コンフェデ廃止、クラブW杯を4年に1度にするFIFA改革は、日本サッカーの変革を促すチャンスになるか

スポンサードリンク

ちょっと今週は公私に渡って非常に多忙で、とてもサッカーの試合を見ている暇が無い状態です。せめてフランクフルトがシャルケに勝ったポカールに試合ぐらいは見たいのですが・・・

ならばネタとしてニュースを漁ってみると、日本としては非常に気になるニュースが出ていますね。

サッカー=FIFAがクラブW杯改革案、21年大会から(ロイター) – Yahoo!ニュース

この改革の背景にあるのはやはりマネーの問題。AFPの記事では「W杯は利益、人気の面で絶大なものがあるが、コンフェデレーションズカップもクラブW杯もファンやスポンサーの支持が得られていないという問題をFIFAは抱えていた」とはっきり書かれています。

クラブW杯を4年ごとの開催に、コンフェデ杯廃止へ―FIFA方針 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ではコンフェデの代わりに何をするかというと、ヨーロッパではUEFAネーションズリーグという、UEFA加盟国代表による総当たりのリーグ戦が行われる事になっています。

『UEFAネーションズリーグ』の組合せ決定! 欧州王者ポルトガルはイタリア、ポーランドと対戦 | サッカーキング

これによって日本が受ける影響は明白ですね。日本代表は欧州との親善試合を組むことが非常に難しくなりますし、クラブレベルでも国際経験を積む機会が極めて少なくなります。特に今までのキリンカップのように、日本に欧州の中堅国を呼んで親善試合を行う事は困難になるでしょう。

アジアからはクラブW杯への出場枠が2とされているので、今のACLよりは増えるように見えますが、「アフリカ、アジア、CONCAEFについては4シーズンの優勝チームのなかでプレーオフを行い、出場チームを決める」とあるので、日本では浦和レッズしかプレーオフの出場枠に入る可能性がそもそも無い事になってしまいます。

しかし、個人的にはこれは日本サッカーにとって、良い方向へと変革する1つのチャンスになり得ると思っています。

日常的に、日本人選手が出ている欧州クラブの試合を見ていて痛感するのは、日本と世界のレベルは縮まるどころか広がる一方ではあるけども、日本人も欧州に移籍してクラブと指導者に恵まれれば、個人レベルでは追いつけるポテンシャルを持っているという事です。

それだけ、日常的なサッカーのプレイレベルが極めて大事で、時々クラブW杯に出たり親善試合をやったりしたところで、また日本やアジアに戻って来たらリセットの繰り返しになるだけ、というか実際にそうなっているのが現実です。本当に世界のレベルに追いつくためには、自分たちの足元、つまりJリーグとアジアのレベルを上げるしか無いのです。

毎度毎度、レベルリセットを繰り返す日本代表に対しては、ハリルホジッチも頭を抱えていたのではないかと思っています。それが肌で分かっているからこそ、日本はサッカーに投資せよと口酸っぱく言い続け、それが結果的に田嶋会長の不興を買ったのかもしれませんが・・・

具体的には、ACLの枠を広げたアジアネーションズリーグの開催、Jリーグの外国人枠の拡張など、やれる事はいくらでもあると思います。うるさいハリルホジッチのクビをすっ飛ばして、安心して仲良しぬるま湯体質に浸りきった協会に期待できないのは重々承知ではありますが、アル中治療も底を打って本人が自覚しないと始まらないと言われていますし(笑)、きっちり荒波をかぶっていただくのが良いかもしれませんな。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/04/20 | Jリーグ, 日本代表

関連記事

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

「ブロックを固めてパトリック、というサッカーが首位を独走してしまうJリーグの悲しさ」J1第14節 ベガルタ仙台-サンフレッチェ広島

現在J1リーグの首位を独走中の広島と、7位仙台との上位対決。広島のフォ...

記事を読む

「”日本のシメオネ”上野監督は甲府をアトレティコ・マドリーへと作り変える?」ルヴァン・カップ グループB コンサドーレ札幌-ヴァンフォーレ甲府

リーグ戦では現在3位と絶好調の札幌だが、ルヴァンカップではグループ最下...

記事を読む

「以前の3バックとの折衷案で、自ら墓穴を掘ってしまったオリヴェイラ監督」J1第13節 浦和レッズ-鹿島アントラーズ

新しくオリベイラ監督が就任した浦和と、かつて同監督のもとでJ1の3連覇...

記事を読む

「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

攻撃の要であるイバルボを欠き、得点力不足にあえいで4連敗中、しかも主力...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑