「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

スポンサードリンク

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調子が下降しているチェルシー。アーセナル戦から中2日と過密日程のチェルシーに、中6日と日程的に余裕があるレスターという違いはあったが、ホームのチェルシーがここまでレスターに押されるとは想像外だった。

チェルシーのフォーメーションはモラタとアザールの2トップにした3-1-4-2で、レスターはヴァーディの1トップに岡崎がセカンドトップに入ったいつもの4-4-1-1。レスターは岡崎とヴァーディもチェルシーの3バックに対して常にプレッシャーをかけ続けているのに対し、モラタとアザールはあまり守備をせず、そのため前線と中盤との間に大きなスペースが生まれてしまい、そこを無理にパスを通そうとするためミスが増えるという悪循環。

レスターは前半7分にチルウェルのサイド突破からクロスを岡崎が飛び込むものの上手くタイミングが合わず、12分にはCKからエンディディがフリーでヘッドもチェルシーGKクルトワが片手でセーブと、序盤からチャンスを量産する。チェルシーは前線が孤立しながらも、アザールとモラタの2人だけでレスターゴールに迫る力を見せるが、レスターGKシュマイケルが最後はきっちり締めて得点を許さない。

前半の30分頃からは、それまでリトリートが主体だったチェルシーの守備が少し高くなり、マフレズにはダブルチームでマークが付くようになって膠着状態になるが、それでも岡崎はボールが来た時にはしっかり足元に収めて基点になるなど攻撃を引っ張り、36分にはヴァーディが奪ったボールからシュートを打つが相手にブロックされてしまう。

さらに後半の10分には縦パスを受けてターンで抜けようとした岡崎をカンテが引っ張ってイエローカード、11分にはマフレズがカットインからのシュートが相手に当たってわずかに枠を外れるなど、レスターの勢いがチェルシーを上回っているのだが、ヴァーディのシュートは精度を欠き、マフレズも持ちすぎる場面が目立つなど最後の詰めが甘いレスター。

コンテ監督は後半13分に、セスクとアザールを下げてペドロとウィリアンを投入し、3-4-3のフォーメーションに変更、ウィリアンが中盤やサイドに動いてボールを受ける事で高い位置で基点が出来、それまで消えていたWBのマルコス・アロンソがオーバーラップするなどチェルシーが一気に盛り返す。さらに後半22分に、モーゼスに対するチルウェルのファールがイエローとみなされ2枚目で退場、レスターは10人になってしまう。

レスターは岡崎を下げてフクスを投入、1トップにはヴァーディ、グレイを投入してからはマフレズをトップにして残りの8人でゴール前に壁を作る。チェルシーは、ウィリアンを中心にサイドからニアゾーンを使ってクロスを上げ続けるがレスターの守備を崩せず、ロスタイムにゴール前で得たマルコス・アロンソのFKもシュマイケルが防ぎ、結局試合はスコアレスドローで終了、レスターがアウェイで貴重な勝ち点1をゲットした。

岡崎は、チェルシーの攻守の要であるカンテには対人で勝利、終始トラップが正確で攻撃の軸にはなっていたが、結局シュートは3本で、そのうち当てそこねが1本、ブロックされたのが2本と、本人としては不本意な結果だっただろう。最初のチャンスに決めていればヒーローだったんだけどね、調子は悪くないので次に期待。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「ナポリで花開いたサッリ監督のサッカーは、チェルシーで再現出来るのだろうか?」インターナショナル・チャンピオンズカップ 

ナポリで超攻撃的ハイプレスサッカーを構築、昨期のチャンピオンズリーグで...

記事を読む

2017-2018シーズン海外組通信簿(ドイツ編その2、イングランド、フランス)

他の国では2部リーグは情報が無さ過ぎて取り上げないんだけど、ドイツだけ...

記事を読む

「5-4ゾーンによる手厚いフォローから、CBが丸裸になってしまう自分たちのサッカーへ」イングランド・プレミアリーグ 第38節 サウサンプトン-マンチェスター・シティ

前節に残留争いのライバルであるスウォンジーとの6ポイントマッチに見事勝...

記事を読む

「またも岡崎は60分で交代する労働者として先発定着?」イングランド・プレミアリーグ第24節 レスター・シティ-ワトフォード

ピュエル監督に交代してしばらくは、4-3-3フォーメーションでグレイが...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑