「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

スポンサードリンク

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレイク中に胃腸炎が蔓延し、オーバメヤンは移籍目当てで素行不良を繰り返すなど、不安の残るリスタートとなったドルトムント。今年の初戦ヴォルフスブルク戦では、プリシッチが怪我でオーバメヤンが懲罰ベンチ外で、イサクとサンチョという10代コンビが初先発となった。

ドルトムントのフォーメーションは、イサクの1トップにウイングがサンチョとヤルモレンコ、インサイドハーフに香川とゲッツェが並び、アンカーがヴァイグルの4-3-3。今冬にマリオ・ゴメスが抜けたヴォルフスブルクは、オリジの1トップに、右SHに新加入のブレカロが入った4-2-3-1。

中盤の3枚がマッチアップ、香川も守備ではボランチのアーノルドをマンマークで見る形になっていたので、ドルトムントの攻撃はサイドチェンジからの組み立てが多くなり、ピシュチェクのオーバーラップとサンチョのドリブルで基点を作るが、守備ではDFラインが早く下がり過ぎ、ゲッツェの守備意識が淡白でヴァイグルの両脇に出来るスペースを使われ、度々サイド攻撃を許す危なっかしい展開。

それでもドルトムントは、19分にカットインからヤルモレンコがクロス、イサクのヘッドのタイミングが合わなかった場面や、21分にヤルモレンコが右からのクロスにアウトで合わせたが当てそこね、31分にはカウンターから中央をドリブルした香川がヤルモレンコにスルーパス、香川がオーバーラップしたがそのままヤルモレンコがシュートを打ってしまい枠外と、ドルトムントはチャンスを作るのだが得点出来ない。

後半からは、前半はディダビのマークを受け続けていたヴァイグルの位置に、ゲッツェや香川が降りて来てビルドアップをサポート、それによって前線にも選手が動けるスペースが生まれてバランスが改善、ドルトムントが一気に試合のペースを握るが、後半3分に香川のロングパスからの折り返しに、ヤルモレンコが完全なドフリーで合わせたがバーの上、7分にはニアゾーンへ飛び込んだ香川が股抜きクロス、サンチョがファーで合わせたがポストと、ドルトムントは超決定機をまたもフイにしてしまう。

そして後半25分過ぎになると、中盤で互いにスペースが空きだしてゴール前の場面が増え、ドルトムントが前がかりになっている分、ヴォルフスブルクのほうがゴール前でフリーになる場面が多く、冷や汗をかくシーンが増えて来る。攻撃面でもドルトムントはギクシャク感が目立ち、香川はダフード投入後はほぼトップ下に居るようになり、頻繁にラインの裏へ動いているんだけどパスが出て来ず、無駄走りの繰り返しになる始末。

その後は、スペースが生まれた分サンチョのプレイが目立ったぐらいで、ドルトムントにさほど大きな見せ場は無く、結局スコアレスドローで試合終了。ヤルモレンコが決めるべきところで決めていればもっと楽に進められた試合だとは思うが、結果的にはオーバメヤンの不在が響いた格好になってしまった。

香川自身の調子は悪くなく、相手に当たられてもきっちり落ち着いてボールはキープできていたし、変態的な切り返しも随所で披露するなどプレイは切れていた。それだけに、ゲームメイクだけではなくてもっとゴール前で得点に絡んで欲しいのだが、ゲッツェ以外にイメージを共有できている選手が居ないのが悩みどころ。まだサンチョはリズムが合いそうな感じだが、イサクは相当厳しそう。ヤルモレンコは最初は良さそうだったのに、どんどんセルフィッシュになって行ってるしなあ・・・補強もオーバメヤンの処遇次第なので、モヤモヤした状態はまだ続きそうである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「走るようになった事と引き換えに、天才から凡人になった?宇佐美」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 デュッセルドルフ-ボルシア・ドルトムント

既にブンデスリーガは17節まで行われているんだけど、宇佐美のアシストが...

記事を読む

「代表にとって、新しい内田篤人になれるポテンシャルを見せた原口」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 マインツ-ハノーファー

原口が10番を背負って移籍したものの、これまでは上手くチームにフィッ...

記事を読む

「ガラガラポンで当たりを見つけたバイエルン、当たっているのにスルーしてしまうブレーメン」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

昨日はせっかく試合を見ながら戦評を書いていたのに、何故か朝になるとその...

記事を読む

「やっぱり今のバイエルンには、あの人の”整い力”が欠けている」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 バイエルン・ミュンヘン-デュッセルドルフ

昨日は、宇佐美にとっては先発での古巣対決となったバイエルン・ミュンヘン...

記事を読む

新着記事

「ベトナム、中国の赤い旋風が吹き荒れる?」アジアカップ準々決勝の展望

残念ながら日本戦はしょっぱい内容と結果ばかりで残念だけど、アジアカップ...

記事を読む

「サウジ相手にボールポゼッション率が23.8%のサンドバッグ、見たかこれが”ジャパンズウェイ”だ!」アジアカップ ベスト16 日本-サウジアラビア

中3日で迎えた決勝トーナメント1回戦。日本の先発は、GK権田、DF長友...

記事を読む

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「まざまざと見せつけられた鎌田との立ち位置、関根はゼロから積み上げるしか無い」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-ゲンク

今週からウィンターブレイクとなったベルギーリーグ、シント・トロイデンは...

記事を読む

「前がかりになって、カウンターとセットプレイで沈むのは日本だけでは無かった」アジアカップ グループE サウジアラビア-カタール

次の決勝トーナメント1回戦で日本と当たるチームがサウジに決まったので、...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑