「温存の酒井は出場即アシストの余裕、チームも快勝で絶好調」UEFAヨーロッパリーグ ベスト32第1レグ オリンピック・マルセイユ-ブラガ

スポンサードリンク

こちらも決勝トーナメントが始まったヨーロッパリーグ。酒井が所属するマルセイユの相手は、グループCを首位で突破したポルトガルのブラガ。ただチャンピオンズリーグ出場権獲得を優先しているマルセイユは、酒井、トヴァン、ザンボといった選手をターンオーバーで温存、SBはアマヴィとサールの2人が出場した。

ブラガのフォーメーションは、ポルトガルらしく4-4-2の3ラインを縦横コンパクトにまとめた正統派の組織的なゾーン・ディフェンス。しかしアウェイでの第1戦とあってか序盤から消極的な姿勢で、ラインの押し上げがあまり無くて2トップが孤立、なかなかマルセイユ陣内へとボールを運ぶ事ができない。

それに対して、いつもの4-2-3-1の形で臨んだマルセイユは、DFラインが中央に固まったブラガのサイドを攻略、特に右サイドのパイェとサールのコンビネーションで何度も基点を作ると、9分にはブラガが自陣ライン際でクリアしたボールにチャージ、そのこぼれ球をパイェが拾ってグラウンダーのクロス、これに飛び込んだジェルマンが押し込みマルセイユが先制ゴールを決める。

その後もリズムに乗ったマルセイユは、前半30分頃にサールのカットインからのシュート、そしてブラガGKマテウスにギリギリ弾かれたがエンジェのシュートと連続でチャンスを作ると、40分には左サイドからオカンポスがクロス、エンジエがGKと交錯しながら足に当て、ボールはゴールへ転がるがブラガの選手が必死でクリア、さらにはパイエの直接フリーキックはクロスバーと畳みかけるが追加点は奪えず。

後半になると、前半とは打って変わってブラガが前からプレスをかけて来て、攻撃でも人数を多く送り込んで分厚い攻撃を見せ始めるが、後半14分にアマヴィに代えて左SBとして酒井を投入した事で試合の流れが変わる。

酒井は相手右サイドへの長いパスを高さで封じ込めると、攻撃に転じた時に相手のボランチを引き付けて中へパスを出したりと、中盤でトライアングルの関係を作ってワンタッチパスを回す流れにうまく馴染み、マルセイユに再び攻撃のリズムが生まれ始める。

すると後半16分、パイェのクロスからオカンポスが放ったカンフーキックシュートはマテウスが顔で防いだものの、18分にはオカンポスのスルーパスから酒井が抜け出し、アウトサイドのクロスをジェルマンが合わせてマルセイユが2点目をゲットする。さらに後半28分、ロペスとトヴァンのワンツーでPA内へと侵入すると、最後はトヴァンがきっちり決めて3点目。

後半43分に、酒井のミスで1対1を抜かれてあわや失点というピンチを作ってしまったのはご愛敬だが、その後はマルセイユが余裕の試合運びを見せて8分ものロスタイムもきっちり守り切って3-0で試合終了。アウェイでの第2戦に向けて大きな3点のリードを持って折り返した。

マルセイユはここに来て、チャンスの数の割に得点を決められていなかったジェルマンが2ゴール、オカンポスも調子を上げ、トヴァンは相変わらずの決定力と攻撃陣が絶好調。SBもアマヴィが復帰、サールも守備面が向上して酒井もターンオーバーが出来るようになって来た。唯一代えが聞かないルイス・グスタヴォだけが心配だが、今後のヨーロッパリーグもかなり期待出来るのではないだろうか。

 

 

ザルツブルクに次いでグループIを2位で突破したマルセイユは、第1戦がホームと不利な条件になったが、

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「兄は敗退、弟は首位通過という下剋上、南野の選択は正しかった?」UEFAヨーロッパリーグ グループB セルティック-ザルツブルク

既に5戦全勝でグループリーグ首位通過が決まっているセルティックは、南野...

記事を読む

「CBが飛車角落ちでは、さすがの長谷部も簡単には整えられない」UEFAヨーロッパリーグ グループH フランクフルト-マルセイユ

ヨーロッパリーグのグループリーグも残り2試合。グループHは、既にフラン...

記事を読む

「南野が実質4ゴールのハットトリック、元アーセナルのベントナーも白旗状態?」UEFAヨーロッパリーグ グループB ローゼンボリ-ザルツブルク

南野がハットトリックを決めたとあれば、昨日はこの試合を見るしか無いでし...

記事を読む

「様式美とさえ言える、長谷部が操るラインコントロールの秘訣」UEFAヨーロッパリーグ グループH フランクフルト-アポロン・リマソル

公式戦4連勝中、ヨーロッパリーグではグループ大本命のラツィオを破って2...

記事を読む

「代表引退がもったいない、長谷部円熟の3变化で強豪ラツィオを整頓」UEFAヨーロッパリーグ グループH フランクフルト-ラツィオ

リーグとは対照的に、ヨーロッパリーグでは開幕節であのマルセイユをアウェ...

記事を読む

新着記事

「唯一無二とは、結果であって目的ではないのだが」アスリートの魂・堂安律

昨日は飲み会があったので帰りが遅く、ヨーロッパリーグを見るのは諦めて録...

記事を読む

「森保ジャパンとスールシャール・マンUとの類似性、PSGはもちろんあのチーム」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦第1レグ マンチェスター・ユナイテッド-パリ・サンジェルマン

今週から始まったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント。その中でも注目カ...

記事を読む

「加入初戦で先発の乾はイキイキとプレイしたが、天気晴朗なれども波高し」スペイン・リーガエスパニョーラ第23節 アラベス-レバンテ

ベティスで出番を失っていた乾は、冬にアラベスへレンタル移籍。そして早速...

記事を読む

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノ...

記事を読む

「自慢の攻撃陣が行方不明でボコボコのフランクフルト、長谷部が必死に整え勝ち点1」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ライプツィヒ-フランクフルト

現在リーグ4位のライプツィヒと、勝ち点差は5と開いているが5位に付けて...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑