「いきなりデビュー戦で2ゴールのバチュアイは、ドルトムントの救世主になれるのか?」ドイツ・ブンデスリーガ第21節 ケルン-ボルシア・ドルトムント

スポンサードリンク

昨日からの連日観戦になってしまうけど、オーバメヤンとの交換になった形でドルトムントに加入したバチュアイが早速先発で出場し、ケルン相手に2ゴールを決めて勝利したというニュースを聞いて、これは試合を見ないわけには行かなかったね。

大迫が風邪で欠場したケルンは、今節はテロッデとギラシの2トップが並ぶ4-4-2、対するドルトムントは1トップがそのバチュアイで、ウイングがシュールレとプリシッチ、中盤がダフード、香川、ヴァイグルの4-3-3。

で、ドルトムントの何かが大きく変わったかというとそうではなく、前半12分にはいきなりサイドを破られてヨイッチに決定的なシュートを打たれるも、ドルトムントGKビュルキが何とか防ぐシーンを作られたように、相変わらずアンカーの横のスペースを使われ、SBの裏へ通される欠点は残ったまま。

ただ、大迫を欠いたケルンの攻撃にはさほど怖さがなく、その後はドルトムントが試合をコントロール。アンカーの位置ではヴァイグルがどっしりと構え、香川と並んでインサイドハーフに入ったダフードはキープ力があってボールをしっかり捌けるので、この3人が今のドルトムントでは一番中盤に安定感があるように思う。

それまで何度かチャンスはあったが決められなかったドルトムントは、前半35分に香川の展開からトルヤンがドリブルで左サイドをえぐり、中に居たバチュアイがきっちり合わせてようやく先制点をゲットする。さらに43分にも香川のワンタッチパスから最後はバチュアイがネットを揺らすもこれはオフサイドの判定。

ただ、どうしても最後まで守りきれないのが今のドルトムントで、後半16分に相手陣中央でプリシッチがドリブルを仕掛けるもあっさりボールを奪われると、カウンターからハインツがシュート、これはビュルキがかろうじて手に当てるも、こぼれ球をツォラーに頭でねじ込まれてケルンが同点に追いつく。が、その直後にドルトムントもGKのキックをケルンがカットしたところを奪い返し、パスを受けたバチュアイが右からきっちり決めて再びリードする。

そこからは互いにスペースが空いてゴール前でのシーンが多くなり、ケルンはカウンターから2トップの一方がサイドに流れ、中へシンプルにクロスを送る攻撃が機能し始めると、後半23分に香川が必死のスライディングでピンチを防いだと思った次の瞬間、ケルンはCKからメレがヘディングを決めてまたも同点に追いついてしまう。

しかし後半38分にドルトムントはカウンターからサンチョのパスを受けた香川がサイドへ展開すると、バチュアイ、シュールレとパスが渡って最後はシュールレが右足のミドルを叩き込んでドルトムントが再逆転、3人目の交代直後にサンチョが怪我で退くアクシデントがあり、その後はドルトムントが防戦一方になったが何とか最後まで守りきって試合終了。

これでドルトムントは4試合ぶりの勝利となり、2得点を決めたバチュアイ様様といった結果になったが、確かにゴール前でのポジショニングは今までドルトムントには居なかったストライカーらしい嗅覚が感じられたものの、やはりまだ消えている時間も多く、攻撃の組み立てという部分ではまだまだ課題は残っているように思う。

まあ、それでも随所に体の強さは感じられたし、今までボールの預けどころに困っていた香川にとってもやりやすそうな感じだったので、これからどんどんドルトムントの攻撃が良くなる可能性は高いように思う。今後も彼のプレイに注目していきたいところだね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ2部編)

ブンデスリーガ2部 ドイツ2部は、何と言っても昨年降格して今年は再昇...

記事を読む

2018-2019シーズン海外組通信簿(ドイツ1部編)

ブンデスリーガ1部 U-20W杯の試合もあって飛び飛びのアップになっ...

記事を読む

「単なるゾーン守備だけでは、バイエルンもライプツィヒも大迫を止められない」ドイツ・ブンデスリーガ第34節 ブレーメン-ライプツィヒ

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。ブレーメンは数字的にはE...

記事を読む

「泥臭い仕事しか出来なかった姿が、今期の原口を象徴していた」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ハノーファー-フライブルク

まだ数字上は可能性が残っているとは言え、プレーオフ圏のシュツットガルト...

記事を読む

「大迫の美しいアシストは幻に消えるも、フル出場での奮闘でチームは勝利」ドイツ・ブンデスリーガ第33節 ホッフェンハイム-ブレーメン

いよいよドイツ・ブンデスリーガもあと2試合。一応はまだヨーロッパリーグ...

記事を読む

新着記事

「日本の土俵に上がってくれたスコットランドの”優しさ”を活かせるか」フランス女子ワールドカップ グループD 日本-スコットランド

初戦は”格下”アルゼンチンに守り切られてまさかのドロー発進になってしま...

記事を読む

久保建英の行き先は、バルサではなく不倶戴天の敵レアル!

「マドリーが“日本の真珠”久保建英をバルサから奪う」とスペイン紙が報道...

記事を読む

「へっぴり腰の日本、失点してからちょっとだけ火がついてPK戦勝ち抜け」トゥーロン国際大会 準決勝 日本-メキシコ

トゥーロン国際大会の準決勝、日本の相手はグループCを2位で通過したメキ...

記事を読む

久保建英は小野というよりも中田の再来かもしれない

昨日は図らずも仕事が遅くなってしまったので、試合を何かまるまる見るのは...

記事を読む

「若い世代が空回り、横綱相撲で勝てる時代はとっくに終わっている」フランス・女子ワールドカップ グループH 日本-アルゼンチン

フランス女子ワールドカップが開幕、なでしこジャパンの初戦はアルゼンチン...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「日本の土俵に上がってくれたスコットランドの”優しさ”を活かせるか」フランス女子ワールドカップ グループD 日本-スコットランド

初戦は”格下”アルゼンチンに守り切られてまさかのドロー発進になってしま...

久保建英の行き先は、バルサではなく不倶戴天の敵レアル!

「マドリーが“日本の真珠”久保建英をバルサから奪う」とスペイン紙が報道...

「へっぴり腰の日本、失点してからちょっとだけ火がついてPK戦勝ち抜け」トゥーロン国際大会 準決勝 日本-メキシコ

トゥーロン国際大会の準決勝、日本の相手はグループCを2位で通過したメキ...

久保建英は小野というよりも中田の再来かもしれない

昨日は図らずも仕事が遅くなってしまったので、試合を何かまるまる見るのは...

「若い世代が空回り、横綱相撲で勝てる時代はとっくに終わっている」フランス・女子ワールドカップ グループH 日本-アルゼンチン

フランス女子ワールドカップが開幕、なでしこジャパンの初戦はアルゼンチン...

→もっと見る

PAGE TOP ↑