「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

スポンサードリンク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書いたので省略。今週からウィンターブレイク明けとなったブンデスリーガのフランクフルト戦について。

一時は3位まで順位を上げたものの、長谷部の欠場などで6位まで順位を落としてしまったフランクフルト。今節は長谷部も戻って来てフライブルク戦では万全な状態でのリスタートを図る。フォーメーションはフランクフルトがいつもの3-4-1-2、フライブルクは3-4-2-1の形。

最近は長谷部にマークが付けてビルドアップを阻害するチームが増えたが、フライブルクはそれほどでもなく、5-4-1で守って3トップと両サイドにきっちりマークする形。ある程度自由にボールを持てる長谷部からの縦パスはバンバン通るんだけど、そこからスキを与えてくれない。逆にワンタッチパスやサイドチェンジで裏を取られる危ないシーンも。

スコアが動いたのは前半36分、ショートコーナーからレビッチが反らせたボールをハラーが押し込み先制。さらに39分には長谷部が持ち上がってのクロスを拾い、真ん中で受けたレビッチが切り返しで2人のマークを外して狙いすましたスーパーゴール。そして前半45分にもCBのパスミスを拾ってヨビッチのゴールで、フランクフルトはあっという間に3トップが揃い踏み。

後半はフライブルクが前からプレッシャーをかけ、サイドが高い位置に張って基点を作り、そこからクロスなど早めにゴール前へとボールを入れる攻撃で、フランクフルトのDFを外に広げた状態にして長谷部の身長の低さを狙う意図が感じられる。

しかしフランクフルトは、長谷部を中心に粘り強く相手のクロス跳ね返し、攻撃陣のプレスバックで持ちこたえていたが、徐々にボランチのところでスペースが空きだすと、後半23分に右サイドからニアゾーンへ飛び込まれ、折返しをペーターゼンに押し込まれてフライブルクに1点を返される。

その後は、完全にフライブルクが前がかりになってフランクフルトを押し込み、PA内で人数をかけて凌ぐ展開。しかし長谷部は決して慌てずボールの流れを読んでこぼれ球を拾い続ける。逆にフランクフルトも、少なくとも3~4回はカウンターから決定機があったものの決まらず、結局3-1のままで試合終了。

フランクフルトはこれでチャンピオンズリーグ圏内まで勝ち点1差の5位に浮上。長谷部も完全にコンディションが戻って来たようで何より。この冬にドルトムントからレンタルで加入したローデが先発したものの、まだチームにフィットしてないところはあるが、ボランチの層が薄いフランクフルトにとっては有益な補強。長谷部とのコンビに期待したい。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「単なるゾーン守備だけでは、バイエルンもライプツィヒも大迫を止められない」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ライプツィヒ

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。ブレーメンは数字的にはE...

記事を読む

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルト...

記事を読む

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグ...

記事を読む

「まさか正GKビュルキのやらかしが、ドルトムントの優勝を阻んでしまったのか」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ブレーメン-ドルトムント

前節はシャルケとのレヴィア・ダービーで、ホームなのにまさかの2-4で大...

記事を読む

「大迫が反撃の口火を切るゴールも、もったいないPKでブレーメンは敗戦」DFBポカール 準決勝 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

リーグ戦に続きバイエルンとの連戦になったポカールの準決勝、ブレーメンは...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑