「酒井の結果オーライアシストも、チームの省エネがたたってドローに終わる」フランス・リーグアン第25節 サンテティエンヌ-マルセイユ

スポンサードリンク

昨日は別の用事があってサッカーが見られず、昨日の深夜に行われたリーグアンのマルセイユとサンテティエンヌの試合をDAZNで観戦。

雪が降るサンテティエンヌのホームで行われた試合は、マルセイユがジェルマン1トップに2列目がパイェ、サンソン、トヴァンの4-2-3-1で、酒井は左SBで出場。対するサンテティエンヌは4-4-2のフォーメーションで、ドルトムントからフリートランスファーで移籍したスポティッチが右CBで先発している。

試合は序盤からサンテティエンヌが積極的にサイドを使って攻めるも、4分にオーバーラップした酒井のクロスが相手にかすり、そのボールがトヴァンの前に飛んでダイレクトで叩いたシュートがファーに決まってアウェイのマルセイユが先制点をゲットする。

が、前半9分にマルセイユは右サイドでCBのラミが抜かれ、ロランドがサイドへ釣り出されてPA内では酒井が1対2の数的不利になり、ファーにいたモネ・パケにボールが渡ってルイス・グスタヴォのカバーも間に合わずゴール、サンテティエンヌがすぐさま同点に追いつく。

マルセイユは右SHのとヴァンガ激しくマークされて左からしか攻撃が出来なかったが、20分にようやく右SBのブナ・サールが突破すると、クロスを中に飛び込んだサンソンがきっちり合わせて再びリード。

その後はサンテティエンヌのペースも落ち着いて静かな展開になったと思ったが、前半のロスタイムにPA内で抜け出されてロランとラミのカバーでかろうじて防ぐピンチを作られ、後半早々にもシュートミスにはなったがクロスからフリーで決定的な場面を作られるなど、前節のリーグでメス相手に3失点したマルセイユの守備は相変わらず安定しない。

後半は前からプレッシャーをかけて来るサンテティエンヌに対し、マルセイユはカウンターを狙わずボールを奪っても自陣でボールを落ち着かせるサッカーをするが、そんな消極的な姿勢で守りきれるはずもなく、後半30分に酒井が競り合ったこぼれ球からクロスを上げられ、ファーサイドでブナ・サールが競ったが届かずベリッチに押し込まれ同点。

そこからにわかにマルセイユが攻勢に出るも、DFラインの押し上げが足らずセカンドボールをサンテティエンヌに拾われ、なかなか連続攻撃を仕掛けられない。ロスタイムにはPA内でトヴァンがフリーでシュートを打つ決定機を作ったが、サンテティエンヌGKリュフィエのファインセーブに阻まれ2-2のドローで試合終了。

酒井自身の出来は、結果オーライとは言えアシストは記録したし、守備も他の選手に比べると安定していたが、フランスカップから中2日での試合になったチームの消極的な姿勢の犠牲にはなってしまったかなと。カップ戦でアマヴィが復帰し、ブナ・サールが失点に絡んだので右SBへの復帰があるかもしれないね。

 

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「タフな最下位相手に、乾は縁の下の力持ちでフル出場」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 ウエスカ-アラベス

前節は乾の2試合連続ゴールもエイバルに引き分けてしまったアラベスは、現...

記事を読む

「伊東がベルギー初ゴールにアシスト、その結果は戦術的な特権によるもの?」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第30節 ズルテ・ワレヘム-ゲンク

11位のズルテ・ワレヘムと、リーグ首位のゲンクが対戦するレギュラーシー...

記事を読む

「長谷部と久保の日本人対決だったが、予想以上に攻守の絡みが薄かった」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フランクフルト-ニュルンベルク

現在公式戦3試合連続シャットアウトと、長谷部が率いる守備が好調なフラン...

記事を読む

「ザックジャパンにおける本田を思わせる、リャイッチと香川の関係性」トルコ・スュペル・リグ第26節 ベジクタシュ-ギョズテペ

現在リーグ3位のベジクタシュは、香川とリャイッチ、クアレスマを初めて同...

記事を読む

「”先の先”を取る動きでインテルの反撃を封じ込めた長谷部の極意」UEFAヨーロッパリーグ ベスト16第2レグ インテル-フランクフルト

第1戦のフランクフルトホームでの試合をスコアレスドローで折り返した、イ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑