「電光石火のヘディングゴールで森岡が勝利をもたらすも、個人・チームともに課題は残る」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第29節 ズルテ・ワレヘム-アンデルレヒト

スポンサードリンク

前節のムスクロン戦では、チームとしては6試合ぶりの勝利を森岡の2ゴールで飾ったアンデルレヒト。しかし後半16分までに4-0のリードを得たにも関わらず、途中1点差まで追い上げられてしまった悪癖を、このズルテ・ワレヘム戦でも見せてしまった。

アンデルレヒトは前節と同じメンバーだが、アウェイというのもあってか4-2-3-1というよりは4-4-1-1のようにサイドが若干下がり目で、森岡はテオドルチクと並んで2トップのシャドー気味な位置づけでプレイ。

当然、トップ下よりもゴールに近い位置でのプレイが求められるわけで、早速前半3分に相手ゴール前でポジションを取ると、右サイドでフリーになったアッピアーからのクロスに上手くフリーで薄くコースを変えてゴールに流し込み、森岡の2試合連続ゴールでアンデルレヒトが先制する。

ホームのズルテ・ワレヘムは先制点にもめげずすぐさま反撃、3-4-3のフォーメーションで高い位置からマンマークを仕掛け、ボールを奪うとイセカ、ボンゴンダ、オラインカのアフリカ系高速3トップを縦に走らせるショートカウンターで、一気にアンデルレヒトゴールへ迫って来る。

しかしマンマークの3バックはマークがずれると脆弱になるのが欠点で、前半12分にアンデルレヒトは中盤の攻撃参加で相手のDFがマークを外したスキにテオドルチクが飛び出し、スルーパスをきっちりゴールに流し込んでアンデルレヒトが2点目をゲットする。

これで試合は落ち着くかと思ったのだが、やはり前節で3点を取られた守備は辛抱が出来ず、アンデルレヒトは前線と最終ラインの間が間延びして中盤にスペースが生まれ、アンデルレヒトはボールを保持するのだけどパスが長くなってミスになる場面が増えてしまう。森岡も中盤に下がってマークを受けない位置でフリーになってカウンターを狙いに行っているのだが、前に人が来ないので得意のスルーパスもなかなか出せず、ドリブルで溜めて結局横パスという形で終わってしまう。

そして前半28分に、FKから振り向きざまのシュートはアンデルレヒトGKセルスがファインセーブで何とか防いだものの、その後のCKからポドリーに押し込まれて1点差になるが、3分後にアンデルレヒトは相手のボールを高い位置で奪い、オフサイド崩れから抜けたテオドルチクが冷静にGKを交わして3点目と相変わらずの展開。

後半になると、アンデルレヒトの布陣は前半よりもコンパクトになって守備は前半ほどのバタバタ感は無くなったが、今度はテオドルチクと森岡の2トップが相手のハイラインに抑え込まれて前線で基点になれず、前半は何度か繰り出していたカウンターの形が作れなくなり、試合は膠着状態に。

そして後半30分頃からアンデルレヒトは逃げ切りを意識し始め、34分に森岡を下げてアムスを投入したのはいいのだが、そこからズルテ・ワレヘムのパワープレイに圧倒され、ゴール前で跳ね返せずひたすらセカンドボールを拾われては放り込まれ、PA内で混戦になってボールを蹴り合うという危険な場面の連続。

後半37分に連続攻撃から押し込まれたゴールはオフサイドになって助かったが、その直後にロングボールを跳ね返したボールをクリアミス、起き上がったシャポニッチにボールを拾われてズルテ・ワレヘムがまた1点差。さらに45分には右サイドからのクロスにオラインカが完全にどフリー、しかしシュートを当てそこねてファーに流してしまいアンデルレヒトは命拾い。そして何とか3-2で逃げ切り勝利に成功した。

森岡は先制点となったゴール以外ではあまり目立てず。やはり今の森岡では前にパスコースがない下がり目2トップでは自分のプレイがなかなか出来ない。後半7分に相手3人に囲まれながらもヒールパスで打開しようとしたプレイは面白かったが、本来であればそうなる前にキラーパスやシュートをしないといけないはずだ。ロシアW杯のメンバーに選ばれるにはそこを乗り越えて行かないとね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「鎌田からスイッチが入って冨安がサポート、そして遠藤が弾かれる(?)シント・トロイデンのメカニズム」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第20節 シント・トロイデン-スタンダール・リエージュ

現在リーグ戦で5位とプレーオフ1圏内にガッチリ食い込んでいるシント・...

記事を読む

「先発復帰の遠藤、良くも悪くもらしさを発揮して上位撃破に貢献」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第17節 アントワープ-シント・トロイデン

今朝のベルギーカップでシント・トロイデンは鎌田の1G1Aの活躍でベスト...

記事を読む

「アンデルレヒト相手に冨安と鎌田がアベックゴール、メンタルでも地力が付いてきたシント・トロイデン」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第16節 シント・トロイデン-アンデルレヒト

ベルギーリーグもレギュラーシーズンが早くも折返し、ここまでプレーオフ1...

記事を読む

「小野伸二や中村俊輔がなし得なかった、”ファンタジスタのゴールゲッター”が誕生しつつある?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第15節 オイペン-シント・トロイデン

今週の欧州リーグは日本人選手のゴールラッシュな様子だけど、昨日はその中...

記事を読む

「鎌田と遠藤は、ここからステップアップ出来るかの分水嶺に差し掛かっている」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第14節 シント・トロイデン-ズルテ・ワレヘム

ここ3試合勝利が無いシント・トロイデンは、3-4-3のフォーメーション...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑