ハリルホジッチ解任論にサッカー的な視点など無く、単なるストレス解消のオモチャに過ぎない

スポンサードリンク

残念ながら、1分1敗で終わってしまった今回の欧州遠征を受けて、案の定マスコミからはハリルホジッチに対して7日以内に解任を要求したり、あろうことか風間八宏監督を後任に推したり空中分解と称したりする記事が出て来ていますね。

まあ、杉山氏や小宮氏ら上記ライターを糾弾する意見もあるようですが、しょせんライターなんてのは編集部の意向に沿った流れで書かざるを得ないもので、テレビでも地上波だとご意見番として監督批判を繰り返すセルジオ越後氏や、ほとんどサポーターとしての視点になってしまう松木安太郎氏が、CS放送などで代表が絡まない解説になると、とたんに冷静で客観的な意見を出すことは良く知られた事実です。

YAHOO!ニュースのアクセスランキングを見ても、解任を謳い上げた扇動的な記事のほうが、冷静なそれよりもはるかにアクセスがあるのは確かであり、根本はサッカーを販売部数やアクセス稼ぎの材料としか考えていないスポ新やスポルティーバのような発信側の問題で、杉山氏のようなとっくに旬を過ぎ去ってしまったライターの方々も自分と家族の生活があるからね、とちょっとだけ同情する気持ちもあったりします(笑)。

とは言え、そんなプロレス的な茶番にあっさり煽られる人が少なくないのも残念な事実で、今日のTwitterで代表に対して冷静でフラットな意見を述べられていた河治さんに、こんなリプライが来ていたのにはさすがにげんなりしましたね。

そもそもライターを支持派と解任派に分け、勝ち負けを論じて何の意味があるんでしょうかねえ? トルシエ時代から何一つ世間は変わらず、未だにこんな人がゴロゴロいるから、いつまで経っても日本は強くならないんじゃないかと思いますな。

今の日本ではサッカーに限らず、スポーツにしても政治にしても、単に自分のフラストレーションをぶつける対象としてしか考えていない人が多いのは事実で、とにかく誰々辞めろとスケープゴートを探しては声の限り叫びまくり、いざ辞めたらそんな事はスカッと忘れ、また新たな生贄を見つけ出しては繰り返すだけですからね。未来も生産性もPDCAもクソもない。

ただあえてそんな議論に乗ってみますと、監督を解任するかどうかの判断については、個人的には2つの状況しか無いと思ってます。1つはチームの中が精神的にバラバラになってしまって統率が取れなくなっている状態。そしてもう1つは、監督の戦術を無視して選手が勝手にサッカーをやってしまっている状態。

日本代表で言えば、前者はサブ組が完全に腐ってしまったジーコジャパン、後者はザックジャパンといったところでしょうか。ザックの場合は、本田があくまで「自分たちのサッカー」を遂行する事をザックに直談判し、ザックがそれを追認してしまった事で、不幸な事に大会が終わるまで問題は表面化しませんでした。

そう考えると、今のハリルホジッチジャパンでは、監督と選手の考えにすり合わせは必要なものの、上記の2パターンに当てはまる面は無く、ハリルホジッチを解任するに足る根拠は全く無いと思っています。そもそも、選手としても監督としてもW杯で実績を残している人に対して、いったい日本の誰が上から目線で見られるのでしょうか(笑)。

ただしこれからの本大会については全く楽観視は出来ません。特にボランチの能力不足は深刻で、他のポジションについては代えはいないけれども計算できる選手がいるのに、ボランチだけはワールドクラスに対抗できる選手がおらず、4-4-2のゾーン・ディフェンスをマネージメント出来る能力を欠いているのは痛恨です。

長谷部は結局クラブではリベロをやってるし、山口は欧州挑戦を諦めてセレッソに戻り、井手口はスペインの2部で出番を失ってしまいました。国内組の大島と柴崎、三竿は世界レベルのインテンシティには程遠いのが事実で、現代サッカーでは文字通り攻守の要であるポジションが明らかに力不足な状況に陥っています。それは今更どんな監督を代表に据えたところで解決なんか出来ません。

ボランチの弱さ故に、両ウイングは守備に追われてポジションが下がるため1トップの選手が孤立、トップ下までパスが来なくて試合から消えるという問題は、2トップにすれば岡崎や武藤の起用である程度解消が見込めるものの、ゾーンのバランスを取って中盤を2人で守れるような選手が日本にいないので、結局は鶏と卵のような堂々巡りになっているのが現状です。

W杯のメンバー候補には、おそらく井手口や長澤も再び入ってくるでしょうし、怪我が治った香川も当然有力候補で、欧州遠征を見る限り山口蛍も絶好調には程遠く、中盤では長谷部以外に選出が約束された選手はいません。フォーメーションと選手のバランスをこれからハリルホジッチがどう考えていくのか、非常に注目されるところです。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/03/30 | 日本代表

関連記事

「コスタリカは噛ませ犬になってしまったけど、噛み方にはなかなか意義があった」キリンチャレンジカップ 日本-コスタリカ

チリ戦中止のあとを受けた森保ジャパンのデビュー戦は、コスタリカ相手に3...

記事を読む

「森保ジャパンの初陣は、当然ながらの大幅世代交代」キリンチャレンジカップ チリ・コスタリカ戦 代表メンバー発表

アジア大会すらスルーしていたので、今日発表がある事なんかこれっぽっちも...

記事を読む

”時間”の概念を超越した存在、それが我らの技術委員会!

ぶっちゃけ個人的に興味が無かったので、昨日の森保日本代表監督就任の記者...

記事を読む

「ベンゲルやクリンスマンよりは見合ったレベル」日本代表の新監督は、森保一氏に決定!

先ほど、NHKの速報で日本代表の新監督に森保一氏の就任が決定したとの報...

記事を読む

「北京世代の卒業式は、華麗な打ち上げ花火で完結」ロシア・ワールドカップ日本代表総括

田嶋のやらかした発作的な監督交代のおかげで、あまり代表への思い入れが無...

記事を読む

新着記事

「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

記事を読む

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

記事を読む

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

記事を読む

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

記事を読む

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「2点目の基点となった久保、原口は退場の犠牲に、浅野は活きそうな場面で出番なし」ドイツ・ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク-ハノーファー

まだリーグ戦3試合未勝利同士の日本人対決。ニュルンベルクは4-3-3の...

「新しいキーマンと古いキーマンがガンバの残留争いを牽引する」J1第27節 清水エスパルス-ガンバ大阪

前半わずか1分で、右サイドを小野瀬がパス交換で抜け出し、低いクロスをフ...

「4-2-3-1でようやく生まれたゲッツェと香川のポジション、果たして軍配はどちらに上がった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループA クラブ・ブルージュ-ボルシア・ドルトムント

昨日は週末のイベントに向けての準備もしないといけなかったので、香川が途...

「初戦はロコモティフ・モスクワに完勝、チームでも存在感は別格の長友」UEFAチャンピオンズリーグ グループD ガラタサライ-ロコモティフ・モスクワ

昨日から開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。ドルトムントでまだ公式戦...

「大迫は相変わらずクルーゼ・システムの尻拭い、久保はコンバートを視野に入れるべき?」ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ブレーメン-ニュルンベルク

第3節での日本人選手対決は、大迫のブレーメンと久保のニュルンベルク。ブ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑