「柴崎にもプレイリズムの歯車が狂うって事があるんだね」スペイン・リーガエスパニョーラ第20節 ヘタフェ-アスレティック・ビルバオ

スポンサードリンク

昨日は仕事が長引いてテレビを見始めた時間が遅かったので、ヘタフェとビルバオの試合を柴崎が出ていた時間まではしっかり観戦、後は若干飛ばし気味に消化する事に。

ヘタフェもビルバオもフォーメーションは同じ4-2-3-1だが、ヘタフェは柴崎がセカンドトップになった静的な4-4-1-1気味なのに対し、ビルバオはビルドアップではSBが高く上がってボランチの1人が下がって3バック気味になり、守備時には5バックになってスペースを潰し、攻撃時には2列目がFWの位置に上がって2トップになったりと縦のポジションチェンジが盛んなスタイル。

そのため、サイドが高い位置からプレッシャーをかけるビルバオに対してヘタフェが受けに回る事が多くなり、FWのモリーナとトップ下の柴崎が孤立しがちで、柴崎もロングボールを受ける前にマークに付いている相手に対して、一度体をぶつけて距離を開けてからヘディングしたりと、対人で何とか工夫をするが劣勢は避けられず、なかなか前を向いてボールに触ることが出来ない。

しかもたまにプレイ機会が訪れても、この試合の柴崎はコンディションが悪いのかパスを相手に引っ掛けたりコースが合わなかったりと珍しくミスが多かった。柴崎は比較的ゾーンを守ってフラフラと中盤に降りて来たりしないので、余計に少ない機会でのミスが目立ってしまう結果になっていた。

試合は、前半12分にビルバオが左からサイドチェンジを繰り出すと、右にいたウィリアムスがダイレクトで合わせると、おそらくクロスのつもりだったのだろうがスライスがかかってゴールに飛び込みビルバオが先制する。が、ヘタフェは前半19分、相手のミスからポルティージョがスルーパス、これに反応したモリーナが抜け出してビルバオGKエレリンを交わしにかかったところで倒されPK、1-1に追いついて前半を折り返す。

ビルバオは後半早々の2分に、FKからゴール前の競り合いで後半から入ったモリネロが体を掴んだと判定されPKをゲットし再びリードするが、その2分後にはオフサイド気味だったがモリーナが右サイドを抜け出し、またPA内で倒され2度目のPK。これで同点かと思いきや、モリーナのキックはエレリンに阻まれて雪辱されてしまう。

後半も1度クロスを上げたぐらいで試合から消えていた柴崎は後半11分で交代、アンヘルを入れて2トップにしたヘタフェは、後半25分過ぎに猛攻を仕掛け、連続攻撃から最後はポルティージョがダイレクトで落としたボールを、中へ飛び込んだアンヘルがトーキックで押し込みヘタフェが同点、その後もヘタフェは6本のシュートを放ったが最後まで勝ち越せず、試合は2-2のドローで終了した。

柴崎は調子が悪いなりに、盛んにスペースへと飛び出す動きを見せるなどトップ下らしい仕事をこなしていたが、ここまでプレスがきつくてスペースが生まれないと、展開に応じてボランチに下げる方策も検討すべきだと思うんだけどね。ま、それだけ柴崎のチャンスメイク能力を監督が買っている裏返しでもあるだけに、やはりもどかしいところである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「大迫は腰の異常で交代、しかしエッゲシュタインのドッペルパックでチームは快勝」ドイツ・ブンデスリーガ第9節 シャルケ-ブレーメン

開幕から6試合勝ちが無かったが、ここに来てようやく公式戦3連勝と調子が...

記事を読む

「ヨヴィッチの5得点大爆発を後ろで支えた、カイザー長谷部の絶妙なラインコントロール」ドイツ・ブンデスリーガ第8節 フランクフルト-デュッセルドルフ

昨日は身内に不幸があってお通夜に行っていたので、試合のレポートはごく簡...

記事を読む

「マラドーナの神の手と五人抜き、現代の試合だったら果たして実現したプレイだったのか?」メキシコW杯 準々決勝 アルゼンチン-イングランド

昨日は身内に不幸があり、ドタバタしていて結局アップ出来なかったんだけど...

記事を読む

誰もが絶賛したウルグアイ戦、手放しでは賛同できないこれだけの理由

昨日は録画とは言え、情報を遮断した後の観戦だったので戦況に気を取られ、...

記事を読む

「ハリルホジッチの解任とロシアでの不選出を受けて、真に”縦に速いサッカー”を会得した日本」キリンチャレンジカップ 日本-ウルグアイ

日本はパナマに快勝、ウルグアイは韓国相手に1-2で敗れた結果を受けての...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑