「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

スポンサードリンク

攻撃の要であるイバルボを欠き、得点力不足にあえいで4連敗中、しかも主力CBのチョン・スンヒョンが出場停止の鳥栖と、前節で鹿島を4-1で破って波に乗っており、小林と大島も怪我から帰ってきた川崎という対照的な状況での対戦。

フォーメーション的には鳥栖が4-4-1-1、川崎はいつもの4-2-3-1。鳥栖は4バックがPAのの幅で守り、SHとボランチがマンマークで相手の飛び出しに対してDFラインの位置まで付いて行く。

序盤から鳥栖の出足が良く、原川のパスと田川の飛び出しを中心に決定機を演出する。しかし徐々に川崎がボールを支配し始めると、ロングボールでの組み立てが中心になるがイバルボを欠いた前線ではボールが収まらず基点が作れない。

しかし川崎も鳥栖の執拗なマンマークに苦しみ、横パスは繋げても縦にほとんどボールを入れられず、最後にはパスがずれてボールを奪われるなど川崎らしいリズムが作れない。

前半18分には、川崎がエウシーニョのクロスに知念が合わせるもゴールポストに当たり、鳥栖も小野裕二のコースを狙ったシュートにチョン・ソンリョンが片手で弾いた決定機は作ったが、前半の見どころはそれだけ。

後半から川崎は知念に代わって入った小林が、前線で幅広く動いてボールを引き出すと、さらに大島がボランチに入った事でいよいよ本領発揮、後半12分には4本のダイレクトパスを繋いで最後は阿部がゴールに流し込み、アウェイの川崎が先制点をゲットする。

反撃に出たい鳥栖だが、パスを受ける選手が2トップとSHに偏ってしまい、そこを川崎にマンマークで抑えられて基点が作れず中盤でもミスが多い。そして後半22分、またも川崎のワンタッチパスから最後は阿部が上げたマイナスのクロスを小林がファーで押し込み2点目をゲット。川崎は後半ロスタイムにも小林の飛び出しから決定機を作るが決められず、スコアはそのまま動かず0-2で試合終了。

鳥栖は途中から3バックにし、さらには攻撃的な選手を加えてロングボール主体の攻撃にし、最後は高橋を前線に上げてパワープレイと、最後までやれる手は打ったのだが結局またもノーゴール。戦術の内容的には悪くないのに、攻撃の基点、得点力だけが壊滅的なのが辛いところ。イバルボの復帰までひたすら辛抱するしか無さそう。

しかし川崎は、大島がボランチに入ると全然違うなあ。今や中村憲剛のチームじゃなくて大島のチームになっている。欧州遠征のマリ戦で負傷して無ければ、ハリルホジッチの運命も変わったのかもしれないのにね。まあ、どのみちあの会長のままでは将来が大きく変わることは無いんだろうけどさ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/04/26 | Jリーグ

関連記事

新着記事

「ヨヴィッチの5得点大爆発を後ろで支えた、カイザー長谷部の絶妙なラインコントロール」ドイツ・ブンデスリーガ第8節 フランクフルト-デュッセルドルフ

昨日は身内に不幸があってお通夜に行っていたので、試合のレポートはごく簡...

記事を読む

「マラドーナの神の手と五人抜き、現代の試合だったら果たして実現したプレイだったのか?」メキシコW杯 準々決勝 アルゼンチン-イングランド

昨日は身内に不幸があり、ドタバタしていて結局アップ出来なかったんだけど...

記事を読む

誰もが絶賛したウルグアイ戦、手放しでは賛同できないこれだけの理由

昨日は録画とは言え、情報を遮断した後の観戦だったので戦況に気を取られ、...

記事を読む

「ハリルホジッチの解任とロシアでの不選出を受けて、真に”縦に速いサッカー”を会得した日本」キリンチャレンジカップ 日本-ウルグアイ

日本はパナマに快勝、ウルグアイは韓国相手に1-2で敗れた結果を受けての...

記事を読む

「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑