「カリウスが犯した凡ミスの連発以上に、リバプールに痛恨だったセルヒオ・ラモスの”必殺脇固め”」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 レアル・マドリー-リバプール

スポンサードリンク

今年はウクライナの首都、キエフにあるオリンピスキ・スタジアムで行われた、チャンピオンズリーグ決勝・レアル・マドリー対リバプール。

レアルはベンゼマとロナウドの2トップに、トップ下がイスコ、クロース、モドリッチ、カゼミーロが中盤の4-3-1-2、昨年の決勝と同じメンバー。リバプールは中盤に怪我人がいるものの、マネ、フィルミーノ、サラーのベストな3トップを並べた4-3-3。

試合の序盤は、リバプールが前から積極的にプレスを仕掛け、サラー、マネの高速両ウイングに素早くボールを集め、レアルのDFラインの裏を狙って攻勢を仕掛ける。対するレアルはGKナバスを中心に粘り強く守りつつ、ベンゼマとクリロナがマークを受けている分、イスコが前線で幅広く動いて基点を作る。

レアルは前半14分にカウンターからようやくクリロナがシュートを放ち、そこからはリバプールの3トップと中盤の間にあるスペースを使ってレアルがポゼッション、徐々に落ち着きを取り戻す。リバプールも22分に左サイドをミルナーが突破、セカンドボールを拾って最後はアーノルドがシュートもナバスがキャッチ。

しかしここでリバプールに大きなアクシデント。前半26分にサラーの腕をセルヒオ・ラモスが巻き込んで脇固めにようになったまま倒れてしまい、サラーが肩の靭帯を負傷して退場してしまう。そしてレアルも36分にカルバハルが怪我でナチョと交代。

これでリバプールはモメンタムがやや落ちてしまったのか、前半の終わり頃はレアルがボールを支配。42分にイスコのクロスからクリロナがヘッド、GKカリウスが弾いたボールをベンゼマが押し込んだがオフサイドの判定。そしてサイドチェンジからナチョがダイレクトもサイドネット、ロスタイムにはベンゼマのミドルと、リバプールは何とかレアルの猛攻を耐えきって前半を終了する。

リバプールはここから後半どう立て直すかと思ったのだが、後半6分に悪夢がやって来る。リバプールGKカリウスがベンゼマへのスルーパスをキャッチした後、DFにスローしたボールがベンゼマに当たってゴールという、CL決勝の舞台にあるまじき珍プレーを披露してしまう。が、リバプールは気丈にも反撃し、後半10分にCKからロヴレンが折り返したボールをマネが押し込んで同点に追いつく。

後半16分にジダン監督はイスコに代えてベイルを投入、フォーメーションを4-3-3に変更したのだがこれが結果的に大当たり。19分にマルセロからのマイナス気味のクロスをベイルがオーバーヘッドシュートを決め、再びレアルが試合をリードする。

リバプールもロナウドの決定的なチャンスを防ぎつつ、マネのポストに当たったシュートなど追いつくチャンスは作ったのだが、後半37分に右サイドから放ったベイルの無回転シュートをGKカリウスが何とキャッチしながらも後逸してしまいレアルが3点目。ロスタイムにはロナウドのシュートチャンスに観客が乱入というハプニングはあったがそのまま試合終了、レアルがチャンピオンズリーグ3連覇を達成した。

直接的な敗因は、リバプールGKカリウスの2失点に繋がったミスなのは確かだろう。有能なGKではあるがまだ年齢は若干24歳。チャンピオンズリーグ決勝という大舞台に耐えられるメンタルや経験が備わっていなかったのだろう。ただ、リバプールにとってはそれ以上にサラーの退場が大きかったように思う。序盤はサラーとマネの2人が交互にDFラインの裏を狙うスピードにレアルの守備陣がアップアップ状態だったのに、それがマネ1人になった事でレアルの守備が一気に安定してしまった。そしてそれ以上に、それまでイケイケだったリバプールのメンタル的な勢いがガタッと落ちてしまった事である。サッカーにアクシデントは付き物だとは言え、90分間万全なサラーがいた状態で試合を見たかったね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「ヨヴィッチの5得点大爆発を後ろで支えた、カイザー長谷部の絶妙なラインコントロール」ドイツ・ブンデスリーガ第8節 フランクフルト-デュッセルドルフ

昨日は身内に不幸があってお通夜に行っていたので、試合のレポートはごく簡...

記事を読む

「マラドーナの神の手と五人抜き、現代の試合だったら果たして実現したプレイだったのか?」メキシコW杯 準々決勝 アルゼンチン-イングランド

昨日は身内に不幸があり、ドタバタしていて結局アップ出来なかったんだけど...

記事を読む

誰もが絶賛したウルグアイ戦、手放しでは賛同できないこれだけの理由

昨日は録画とは言え、情報を遮断した後の観戦だったので戦況に気を取られ、...

記事を読む

「ハリルホジッチの解任とロシアでの不選出を受けて、真に”縦に速いサッカー”を会得した日本」キリンチャレンジカップ 日本-ウルグアイ

日本はパナマに快勝、ウルグアイは韓国相手に1-2で敗れた結果を受けての...

記事を読む

「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑