレミアリーグ第5節 シェフィールド・ユナイテッド-サウサンプトン

結果から言うと、サウサンプトンがシェフィールド・ユナイテッドとのアウェ...

記事を読む

「乾のように心を入れ替えられるか、これが中島にとってラストチャンスかもしれない」ポルトガル・プリメイラリーガ第5節 ポルティモネンセ-ポルト

鹿島から安西、鳥栖から権田、そして徳島から藤原と3人の日本人選手を獲得...

記事を読む

「冨安はお疲れモードでミス連発、しかしチームは数的優位から大逆転」イタリア・セリエA第3節 ブレシア-ボローニャ

国際Aマッチウィーク明けのセリエA第3節。1勝1分のボローニャはここま...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑