「セレッソが強いというよりは、サッカーの質的な違いによる時間差の結果」ゼロックス・スーパーカップ2018 川崎フロンターレ-セレッソ大阪

「セレッソが強いというよりは、サッカーの質的な違いによる時間差の結果」ゼロックス・スーパーカップ2018 川崎フロンターレ-セレッソ大阪

スポンサードリンク

最近はスカパーがしょぼいのもあって、HDRで録画予約をするという習慣が無くなり、おかげで地上波のみの放送であるゼロックス・スーパーカップの録画をすっかり忘れてしまい、慌てて出先でスマホのリモコン機能を使って後半だけは何とか試合を見ることが出来た。

結果は3-2でセレッソがルヴァンカップに続いて川崎を破ったわけだが、確かに内容自体は点差以上にセレッソが強かったのは事実ではあるものの、両チームのサッカースタイルの違いが、現時点における完成度の差に繋がったのではないかと思っている。

セレッソのサッカーは、あくまでゾーン・ディフェンスがベースで、昨年のメンバーと戦術を継続しながら、さらに今期は各ゾーンの選手が早く厳しく相手にプレスをかけ、高い位置でボールを奪い、そこからスピードを落とさず攻め切る狙いがはっきり見られる。

後半3分にセレッソが奪った2点目も、ロングボールを杉本が競り勝ってから、セレッソの選手が一気にスピードアップ、清武の勢いに慌てて田坂が足を出したがそのまま振り切られ、そのままゴールを決められてしまった。こういう一気呵成のスピード感は、間違いなくJリーグよりもACLを意識したものだと言える。

逆に川崎は、鬼木監督になって守備は整備されたとは言え、あくまでベースは選手間のコンビネーションを中心に構築していく「風間スタイル」であり、選手のコンディション、試合感が整ってこないと全体のレベルも上がって来ない。後半は大島が入ってリズムを作っていたが、ダイジェストを見た限りでは中村憲剛の調子が上がっておらず、前半は中盤でノッキングを起こして前線にボールを運べていなかった。

そして守備でも試合感の欠如が明らかに見られ、相手へ寄せるスピード、当たりの厳しさでセレッソに完敗。特に後半33分にヤン・ドンヒョンのスルーパスから高木が3点目を決めた場面で、あっさりポストプレイからヤン・ドンヒョンに前を向かれた対応は、これからACLを戦う上では絶対にやってはいけない淡白過ぎる対応だった。

ただ、川崎としては今期から復帰した大久保がトップ下で攻撃の基点として機能した事と、右SBで途中出場したルーキーの守田が落ち着いたプレイを見せ、特にビルドアップで良いパスを通していた事は、川崎のサッカーにとっては大きな力になってくれる事だろう。

とにかくどちらもミッドウィークにはACLがスタートする。相変わらず日テレの有料CS独占囲い込みのおかげでACLは見られないが(糞)、この試合をしっかり振り返って良い準備をしてもらい、グループリーグのスタートダッシュを決めてもらいたいところである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2018/02/11 | Jリーグ

関連記事

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「まるでダンスのようなターンでイニエスタがJリーグ初ゴール!」J1第21節 

昨日は、もしニューカッスルとスパーズの試合で武藤が先発したらそっちを見...

記事を読む

「宮本監督がガンバに巣食う悪癖を解消しないと、偶発的な勝利しか望めない」J1第21節 ガンバ大阪-FC東京

昨日は飲み会があって酒が入った状態だったけど、DAZNを見るとガンバ大...

記事を読む

「中途半端にコンセプトを引きずる”ハリルホジッチ病”にかかったFマリノス」J1第20節 川崎フロンターレ-横浜Fマリノス

Jリーグにおけるハイライン・ハイプレス戦術を掲げたチームは少なくないも...

記事を読む

「日本の夏場に無謀なハイラインをやるならば、無謀に見合う選手が必要」J2第27節 ジェフ千葉-松本山雅FC

松本山雅さんからお花が届きます。毎年毎年。あれから7年。想って頂けます...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑