「オールド・トラフォードの観客まで”リアクション”させてしまった、モウリーニョ監督の思わぬ誤算」UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16第2レグ マンチェスター・ユナイテッド-セビージャ

スポンサードリンク

プレミアリーグでチェルシー、リバプールと上位対決を連勝して波に乗っているはずのマンUが、ホームでリーガ・エスパニョーラ5位のセビージャ相手に敗退というまさかの結果になってしまったチャンピオンズリーグのベスト16。

では何がマンU敗退の原因になったのか、興味があって試合を見てみたのだが、正直これと言って大きな原因は見つからず、セビージャのほうがシュート数では上回っていたが決定機の数自体はそれほど多くなく、マンUに先制点さえ入っていればあっさり勝ち抜けが決まっていた試合だったように思う。が、そういうノーマルな試合運びに持っていったモウリーニョの姿勢が、結果論ではあるが運命を決めてしまったのかもしれない。

4-2-3-1のフォーメーションを取るセビージャに対し、マンUは4-3-3という形で臨んで来た。これはいかにも現在のトレンドで、セビージャのボランチとトップ下にマンマークで中盤の3人を当ててパスワークを封じる事が目的で、しかも長身のエンゾンジに対してはフェライニを当てるなど、明らかにフィジカルでのマッチアップを重要視した対策であった。

ただ、試合開始直後はその狙いは試合から全く伺えず、マンUがホームの勢いに乗ってルカクにボールを集め、マッチアップしたセビージャCBケアーがデュエルで負けている間に、どんどんセカンドボールを拾って連続攻撃を仕掛けていて、これが続けばマンUが得点するのは時間の問題に思われた。

しかし前半10分過ぎからとたんに勢いが落ち、そこからは中盤マンマーク気味のリアクションサッカーに変貌、しかし連戦をこなしていて疲れが見えるDFラインはあまり人に激しく行かず、バイタルのスペースが空いたところでセビージャの選手に入り込まれ、決定的では無いにせよシュートの本数を稼がれてしまう。

後半になると、さすがにモウリーニョもチームのネジを巻いたのか、前半よりはバイタルをケアする意識が強くなって、高い位置でボールを奪ってからサイドでラシュフォードやリンガードが切れのある攻撃を見せるようになったが、今度はルカクとサンチェスが消えてしまってせっかくのサイド攻撃を生かせず。

そして後半29分、バレンシアのミスからセビージャがカウンター、途中出場で入ったベン・イェデルがサラビアからの縦パスを中央で絶妙なトラップ、すぐさまシュートをゴール右に決めてセビージャがアウェーで先制ゴールをゲットする。さらに4分後にもCKからフリックしたボールをベン・イェデルが押し込みセビージャが2点目。

そこからマンUは目が覚めたかのようにマタ、マルシャルを投入、マタのダイレクトクロスなどでチャンスを作るものの時すでに遅し。後半39分にCKからルカクが豪快にセビージャゴールに蹴り込み1点差にしたのがせめてもの意地という感じで、結局合計スコア2-1でセビージャが勝利、マンUはベスト16で姿を消すことになった。

それにしても、解説の粕谷氏も指摘していたが、2点を取られてもオールド・トラフォードの観客が静かだったのは驚いた。これがサー・アレックス・ファーガソン監督時代だったら烈火のごとく発破をかけまくり、観客の大声援に押されて選手は猛攻を仕掛け、審判まで雰囲気に気圧されて「ファーギータイム」を設けてしまうなど、伝説的な反発力があったのにだ。

確かにチェルシーやリバプールとの激戦を戦って、チームに疲れや精神的な緩みはあったのかもしれないが、モウリーニョの徹底して相手を研究する「リアクションスタイル」が、サッカーの内容だけじゃなく選手のメンタルやオールド・トラフォードの雰囲気までリアクションになってしまった事が、真の敗因であるような気がしてならないのである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「カリウスが犯した凡ミスの連発以上に、リバプールに痛恨だったセルヒオ・ラモスの”必殺脇固め”」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 レアル・マドリー-リバプール

今年はウクライナの首都、キエフにあるオリンピスキ・スタジアムで行われた...

記事を読む

「バカ試合2連発、決勝はサラーとマルセロの攻撃アフロ対決に」

リバプールでの第1戦を5-2で折り返しての、ローマのホーム、スタジオ・...

記事を読む

「勝負強いはずのバイエルンを自滅させたレアル、果たして”勝負弱い”クロップのリバプールにはどうか?」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 第2レグ レアル・マドリー-バイエルン

ホームでの第1戦を、バイエルンが自らのミスと決定力不足で1-2と落とし...

記事を読む

「地力では互角、怪我とミスと決定力に泣かされたバイエルン」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 第1レグ バイエルン-レアル・マドリー

事実上、今期のチャンピオンズリーグ決勝と見られる注目の第1戦。 ...

記事を読む

「”ハリルホジッチ・スタイル”のローマ、3点差をひっくり返す奇跡の逆転勝利」UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝 第2レグ ローマ-バルセロナ

昨日は、日本代表”新監督”に就任した西野明氏による記者会見があったよう...

記事を読む

新着記事

「またも”第9ステージの呪い”に阻まれたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2018 第7~9ステージ

さてワールドカップが終了し、ここもしばらくは毎年恒例でツール・ド・フラ...

記事を読む

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

記事を読む

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

記事を読む

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

記事を読む

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「またも”第9ステージの呪い”に阻まれたリッチー・ポート」ツール・ド・フランス2018 第7~9ステージ

さてワールドカップが終了し、ここもしばらくは毎年恒例でツール・ド・フラ...

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

→もっと見る

PAGE TOP ↑