「酒井の結果オーライアシストも、チームの省エネがたたってドローに終わる」フランス・リーグアン第25節 サンテティエンヌ-マルセイユ

スポンサードリンク

昨日は別の用事があってサッカーが見られず、昨日の深夜に行われたリーグアンのマルセイユとサンテティエンヌの試合をDAZNで観戦。

雪が降るサンテティエンヌのホームで行われた試合は、マルセイユがジェルマン1トップに2列目がパイェ、サンソン、トヴァンの4-2-3-1で、酒井は左SBで出場。対するサンテティエンヌは4-4-2のフォーメーションで、ドルトムントからフリートランスファーで移籍したスポティッチが右CBで先発している。

試合は序盤からサンテティエンヌが積極的にサイドを使って攻めるも、4分にオーバーラップした酒井のクロスが相手にかすり、そのボールがトヴァンの前に飛んでダイレクトで叩いたシュートがファーに決まってアウェイのマルセイユが先制点をゲットする。

が、前半9分にマルセイユは右サイドでCBのラミが抜かれ、ロランドがサイドへ釣り出されてPA内では酒井が1対2の数的不利になり、ファーにいたモネ・パケにボールが渡ってルイス・グスタヴォのカバーも間に合わずゴール、サンテティエンヌがすぐさま同点に追いつく。

マルセイユは右SHのとヴァンガ激しくマークされて左からしか攻撃が出来なかったが、20分にようやく右SBのブナ・サールが突破すると、クロスを中に飛び込んだサンソンがきっちり合わせて再びリード。

その後はサンテティエンヌのペースも落ち着いて静かな展開になったと思ったが、前半のロスタイムにPA内で抜け出されてロランとラミのカバーでかろうじて防ぐピンチを作られ、後半早々にもシュートミスにはなったがクロスからフリーで決定的な場面を作られるなど、前節のリーグでメス相手に3失点したマルセイユの守備は相変わらず安定しない。

後半は前からプレッシャーをかけて来るサンテティエンヌに対し、マルセイユはカウンターを狙わずボールを奪っても自陣でボールを落ち着かせるサッカーをするが、そんな消極的な姿勢で守りきれるはずもなく、後半30分に酒井が競り合ったこぼれ球からクロスを上げられ、ファーサイドでブナ・サールが競ったが届かずベリッチに押し込まれ同点。

そこからにわかにマルセイユが攻勢に出るも、DFラインの押し上げが足らずセカンドボールをサンテティエンヌに拾われ、なかなか連続攻撃を仕掛けられない。ロスタイムにはPA内でトヴァンがフリーでシュートを打つ決定機を作ったが、サンテティエンヌGKリュフィエのファインセーブに阻まれ2-2のドローで試合終了。

酒井自身の出来は、結果オーライとは言えアシストは記録したし、守備も他の選手に比べると安定していたが、フランスカップから中2日での試合になったチームの消極的な姿勢の犠牲にはなってしまったかなと。カップ戦でアマヴィが復帰し、ブナ・サールが失点に絡んだので右SBへの復帰があるかもしれないね。

 

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

2018-2019シーズン海外組通信簿(フランス・トルコ編)

昨日はDVDを返しに行ったりなんだりしている間に、試合を見る時間が無く...

記事を読む

「昌子は守備で孤立、残留は決めたがホームで酒井にボコられる屈辱」フランス・リーグアン第37節

トゥールーズはほぼ残留を決め、マルセイユは欧州戦の可能性が無くなり、ど...

記事を読む

「恩師ハリルホジッチに、昌子はクリーンシートの恩返し」フランス・リーグアン第31節 トゥールーズ-ナント

2月にフランスカップで対戦した時には、ハリルホジッチ率いるナントに0-...

記事を読む

「酒井が戻ったら、マルセイユはあっという間に10位から4位へジャンプアップ」フランス・リーグアン第25節 マルセイユ-アミアン

もちろんそれだけが理由じゃないだろうが、酒井がアジアカップから戻って来...

記事を読む

「バロテッリはどこに行ってもやっぱりバロテッリ」フランス・リーグアン第24節 ディジョン-マルセイユ

マルセイユは酒井がアジアカップから復帰しての2戦目。1トップにバロテッ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ブラジルでは借りてきた猫のようなカタール、グループリーグで敗退」コパ・アメリカ グループB アルゼンチン-カタール

今朝、日本対エクアドルの試合が行われたんだけど、当然ながら悲しき勤め人...

「攻め達磨の名古屋、疲れて守れず火だるまになってしまう」J1第16節 名古屋グランパス-清水エスパルス

清水の戦い方ははっきりしていて、守備時は4-4-1-1のコンパクトなゾ...

「ベテランの意地が手繰り寄せた、一握りのチャンスをモノに出来るかどうか」コパ・アメリカ グループC 日本-ウルグアイ

試合から1日経った戦評なので、細かい展開については省略するが、チリ戦よ...

「既にキャッチアップ、追い越されている現実を直視できない高倉ジャパン」フランス女子ワールドカップ グループD 日本-イングランド

日本は他グループの結果によって、既に3位以上での決勝トーナメント進出が...

中田以来15年ぶりに、ボローニャへ日本人選手が移籍する?

初っ端に久保のレアル・マドリー移籍という巨大爆弾が炸裂したおかげで、ど...

→もっと見る

PAGE TOP ↑