「長谷部が試合を整えるまでもなく、勝手に自壊してしまった武藤不在のマインツ」DFBポカール 準々決勝 フランクフルト-マインツ

スポンサードリンク

残念ながら武藤は腰と背中の怪我で欠場していたが、昨日はDFBポカールの準々決勝、ライン・マイン・ダービーの組み合わせになったフランクフルトとマインツの試合を観戦。

マインツはここまで勝ち残っているとは言え、リーグでは16位で残留争いの真っ最中とあって余裕が無く、前節の試合から選手を8人入れ替えて来た。それに対してリーグでは6位と好調、昨年はドルトムントに敗れて準優勝に終わったのもあってか、先発は4人だけ替えたフランクフルト。試合は、まさにそのチームの意気込みがもろに結果へ反映された格好になった。

フランクフルトのフォーメーションは3-4-3で長谷部はいつものリベロで出場、対するマインツは4-2-3-1の形。フランクフルトはボールを奪うと素早くウイングやWBにサイドチェンジを送り、サイドの高い位置で基点を作り、1トップに入ったハラーの体の強さを活かす狙いが見えるのに対し、マインツは寄せ集めの選手で攻撃の形が無く、ボールを奪ったらとにかく前に早く送ろうとするのだが、長谷部を中心としたフランクフルト守備陣はそれをしっかり読んでボールを摘み取っていく。

すると前半17分、マインツはバックパスを受けたGKアドラーがボールの処理にもたつき、レビッチのショルダータックルでボールを奪われると、ヴォルフのパスを受けたレビッチが自身で押し込みフランクフルトが相手のミスでラッキーな先制点をゲットする。

後半になると、フランクフルトがややプレスを弱めてゾーンを固める守備に変更したのもあって、マインツは中盤で細かくパスを繋ぎ、ブロジンスキの強引なサイド突破などでチャンスを作るなどペースを握ったかと思ったのだが、後半8分に左サイドに流れたハラーのクロスに対し、マインツDFハックが足を出して当てたボールが、GKアドラーがクロスに反応して動いた逆を突いてしまいゴールイン。

さらに後半16分、相手のバックパスを受けようとしたハックが中途半端にトラップ、そこをフランクフルトのマスカレルがサクッとカット、そのままGKとの1対1を冷静に流し込み、フランクフルトが全部相手のミスから3点目。その後はマインツも反撃の意欲を失ったのか、後半30分ぐらいからマインツの運動量が落ちてフランクフルトが試合をコントロール。審判も90分を待たずに試合終了のホイッスルを鳴らし、フランクフルトがベスト4に進出した。

マインツにしてみたら負けてもともとの試合だったかもしれないが、全部ミスで3-0の敗戦というのはチームの士気に影響しそうな感じである。そこを武藤の力で再びチームのムードを盛り上げて欲しいところだが・・・逆にフランクフルトは前節でアウグスブルクに0-3と大敗した鬱憤を晴らす勝利。これが良い切り替えになってくれる事を願いたい。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ2部編)

ブンデスリーガ2部 ドイツ2部は、何と言っても昨年降格して今年は再昇...

記事を読む

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ1部編)

ブンデスリーガ1部 U-20W杯の試合もあって飛び飛びのアップになっ...

記事を読む

「単なるゾーン守備だけでは、バイエルンもライプツィヒも大迫を止められない」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ライプツィヒ

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。ブレーメンは数字的にはE...

記事を読む

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルト...

記事を読む

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ブラジルでは借りてきた猫のようなカタール、グループリーグで敗退」コパ・アメリカ グループB アルゼンチン-カタール

今朝、日本対エクアドルの試合が行われたんだけど、当然ながら悲しき勤め人...

「攻め達磨の名古屋、疲れて守れず火だるまになってしまう」J1第16節 名古屋グランパス-清水エスパルス

清水の戦い方ははっきりしていて、守備時は4-4-1-1のコンパクトなゾ...

「ベテランの意地が手繰り寄せた、一握りのチャンスをモノに出来るかどうか」コパ・アメリカ グループC 日本-ウルグアイ

試合から1日経った戦評なので、細かい展開については省略するが、チリ戦よ...

「既にキャッチアップ、追い越されている現実を直視できない高倉ジャパン」フランス女子ワールドカップ グループD 日本-イングランド

日本は他グループの結果によって、既に3位以上での決勝トーナメント進出が...

中田以来15年ぶりに、ボローニャへ日本人選手が移籍する?

初っ端に久保のレアル・マドリー移籍という巨大爆弾が炸裂したおかげで、ど...

→もっと見る

PAGE TOP ↑