「柴崎にもプレイリズムの歯車が狂うって事があるんだね」スペイン・リーガエスパニョーラ第20節 ヘタフェ-アスレティック・ビルバオ

スポンサードリンク

昨日は仕事が長引いてテレビを見始めた時間が遅かったので、ヘタフェとビルバオの試合を柴崎が出ていた時間まではしっかり観戦、後は若干飛ばし気味に消化する事に。

ヘタフェもビルバオもフォーメーションは同じ4-2-3-1だが、ヘタフェは柴崎がセカンドトップになった静的な4-4-1-1気味なのに対し、ビルバオはビルドアップではSBが高く上がってボランチの1人が下がって3バック気味になり、守備時には5バックになってスペースを潰し、攻撃時には2列目がFWの位置に上がって2トップになったりと縦のポジションチェンジが盛んなスタイル。

そのため、サイドが高い位置からプレッシャーをかけるビルバオに対してヘタフェが受けに回る事が多くなり、FWのモリーナとトップ下の柴崎が孤立しがちで、柴崎もロングボールを受ける前にマークに付いている相手に対して、一度体をぶつけて距離を開けてからヘディングしたりと、対人で何とか工夫をするが劣勢は避けられず、なかなか前を向いてボールに触ることが出来ない。

しかもたまにプレイ機会が訪れても、この試合の柴崎はコンディションが悪いのかパスを相手に引っ掛けたりコースが合わなかったりと珍しくミスが多かった。柴崎は比較的ゾーンを守ってフラフラと中盤に降りて来たりしないので、余計に少ない機会でのミスが目立ってしまう結果になっていた。

試合は、前半12分にビルバオが左からサイドチェンジを繰り出すと、右にいたウィリアムスがダイレクトで合わせると、おそらくクロスのつもりだったのだろうがスライスがかかってゴールに飛び込みビルバオが先制する。が、ヘタフェは前半19分、相手のミスからポルティージョがスルーパス、これに反応したモリーナが抜け出してビルバオGKエレリンを交わしにかかったところで倒されPK、1-1に追いついて前半を折り返す。

ビルバオは後半早々の2分に、FKからゴール前の競り合いで後半から入ったモリネロが体を掴んだと判定されPKをゲットし再びリードするが、その2分後にはオフサイド気味だったがモリーナが右サイドを抜け出し、またPA内で倒され2度目のPK。これで同点かと思いきや、モリーナのキックはエレリンに阻まれて雪辱されてしまう。

後半も1度クロスを上げたぐらいで試合から消えていた柴崎は後半11分で交代、アンヘルを入れて2トップにしたヘタフェは、後半25分過ぎに猛攻を仕掛け、連続攻撃から最後はポルティージョがダイレクトで落としたボールを、中へ飛び込んだアンヘルがトーキックで押し込みヘタフェが同点、その後もヘタフェは6本のシュートを放ったが最後まで勝ち越せず、試合は2-2のドローで終了した。

柴崎は調子が悪いなりに、盛んにスペースへと飛び出す動きを見せるなどトップ下らしい仕事をこなしていたが、ここまでプレスがきつくてスペースが生まれないと、展開に応じてボランチに下げる方策も検討すべきだと思うんだけどね。ま、それだけ柴崎のチャンスメイク能力を監督が買っている裏返しでもあるだけに、やはりもどかしいところである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「チームメイトから胴上げされ、”日本人は下手くそ”というレッテルを上書きした乾」スペイン・リーガエスパニョーラ第37節 エイバル-ラス・パルマス

リーガ・エスパニョーラ1部も残り2試合。欧州戦への可能性が無くなったエ...

記事を読む

「凡百な日本人選手とは優先順位が正反対な、柴崎の試合への入り方」リーガ・エスパニョーラ第36節 ヘタフェ-ラス・パルマス

第35節終了時点でヨーロッパリーグ圏内の7位につけているヘタフェは、既...

記事を読む

「プレイ機会は少なかったが、1G1Aを含めて3点に絡んだ乾の効率性」リーガ・エスパニョーラ第36節 ジローナ-エイバル

リーグの6位に追いつくのは難しい状況だが、今期は7位までヨーロッパリー...

記事を読む

「ベティスへの移籍問題とエースの復帰で、ピッチでも少し微妙な立場になった乾」リーガ・エスパニョーラ 第30節 エイバル-レアル・ソシエダ

ここ3試合は未勝利で、リーグ戦の順位も10位と失速しつつあるエイバル。...

記事を読む

「せっかく乾がカルバハルを抑えていたのに、マルセロ番に回ったとたんに悲劇が」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 エイバル-レアル・マドリー

あまり贔屓チームの負け試合は見たくない方なんだけど、やはりレアルと最小...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑