「ガラガラポンで当たりを見つけたバイエルン、当たっているのにスルーしてしまうブレーメン」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

スポンサードリンク

昨日はせっかく試合を見ながら戦評を書いていたのに、何故か朝になるとそのデータがぶっ飛んでしまっていたので、省略気味の内容でご勘弁を。

ブレーメンのコーフェルト監督は、相変わらず試合中にコロコロとフォーメーションを変え続けていて、この試合もスタメンは4-1-4-1でクルーゼが1トップで大迫が左SHで先発。そして先日のチャンピオンズリーグでベンフィカを5-1で破ったバイエルンは、その試合と同じように、キミッヒとゴレツカをダブルボランチで使った4-2-3-1にして来た。

ずっと不安定な試合を続けていたバイエルンだったが、ダブルボランチにした事で守備の安定感が向上、前半20分には中央でフリーになったキミッヒから右サイドのニャブリに浮き球パスが渡り、シュートはGKに止められたがこぼれ球を押し込み先制点。

しかし大迫がサイドからトップに上がってボールを受ける動きでブレーメンは攻撃のリズムを作り出すと、前半33分に右へ流れたクルーゼのクロスに対して、大迫がスルスルとフリーで入り込んでヘディング、中途半端に飛び出したノイアーの体に当たってゴールイン。

これで後半も行けるのではと思ったのだが、コーフェルト監督は何故か序盤は大迫を右サイドに配置、おかげで前半38分から投入したコマンの守備に大迫が忙殺され、前半に見せたような前でボールを受けるシーンが無くなってしまう。そして後半5分にニャブリが2点目のゴールを決めてバイエルンが再びリード。

コーフェルト監督はここでまたフォーメーションを変更、大迫とクルーゼを2トップに据えた4-4-2にする。すると最初こそ大迫にボールが集まって良い形を作ったのだが、バイエルンは中央をしっかり固めて自陣のスペースを埋めると、徐々にボールの出しどころが無くなってブレーメンの攻撃が停滞して行く。

そして最後はピサーロを投入、クルーゼをトップ下に置いた4-3-1-2のフォーメーションにまたまたチェンジ。後半32分にクルーゼの決定的なシュートなど惜しい場面はあったが、最後までバイエルンのゴールを揺らすことは出来ず2-1で試合終了。

開幕から選手や配置を弄っては迷走していたバイエルンが、ようやく基本となる形を見つけ出したのに対し、ブレーメンは相変わらず土台が出来たかと思ったら途中で崩し、結局は毎試合、その試合中でさえガラガラポンでチームの形を構築し直す状況が続いている。それでもある程度適応してしまうのが大迫なんだけどね(苦笑)。

先制点の場面を見ても、大迫の1トップにクルーゼが2列目がベストのように思えるのだが、頑なにポストプレイが下手なクルーゼを最前線にする事を変えないんだよね。それでも大迫とクルーゼが流れでポジションを変えて上手く行っていたのにまた弄ってしまう。せっかく当たりが出たのに、コーフェルト監督は俺の欲しいのはこれじゃないと投げ捨てているようにしか見えないのだが・・・

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「デュッセルドルフで宇佐美がベンチ外になった理由が見えた試合」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-フランクフルト

一時は降格圏にまで沈んでいたが、年末からはビッグクラブが注目するFWル...

記事を読む

「整わないダーク長谷部、ナーゲルスマン監督に負け惜しみを吐かせる勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 フランクフルト-ホッフェンハイム

現在6位のフランクフルトは、勝ち点3差で8位に付けているホッフェンハイ...

記事を読む

「いくら長谷部が守備を整えても、さすがにチームの疲労は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 フランクフルト-ボルシアMG

現在、何と公式戦4戦連続引き分け中と、勝ちきれない試合が続いている...

記事を読む

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノ...

記事を読む

新着記事

「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

記事を読む

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

記事を読む

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

記事を読む

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

記事を読む

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「昇格チームなのにJ2で横綱相撲を見せる琉球」J2第5節 モンテディオ山形-FC琉球

昨日はJ2で2位に位置している柏の試合を見たので、その流れで現在首位に...

「まさに魔境のJ2、J1昇格本命の柏がホームで敗戦」J2第5節 柏レイソル-ファジアーノ岡山

今週は国際Aマッチデーという事で各国の腫瘍リーグはお休み。日本ではもち...

「オシムが戻りでもしないと、この代表は3年後までこのまんまかもしれない」キリンチャレンジカップ 日本-コロンビア

家のネットワークトラブルで、遠隔で録画していたはずだったのに実際はされ...

「代表初招集の鈴木武蔵、鹿島の老獪な守備に沈黙させられる」J1第4節 コンサドーレ札幌-鹿島アントラーズ

両チームからは鈴木と安西が 代表に初招集という事で注目された試合。開幕...

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

→もっと見る

PAGE TOP ↑