「酒井の結果オーライアシストも、チームの省エネがたたってドローに終わる」フランス・リーグアン第25節 サンテティエンヌ-マルセイユ

スポンサードリンク

昨日は別の用事があってサッカーが見られず、昨日の深夜に行われたリーグアンのマルセイユとサンテティエンヌの試合をDAZNで観戦。

雪が降るサンテティエンヌのホームで行われた試合は、マルセイユがジェルマン1トップに2列目がパイェ、サンソン、トヴァンの4-2-3-1で、酒井は左SBで出場。対するサンテティエンヌは4-4-2のフォーメーションで、ドルトムントからフリートランスファーで移籍したスポティッチが右CBで先発している。

試合は序盤からサンテティエンヌが積極的にサイドを使って攻めるも、4分にオーバーラップした酒井のクロスが相手にかすり、そのボールがトヴァンの前に飛んでダイレクトで叩いたシュートがファーに決まってアウェイのマルセイユが先制点をゲットする。

が、前半9分にマルセイユは右サイドでCBのラミが抜かれ、ロランドがサイドへ釣り出されてPA内では酒井が1対2の数的不利になり、ファーにいたモネ・パケにボールが渡ってルイス・グスタヴォのカバーも間に合わずゴール、サンテティエンヌがすぐさま同点に追いつく。

マルセイユは右SHのとヴァンガ激しくマークされて左からしか攻撃が出来なかったが、20分にようやく右SBのブナ・サールが突破すると、クロスを中に飛び込んだサンソンがきっちり合わせて再びリード。

その後はサンテティエンヌのペースも落ち着いて静かな展開になったと思ったが、前半のロスタイムにPA内で抜け出されてロランとラミのカバーでかろうじて防ぐピンチを作られ、後半早々にもシュートミスにはなったがクロスからフリーで決定的な場面を作られるなど、前節のリーグでメス相手に3失点したマルセイユの守備は相変わらず安定しない。

後半は前からプレッシャーをかけて来るサンテティエンヌに対し、マルセイユはカウンターを狙わずボールを奪っても自陣でボールを落ち着かせるサッカーをするが、そんな消極的な姿勢で守りきれるはずもなく、後半30分に酒井が競り合ったこぼれ球からクロスを上げられ、ファーサイドでブナ・サールが競ったが届かずベリッチに押し込まれ同点。

そこからにわかにマルセイユが攻勢に出るも、DFラインの押し上げが足らずセカンドボールをサンテティエンヌに拾われ、なかなか連続攻撃を仕掛けられない。ロスタイムにはPA内でトヴァンがフリーでシュートを打つ決定機を作ったが、サンテティエンヌGKリュフィエのファインセーブに阻まれ2-2のドローで試合終了。

酒井自身の出来は、結果オーライとは言えアシストは記録したし、守備も他の選手に比べると安定していたが、フランスカップから中2日での試合になったチームの消極的な姿勢の犠牲にはなってしまったかなと。カップ戦でアマヴィが復帰し、ブナ・サールが失点に絡んだので右SBへの復帰があるかもしれないね。

 

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑