「ドルトムント”攻め攻め病”の主原因となってしまっていた香川」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ボルシア・ドルトムント-フライブルク

スポンサードリンク

昨日の深夜に、ドルトムントはケルン戦で勝利を収めたのだが、さすがにそこまで起きているなんて無理だったので、昨晩はその前のフライブルク戦の録画を見ていた。

ここ9試合でわずか1敗と絶好調なフライブルクのフォーメーションは、何と5-2-3という今時珍しい形。これだと中盤の両サイドがスカスカになりそうなものなのだが、とにかく3トップが走り回って相手のDFにプレスをかけ続け、中盤でボールを持たれるとスッと全体が下がって5バックのブロックを作るメリハリが凄まじい。

対するドルトムントは4-3-3で、中盤はアンカーがシャヒン、インサイドハーフが香川とカストロという形なのだが、シャヒンもカストロもバランサーであって決して潰し屋ではなく、香川はフラフラとトップ下の位置に上がってしまう事が多く、フライブルクのカウンターをあっさり許してしまう場面が多かった。

そしてアーセナルへの移籍が決まり、この試合がドルトムントでの最後の試合となったオーバメヤンは、この時点ではまだ移籍が決定していなかったせいか見るからにモチベーションが低くてオフ・ザ・ボールの動きが皆無、プリシッチはコンディションが悪いのかプレイに切れがなく、ドリブルを仕掛けてはロストをする始末で、前線で元気だったのは左ウイングのサンチョのみ。

それでもドルトムントは前半9分に、ゴール前での連続攻撃からピシュチェクがシュートを放ち、これはフライブルクGKギキェヴィチがセーブしたものの、浮いたこぼれ球を香川がバイシクル気味のボレーを決めて先制点を決める。

が、そこからは案の定ドルトムントが攻めあぐね、21分に右サイドからニアゾーンにパスをつながれ、クロスをペテルセンに押し込まれて同点に。ドルトムントも38分にオーバメヤンのヘディングという決定機があったが、逆に前半終了間際に右からのクロスにサンチョがボールウォッチャーになってしまい、フリーでシュートを打たれるも何とかドルトムントGKビュルキがゴールラインギリギリで掻き出して前半を終了する。

後半からドルトムントはゲッツェを投入、これでインサイドハーフがゲッツェと香川という並びになり、さらに前がかりになるドルトムント。14分にニアゾーンに飛び込んだ香川がサンチョからのパスをダイレクトでシュートという決定機を作るも、後半22分にシャヒンが自陣でミスパス、これを拾ったペテルセンがロングシュート、前に出ていたビュルキが必死で戻るが届かずゴールイン、とうとうフライブルクに逆転されてしまう。

そこからはフライブルクが守備を固め、ドルトムントはイサクを入れて2トップ、香川とゲッツェのダブルボランチという4-4-2に変更、ほぼハーフコートゲームになる。しかし後半28分には左からのクロスをピシュチェクが真ん中フリーでヘディングするもゴールキーパー正面と、ドルトムントはいろんな形で攻め続けるのだが点だけが取れない。

そしてドルトムントが敗色濃厚になったロスタイム2分、途中出場のヤルモレンコがパワープレイでクロスを放り込むと、相手のクリアしたボールがトルヤンの前にこぼれ、これをダイレクトで叩き込んでドルトムントが何とか同点、そして試合終了。

シュテーガー監督になって、ドルトムントもようやく守備が整備されたチームになるかなと思ったのだが、蓋を開けてみればトゥヘルやボス監督と変わらない攻めダルマになってしまうのだから、ドルトムントの病は深いよね(笑)。その原因は香川とゲッツェの中盤起用、そしてアンカーの人材不足にあるのは明白なんだけど、結局ここに補強はしなかったし、果たしてドルトムントの後半戦は大丈夫なんだろうか。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「貧乏くじの臭いを感じて(?)チームを離れる原口、残される宇佐美の運命は」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第34節 ニュルンベルク-デュッセルドルフ

ともに来期はブンデス1部への昇格が確定しているチーム同士の今期最終戦。...

記事を読む

「HSVの初降格に発煙筒が投げ込まれるも、伊藤を筆頭とした選手の奮闘には温かい拍手」ドイツ・ブンデスリーガ 第34節 ハンブルガーSV-ボルシアMG

長かったドイツ・ブンデスリーガも今節が最終戦。他力本願ではあるがわずか...

記事を読む

「日本代表候補選手の中で、ハリルホジッチの更迭を喜んで良いのは武藤だけ」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 マインツ-ライプツィヒ

現在は降格圏内から逃れているものの、これからの対戦相手を考えれば全く楽...

記事を読む

「HSV奇跡の残留に向けて、伊藤達哉がキレキレの実質2アシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ヴォルフスブルク-ハンブルガーSV

ドイツ・ブンデスリーガも残り3節。完全に後がないHSVは、プレーオフ圏...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑