「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

スポンサードリンク

攻撃の要であるイバルボを欠き、得点力不足にあえいで4連敗中、しかも主力CBのチョン・スンヒョンが出場停止の鳥栖と、前節で鹿島を4-1で破って波に乗っており、小林と大島も怪我から帰ってきた川崎という対照的な状況での対戦。

フォーメーション的には鳥栖が4-4-1-1、川崎はいつもの4-2-3-1。鳥栖は4バックがPAのの幅で守り、SHとボランチがマンマークで相手の飛び出しに対してDFラインの位置まで付いて行く。

序盤から鳥栖の出足が良く、原川のパスと田川の飛び出しを中心に決定機を演出する。しかし徐々に川崎がボールを支配し始めると、ロングボールでの組み立てが中心になるがイバルボを欠いた前線ではボールが収まらず基点が作れない。

しかし川崎も鳥栖の執拗なマンマークに苦しみ、横パスは繋げても縦にほとんどボールを入れられず、最後にはパスがずれてボールを奪われるなど川崎らしいリズムが作れない。

前半18分には、川崎がエウシーニョのクロスに知念が合わせるもゴールポストに当たり、鳥栖も小野裕二のコースを狙ったシュートにチョン・ソンリョンが片手で弾いた決定機は作ったが、前半の見どころはそれだけ。

後半から川崎は知念に代わって入った小林が、前線で幅広く動いてボールを引き出すと、さらに大島がボランチに入った事でいよいよ本領発揮、後半12分には4本のダイレクトパスを繋いで最後は阿部がゴールに流し込み、アウェイの川崎が先制点をゲットする。

反撃に出たい鳥栖だが、パスを受ける選手が2トップとSHに偏ってしまい、そこを川崎にマンマークで抑えられて基点が作れず中盤でもミスが多い。そして後半22分、またも川崎のワンタッチパスから最後は阿部が上げたマイナスのクロスを小林がファーで押し込み2点目をゲット。川崎は後半ロスタイムにも小林の飛び出しから決定機を作るが決められず、スコアはそのまま動かず0-2で試合終了。

鳥栖は途中から3バックにし、さらには攻撃的な選手を加えてロングボール主体の攻撃にし、最後は高橋を前線に上げてパワープレイと、最後までやれる手は打ったのだが結局またもノーゴール。戦術の内容的には悪くないのに、攻撃の基点、得点力だけが壊滅的なのが辛いところ。イバルボの復帰までひたすら辛抱するしか無さそう。

しかし川崎は、大島がボランチに入ると全然違うなあ。今や中村憲剛のチームじゃなくて大島のチームになっている。欧州遠征のマリ戦で負傷して無ければ、ハリルホジッチの運命も変わったのかもしれないのにね。まあ、どのみちあの会長のままでは将来が大きく変わることは無いんだろうけどさ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/04/26 | Jリーグ

関連記事

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「まるでダンスのようなターンでイニエスタがJリーグ初ゴール!」J1第21節 

昨日は、もしニューカッスルとスパーズの試合で武藤が先発したらそっちを見...

記事を読む

「宮本監督がガンバに巣食う悪癖を解消しないと、偶発的な勝利しか望めない」J1第21節 ガンバ大阪-FC東京

昨日は飲み会があって酒が入った状態だったけど、DAZNを見るとガンバ大...

記事を読む

「中途半端にコンセプトを引きずる”ハリルホジッチ病”にかかったFマリノス」J1第20節 川崎フロンターレ-横浜Fマリノス

Jリーグにおけるハイライン・ハイプレス戦術を掲げたチームは少なくないも...

記事を読む

「日本の夏場に無謀なハイラインをやるならば、無謀に見合う選手が必要」J2第27節 ジェフ千葉-松本山雅FC

松本山雅さんからお花が届きます。毎年毎年。あれから7年。想って頂けます...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑