「バチュアイゴールも残る攻撃面の課題、香川の”走らされ問題”はいつ解決するのか」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 ボルシア・ドルトムント-ハンブルガーSV

スポンサードリンク

ひとまず前節は新加入のバチュアイがゴールを決めて引き分け地獄から脱出、香川もずっと先発で起用されて良いリズムに見えるドルトムントだが、オーバメヤンが使い物にならなくなってからはずっと攻撃面での問題を引きずっていて、この試合もHSVにクリーンシートで勝ちはしたが、やはり課題が解消されたとは言い切れない内容になってしまった。

ドルトムントは怪我から復帰したロイスがスタメンに名を連ね、フォーメーションは1トップのバチュアイにトップ下がロイス、2列目はシュールレ、香川、ヴァイグル、プリシッチと並ぶ4-4-2で、香川はやや上がり目ながらもポジション的にはダブルボランチの一角という驚きの布陣。対するHSVは酒井高徳がWBの位置で先発した3-5-2の形。

試合は当然ながらドルトムントがポゼッションするが、バチュアイは前線に張ったままDFラインと駆け引きをしているだけで、サイドに流れたりポストに下がったりというスペースを作る動きが無く、中央が渋滞して香川やロイスがパスを受けられる余地が無い。前半17分には香川がワンツーを受けてゴール前に入り込むも、シュートを打たずに右サイドにいたプリシッチに出したパスをカットされる始末。

一方のHSVは、酒井が5バック状態でしっかりスペースを埋めてドルトムントのサイド攻撃を封じ込め、SBのピシュチェクやトルヤンが上がった裏のスペースを使って一気に攻めきるカウンターを見せたり、前線にロングボールを放り込んでセカンドボールを拾う狙いがはっきりしており、攻撃時は酒井も積極的にオーバーラップを仕掛けるなど、前半のシュートはドルトムントがわずか3本に対してHSVが5本と、チャンスはアウェイのHSVのほうがむしろ多かったぐらいだ。

後半になると、シュテーガー監督は香川とロイスをインサイドハーフに並べた4-1-4-1に修正、これでロイスとプリシッチが並んだ右サイドの攻撃が活性化、後半3分に早速ロイスのワンタッチパスからプリシッチがシュート性のクロスを放つと、ファーサイドに飛び込んだバチュアイが合わせてドルトムントがようやく先制点をゲットする。

しかし相変わらず香川のサイドはあまり機能せず、ヴァイグルの横のスペースを使われては必死で香川が戻ってカバーするような状況で、後半13分に香川は足首を痛め、そのままロッカーに引き上げてしまった。もとから風邪も引いていたようで、この試合は攻撃時にダッシュする回数が少なく終始プレイの精細を欠いていた状態だった。

HSVは香川が試合から抜けた事がきっかけのように、そこから酒井高徳がほとんどウイングのように高い位置取りをしてサイドで何度も攻撃に絡み始めると、後半27分にはニアゾーンに飛び込んでから誰かが触ればゴールという決定機を作る。が、この試合のドルトムントは守備陣の集中力が高く、球際で何とかHSVの攻撃を凌いで得点を許さない。

後半25分にドルトムントはロイスに代えてゲッツェを投入、フォーメーションをゲッツェトップ下の4-2-3-1にして守備を安定させ、そこからのカウンターでプリシッチ、バチュアイと決定機を作るが追加点ならず。逆に41分には酒井高徳から絶妙なサイドチェンジがコスティッチに渡るも、ドルトムントGKビュルキが何とかこぼれ球を抱え込んで防ぎ切るなど、どちらも惜しい場面が続く。

そして後半ロスタイム、バチュアイからシュールレに大きな展開パスが通り、シュールレはカットインから中央にドリブルで入り込むと、右サイドに飛び込んだゲッツェにスルーパス、これをゲッツェがHSVのGKマテニアの飛び出しよりも先に触り、ボールはゴールに吸い込まれてドルトムントがダメ押しの2点目。そしてそのまま試合は2-0で終了した。

香川はシュテーガー監督の信頼を得てずっとインサイドハーフで先発起用されているが、最初からポジションが高くて渋滞にはまり込み、ボールを奪われては後ろのスペースへ必死で戻る事を繰り返しており、運動量で毎試合12kmを記録しているが、明らかに攻撃以外の面で走らされている部分が大きいように思う。この怪我でまずはしっかりと体を休め、戦術的に対策・準備がされた状態になってから復帰して欲しいところだ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「デュッセルドルフで宇佐美がベンチ外になった理由が見えた試合」ドイツ・ブンデスリーガ第25節 フォルトゥナ・デュッセルドルフ-フランクフルト

一時は降格圏にまで沈んでいたが、年末からはビッグクラブが注目するFWル...

記事を読む

「整わないダーク長谷部、ナーゲルスマン監督に負け惜しみを吐かせる勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第24節 フランクフルト-ホッフェンハイム

現在6位のフランクフルトは、勝ち点3差で8位に付けているホッフェンハイ...

記事を読む

「いくら長谷部が守備を整えても、さすがにチームの疲労は整えられない」ドイツ・ブンデスリーガ第22節 フランクフルト-ボルシアMG

現在、何と公式戦4戦連続引き分け中と、勝ちきれない試合が続いている...

記事を読む

「泥沼の裏天王山、久保は悪目立ち、原口はしょっぱい良目立ち」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ハノーファー-ニュルンベルク

最下位のハノーファーと17位のニュルンベルクの対戦という裏天王山、ハノ...

記事を読む

新着記事

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む

「伊東がベルギー初ゴールにアシスト、その結果は戦術的な特権によるもの?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第30節 ズルテ・ワレヘム-ゲンク

11位のズルテ・ワレヘムと、リーグ首位のゲンクが対戦するレギュラーシー...

記事を読む

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「ザックジャパンにおける本田を思わせる、リャイッチと香川の関係性」トルコ・スュペル・リグ第26節 ベジクタシュ-ギョズテペ

現在リーグ3位のベジクタシュは、香川とリャイッチ、クアレスマを初めて同...

記事を読む

「”先の先”を取る動きでインテルの反撃を封じ込めた長谷部の極意」UEFAヨーロッパリーグ ベスト16第2レグ インテル-フランクフルト

第1戦のフランクフルトホームでの試合をスコアレスドローで折り返した、イ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑