「全てにおいて原口のコピーと化しつつある宇佐美、先輩を超える日は近いのでは」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第31節 デュッセルドルフ-インゴルシュタット

スポンサードリンク

一時はブンデスリーガ2部で首位を快走しながら、現在は3連敗で昇格が楽観視出来なくなってきたデュッセルドルフ。このホーム戦で万一負けてしまうと、いよいよ黄信号が灯る事になるとあって、久々に選手から必死さが感じられる試合内容となった。

フォーメーションは、デュッセルドルフは4-1-4-1で原口と宇佐美が両SHに位置し、1トップはヘニングスと置く形。対するインゴルシュタットは4-2-3-1という並び。中盤でインゴルシュタットのボランチとトップ下3人に対し、デュッセルドルフのアンカーとインサイドハーフが同数のマッチアップで、原口と宇佐美の両SHは相手のSBをマークするという、マンマーク戦術でデュッセルドルフは臨んでいた。

試合は序盤からデュッセルドルフがボールを支配、中盤からサイドを使う攻撃で宇佐美も良くボールに絡む。デュッセルドルフにとって攻撃のキーマンである原口のサイドは、相手に警戒されてかスペースが無く、この試合ではもっぱら守備の人になっていた。インゴルシュタットは中がマークされていてフリーな選手が作れず、長いサイドチェンジで基点を作ろうとする。

しかし先制点が決まったのは原口のサイド。前半6分にFKのサインプレイから左サイドを原口が抜け出し、折返しのクロスにヘニングスがボレーを合わせ、これがGKの股を抜くゴールになってデュッセルドルフが幸先よいスタートを切る。さらに22分、左サイドに走った宇佐美のリターンから、原口がPA内へドリブルで入ったところでインゴルシュタットの2人からサンドイッチを食らい、為す術無く倒されたがノーファール。

その後はビハインドを負ったインゴルシュタットが押し気味の展開になり、宇佐美のゴールライン際でのスライディングがあわやPKという危ないシーンはあったが、逆に前半38分の宇佐美がファーへ送ったCKをギーセルマンが頭で叩きつけるようなゴールを決めて、デュッセルドルフが良い時間帯に2点目をゲットする。

さらに後半4分、原口がPA内で右サイドからパスを受けると、相手のカバーをターンで交わし、最後はGKと1対1になったが相手の手にシュートが当たってしまって得点ならず。7分にもカウンターから宇佐美のスルーパスに原口が抜け出し、クロスはヘニングスが上手くシュートできない。

その後は膠着状態が続いたが、後半20分に2点目と同じようなコースへのCKをギーセルマンがヘッド、ボールはポストに当たったがこぼれ球をボルムートが押し込み3点目。原口は後半22分にもノイハウスからのパスをPA内で受け、トラップからハーフボレーでシュートを放つがこれもGKニーランに防がれてしまい、とことんこの試合はついてない。

後半29分、宇佐美は長い距離を走って戻り、相手にタックルを仕掛けてボールをカット。対面のガウスがガンガン上がって来るのだが、サボること無く最後まで付いて行ってフリーでプレイさせなかった。そして34分にスタンディングオベーションを受けながらラマンと交代。試合はその後単発でいくつかチャンスはあったが、どちらも得点には至らずそのまま3-0で終了。これでデュッセルドルフは残り3試合で、3位のヤーン・レーゲンスブルクに勝ち点6差。いよいよ昇格に大手がかかった。

宇佐美は絶対的に走る量、攻守の切り換えスピードが向上しているのは確かだが、ゾーン・ディフェンスに則ったポジショニングの改善も見逃せない。以前であれば、妙に高い位置や中に入ってボールを足元で受けたがり、当然そんなところに簡単にはパスが入らず、結局ボールを奪われは長い距離を戻らざるを得ず、それがスタミナにも影響していたのは確かだろう。

しかし今はゾーンを保ったワイドなポジションを取っているのでボールを受けやすいし、守備では無駄な距離を走る必要が無くなり、自分のゾーンを守っている限りは多少サボっていても守備に穴が開かない。ここまでポジショニングが向上した要因としては、デュッセルドルフのフンケル監督はどう見ても戦術家ではないので、おそらく原口のアドバイスによる部分が大きいのではないか。

そして面白いことに、守備でタックルしまくる原口のマネをしているのか、宇佐美までもがややぎこちないながらも何度もタックルを仕掛けるようになっている。もとからトラップの安定感、シュートの技術に関しては宇佐美のほうが上なので、運動量と守備力をさらに向上させ、スピードに乗った状態でボールを受けられるようになれば先輩を超える事も夢では無いように思う。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「貧乏くじの臭いを感じて(?)チームを離れる原口、残される宇佐美の運命は」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第34節 ニュルンベルク-デュッセルドルフ

ともに来期はブンデス1部への昇格が確定しているチーム同士の今期最終戦。...

記事を読む

「HSVの初降格に発煙筒が投げ込まれるも、伊藤を筆頭とした選手の奮闘には温かい拍手」ドイツ・ブンデスリーガ 第34節 ハンブルガーSV-ボルシアMG

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。他力本願ではあるがわずか...

記事を読む

「日本代表候補選手の中で、ハリルホジッチの更迭を喜んで良いのは武藤だけ」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 マインツ-ライプツィヒ

現在は降格圏内から逃れているものの、これからの対戦相手を考えれば全く楽...

記事を読む

「HSV奇跡の残留に向けて、伊藤達哉がキレキレの実質2アシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ヴォルフスブルク-ハンブルガーSV

ドイツ・ブンデスリーガも残り3節。完全に後がないHSVは、プレーオフ圏...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑