「話題では森岡の陰に隠れ(?)、試合でも影が薄かった久保」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ 第24節 クラブ・ブルージュ-ヘント

スポンサードリンク

昨日、ワースラント・ベヴェレンの森岡が現在ベルギーリーグ3位のアンデルレヒトに移籍したのと対照的に、ちょっと最近は話題が少なくなっている久保。しかし今節、現在リーグで圧倒的な首位に立っているクラブ・ブルージュを、アウェイのヘントが2-0で破ったというニュースが飛び込んで来たので、久々に試合を見ることに。

フォーメーションはホームのブルージュが3-4-1-2で、ヘントが4-2-3-1。この形だとブルージュが4トップのようになってヘントを攻め立てるのかと思いきや、意外にもそういう時間帯は序盤だけで、ヘントはトップ下に入った久保が、1トップのシラが左右に流れて出来たスペースに飛び出すセカンドトップのような役割でボールを引き出し、途中からは比較的ヘントが試合をコントロールする流れになる。

しかしブルージュのほうもすぐさま久保に対してボランチのクラーシがマンマークで張り付くようになり、ヘントはサイドの高い位置で起点は作るのだが、ブルージュの3バックは中央が固くてマークを受けた久保もゴール前でボールを受けられず、チャンスらしいチャンスは前半35分に久保がスルーパスからDFラインを抜け出した場面ぐらいで、それもブルージュDFヴァンレルベルゲが必死に戻ってシュートは打てず。

後半になるとブルージュがボールを支配するようになるのだが、ヘントは固くコンパクトなゾーンを作って容易にはブルージュの攻撃を許さない。そんな中で久保は攻守で活発な動きを見せ、何度もDFラインの裏への動き出しを見せるのだが、味方からは相変わらずパスが出て来ず試合はすっかり膠着状態。

そしてようやく後半20分に試合は動き、カルーのCKからアンドリヤシェビッチがヘディングを放つと、ボールはDFとポストに当たってゴールイン、アウェイのヘントが大きな先制点をゲット。さらに久保が退いた直後の後半32分、ミドルシュートのこぼれ球を拾ったヤレムチュクが右サイドから切れ込もうとしたところでDFに倒されPK。サミュエル・ジゴのキックはブルージュGKガブロフに阻まれたが、走り込んだカルーが無事押し込んで2点目。

ブルージュも後半34分にFKからビッグチャンスを作るが、最初に至近距離からディアビに打たれたシュートはGKカリニッチが体に当て、こぼれ球のシュートもジゴが足でギリギリ防いで失点を許さない。その後はブルージュに大きなチャンスはなく、ロスタイム3分を消費して2-0で試合終了、ヘントがプレーオフ1進出に向けてアウェイで大きな金星を挙げた。

久保は途中からマンマークを張り付けられ、オフ・ザ・ボールの動きも積極的だったけど、イエローを1枚もらっただけで個人的にはあまり報われず。この試合に関しては、チームが快勝したのでひとまず良しとしないとね。次は結果を残せるように頑張れ。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「森岡も好機を逸し、優勝まで手が届くところからCL圏も危うくなったアンデルレヒト」ベルギー・プロリーグ プレーオフ アンデルレヒト-スタンダール・リエージュ

昨晩はたまたまDAZNを開いたら、ちょうどアンデルレヒトの試合がLIV...

記事を読む

「森岡がロシアW杯のメンバーに入るカギとなるフォーメーション」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第4節 アンデルレヒト-クラブ・ブルージュ

今週はいろいろ用事が立て込んでいて、なかなか集中して2時間をサッカー観...

記事を読む

「プレーオフ初戦の日本人対決は、どちらにとっても少しほろ苦い試合に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ プレーオフ1 第1節 アンデルレヒト-ゲント

ベルギー1部リーグもレギュラーシーズンが終了し、これからは上位6チーム...

記事を読む

「電光石火のヘディングゴールで森岡が勝利をもたらすも、個人・チームともに課題は残る」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第29節 ズルテ・ワレヘム-アンデルレヒト

前節のムスクロン戦では、チームとしては6試合ぶりの勝利を森岡の2ゴール...

記事を読む

「やっとチームが森岡を理解し始めたアンデルレヒト、しかし終盤は思いもよらぬ展開に」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第28節 アンデルレヒト-ムスクロン

移籍直前の試合でハットトリックを決めるなど絶対的なエースだった、アルジ...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑