「無失点で長谷部完全復活、これでロシアW杯は万全か?」ドイツ・ブンデスリーガ第20節 ボルシアMG-フランクフルト

スポンサードリンク

長谷部が怪我で欠場してからは、あまりフランクフルトの動向は追っていなかったんだけど、その後も12月のバイエルンとの試合に負けてからは5戦負け無しで7位に浮上、今節はホームでチャンピオンズリーグ争いのライバルであるボルシアMGとの対戦。

こういう場合だとウイニングチームネバーチェンジの鉄則から言って、長谷部は控えに回りそうなものだけど復帰後はしっかり先発に名を連ね、ニコ・コバチ監督の信頼度が絶大である事を実感させられる。

その長谷部は3バックのセンター、リベロとなっての出場、フォーメーションは3-1-4-2。対するボルシアMGは3-4-2-1という形で、マッチアップ的には中盤がミスマッチとなり、試合は互いにパスを繋ぎ合う展開で始まる。

ポゼッション的には、WBが高い位置を取ってワイドに攻めるボルシアMGがやや上回る展開になるが、フランクフルトも守備時には6バックでスペースを埋め、長谷部は1トップのアザールをしっかりマークし、相手にシュートを打つチャンスを作らせない。

逆にフランクフルトのほうが、カウンターからレビッチのポストをかすめるシュートなど2度ほどチャンスを作っていて、ゲームプランが上手く運んでいる印象。と思っていたら、前半33分に長谷部のバックパスがミスになってピンチを作ったが、何とか味方のカバーに救われる。

しかしフランクフルトは前半42分、左サイドで縦パスを受けたチャンドラーが、対面のヘアマンを抜き去りドリブルで突破、グラウンダーのクロスを後ろから飛び込んで来たボアテングがきっちり合わせ、フランクフルトが狙い通りの形で先制点をゲットする。

後半になるとリードを許したボルシアMGが、若干18歳の若手フランス人、キュイザンスを中心に猛攻を仕掛け、11分にはカウンターからヘアマンがクロスバーを直撃するシュートを放つなどボルシアMGが一気の猛攻を仕掛けるが、フランクフルトも長谷部を中心に5-4-1のようになりながら必死で相手の攻撃を耐え忍ぶ。

後半30分を過ぎて、若干ボルシアMGに攻め疲れの雰囲気が出て来たように見えたが、そういう時に限って試合は動くもので、ザカリアからのパスを受けたシュティンドルに対し、ボアテングが後ろから体を軽く当てただけのように見えたが、シュティンドルが空振って倒れたのを見て主審はPKと判定してしまう。しかしこの絶体絶命のピンチは、アザールのキックがクロスバーに当たってノーゴールに終わってしまう。

その後もボルシアMGはカウンターから決定的なシュートを打たれるが、長谷部が何とか足に当てて勢いを殺し、GKフラデツキーがしっかりキャッチ。すると逆に後半ロスタイム、フランクフルトは一発のロングボールからカウンターで抜け出し、最後はバルコクからの横パスを受けたヨヴィッチが2点目を突き刺し、試合はそのまま2-0でフランクフルトが勝利した。

 

この時点でフランクフルトは暫定2位、その後の結果で暫定6位にまで順位自体は下がったが、勝ち点はドルトムントやボルシアMGと並び、3位のライプツィヒが引き分けに終わったために勝ち点1差まで迫り、完全にチャンピオンズリーグ出場権を狙える状況になった。

長谷部はリベロという役割だったが、この試合はほとんど攻撃参加せずDFを統率する役割に終始、ミスはあったが十分な働きで無失点に貢献した。コンディション的にも問題は無さそうで、ロシアW杯の日本代表にとっても心強い、フランクフルトの試合であった。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「走るようになった事と引き換えに、天才から凡人になった?宇佐美」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 デュッセルドルフ-ボルシア・ドルトムント

既にブンデスリーガは17節まで行われているんだけど、宇佐美のアシストが...

記事を読む

「代表にとって、新しい内田篤人になれるポテンシャルを見せた原口」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 マインツ-ハノーファー

原口が10番を背負って移籍したものの、これまでは上手くチームにフィッ...

記事を読む

「ガラガラポンで当たりを見つけたバイエルン、当たっているのにスルーしてしまうブレーメン」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

昨日はせっかく試合を見ながら戦評を書いていたのに、何故か朝になるとその...

記事を読む

「やっぱり今のバイエルンには、あの人の”整い力”が欠けている」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 バイエルン・ミュンヘン-デュッセルドルフ

昨日は、宇佐美にとっては先発での古巣対決となったバイエルン・ミュンヘン...

記事を読む

新着記事

「ベトナム、中国の赤い旋風が吹き荒れる?」アジアカップ準々決勝の展望

残念ながら日本戦はしょっぱい内容と結果ばかりで残念だけど、アジアカップ...

記事を読む

「サウジ相手にボールポゼッション率が23.8%のサンドバッグ、見たかこれが”ジャパンズウェイ”だ!」アジアカップ ベスト16 日本-サウジアラビア

中3日で迎えた決勝トーナメント1回戦。日本の先発は、GK権田、DF長友...

記事を読む

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「まざまざと見せつけられた鎌田との立ち位置、関根はゼロから積み上げるしか無い」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-ゲンク

今週からウィンターブレイクとなったベルギーリーグ、シント・トロイデンは...

記事を読む

「前がかりになって、カウンターとセットプレイで沈むのは日本だけでは無かった」アジアカップ グループE サウジアラビア-カタール

次の決勝トーナメント1回戦で日本と当たるチームがサウジに決まったので、...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑