「攻撃陣には辛い塩サッカーで、久保が1G1Aの結果を出せた重み」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第26節 ヘント-シントトロイデン

スポンサードリンク

チームは最近の4試合で2勝2分け負け無しと好調だったが、この3ヶ月はずっと得点を決める事が出来ていなかった久保。しかし今節、冨安は怪我で日本人対決にはならなかったが、シントトロイデン戦でようやく今シーズン7点目となるゴールとアシストを決めた。

ここまで久保がゴールから遠ざかっていた理由は、ヘントの試合を見ればすぐ分かる。フォーメーションは4-2-3-1でトップ下には久保が入った形だが、とにかく攻撃がサイドを経由する形に偏重していて、真ん中に縦のボールが入ることがほとんど無い。

そして基本的にウイングが開いた状態で攻める形が多くてSBのオーバーラップも少なく、それで守備は安定するものの、バイタルエリアに存在しているのは久保だけになって、味方とのコンビネーションは頼れず個人の力だけで打開せざるを得ない。こうなるとフィジカル能力で劣る久保が出来ることは少ない。

しかしそれでも、久保は何とか不得意なハイボールにも競り合い、ボールは出て来ないがDFライン裏への飛び出しを続けるなど、結果を出すためにずっと孤軍奮闘していたのだが、やっとこの試合の前半10分にそれが報われる。久保は味方のロングボールに競り勝ち、それを1トップのヤンハがまた競ったこぼれ球を再び久保が拾ってそのままシュート、これがヘントの先制点になる。

しかしシントトロイデンも4-4-2のゾーンから早めのマンマークで粘り強く守ってヘントの選手をフリーにさせず、徐々にヘントのミスからカウンターで良い形を作り始めると、前半19分にはヘントの甘いマークを見逃さず、右サイドからクロスをヘントDFが何とかクリアするもクロスバー、そして41分には3度もポストに当たる超決定機をシントトロイデンに作られてしまうが、何とか無失点で前半を折り返す。

さらにヘントには幸運が訪れる。後半5分に久保のクロスが流れたところをヤレムチュクが拾ってドリブル突破、これをシントトロイデンのSBキツィウが引き倒し、2枚目のイエローで退場してしまう。そして11分にカウンターから久保が中央でドリブル、パスを受けたヤレムチュクがファーサイドにコントロールショットを決めてヘントが2点目をゲットする。

反撃に出たいシントトロイデンだが、その後もフォーメーションは4-4-1のままであまり前に出て来ず、ヘントもDFやボランチが比較的ラクに前を向けるのはいいが、久保も前線で張ったままの状態が多くなり、そこからの攻めが雑になって試合は膠着状態に。そしてようやく後半20分に、右サイドへの大きな展開からSBフォケが入れたクロスを、中へ飛び込んだヤンハがきっちり合わせて3点目、これで試合は決まってしまった。

久保は後半36分に、右からのクロスをシントトロイデンGKステッペが弾き、そのこぼれ球を拾って反転からシュートを放つが枠外。その直後にラスキンと交代、試合はそのまま3-0でヘントがクリーンシートの勝利を飾った。

結果的には快勝だったがヘント自体の決定機はそれほど多かったと言えず、そんな中で久保が1ゴール1アシストという結果を出したのは喜ばしい。トップ下が攻撃の組み立てにほとんど関与しない今のチームスタイルでは、得点に絡まない限り評価はされない。厳しい立場ではあるが、何とかシーズン二桁には乗せてW杯へはずみを付けたいところだね。

 

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「森岡も好機を逸し、優勝まで手が届くところからCL圏も危うくなったアンデルレヒト」ベルギー・プロリーグ プレーオフ アンデルレヒト-スタンダール・リエージュ

昨晩はたまたまDAZNを開いたら、ちょうどアンデルレヒトの試合がLIV...

記事を読む

「森岡がロシアW杯のメンバーに入るカギとなるフォーメーション」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第4節 アンデルレヒト-クラブ・ブルージュ

今週はいろいろ用事が立て込んでいて、なかなか集中して2時間をサッカー観...

記事を読む

「プレーオフ初戦の日本人対決は、どちらにとっても少しほろ苦い試合に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第1節 アンデルレヒト-ゲント

ベルギー1部リーグもレギュラーシーズンが終了し、これからは上位6チーム...

記事を読む

「電光石火のヘディングゴールで森岡が勝利をもたらすも、個人・チームともに課題は残る」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第29節 ズルテ・ワレヘム-アンデルレヒト

前節のムスクロン戦では、チームとしては6試合ぶりの勝利を森岡の2ゴール...

記事を読む

「やっとチームが森岡を理解し始めたアンデルレヒト、しかし終盤は思いもよらぬ展開に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第28節 アンデルレヒト-ムスクロン

移籍直前の試合でハットトリックを決めるなど絶対的なエースだった、アルジ...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑