「あのクリロナがゴール前でまさかの空振り、お疲れレアル完敗の巻」スペイン・リーガエスパニョーラ第17節 レアル・マドリー-バルセロナ

スポンサードリンク

昨日は連続でスペインリーグになってしまったけど、ご存知のようにホームのレアルが0-3という屈辱の大敗を喫してしまったエル・クラシコを観戦。

その点差だけを事前に知っていて、どれだけレアルが酷い試合をしたのかと思って試合を見始めたのだが、少なくとも前半に関してはバルサのほうが酷い状態だったので驚いてしまった。

レアルのフォーメーションは、アンカーがカゼミーロでトップ下がコバチッチ、2トップにクリスティアーノ・ロナウドとベンゼマを並べた4-1-3-2の形だったのだが、実はコバチッチはメッシに対するマンマーク役であって、彼が守備に下がって出来た左サイドのスペースを、クリロナやクロース、マルセロがどんどん飛び出して来る攻撃に、バルサの左SBであったセルジ・ロベルトが全く対処できず、序盤から数多くの決定機をレアルに作られてしまっていた。

全体的な守備でも、前半のバルサはリトリート主体の守備で中盤はある程度マンマークで対応しようとするのだが、上記のように激しくポジションを変えてプレッシャーをかけて来るレアルの攻撃に対応が後手に回り、コバチッチのマンマークを受けたメッシがボールに触れず中盤まで下がって来るのでスアレスが完全に孤立、当然SBも低い位置に押し込められてビルドアップもままならない悪循環に陥っていた。

この時間帯で先制点をレアルが決めていれば試合の展開、結果は大きく変わったはずなのだが、この日は前線が大ブレーキ。前半10分にクロースが左サイドを抜け出しての折り返しを、名手クリロナがまさかの空振りをやらかしたのを始めとして、ベンゼマは好機に絡むもラストプレイの精度が悪くてレアルは得点を挙げる事ができない。

バルサは、前半の30分にメッシの浮き球パスから前線へ飛び出したパウリーニョが合わせたのがこの試合初シュートという有様。その後もパウリーニョにシュートはあったものの、レアルは31分にクリロナが久里サイドを抜け出してまたぎフェイントからシュートも、バルサGKテア・シュテーゲンが足に当ててゴールを逸れ、40分にもカウンターからベンゼマが中でヘディングを合わせるも枠外と、レアルペースは変わらず前半を折り返す。

ところが後半になると突然戦況が一変する。バルサのDFラインが高くなると同時に、前半に見せていたようなレアルのプレスががくんと落ちてしまい、相変わらずコバチッチはメッシをマークしているので、レアルが5バックのような状態になってバルサがボールを支配する流れになってしまう。そして前半は猛威を奮ったレアルの左サイドも、パウリーニョがしっかりカバーしてスペースを消して来た。

そしていきなり後半7分に、イニエスタの絶妙なスルーパスからスアレスがシュート、これはレアルGKナバスがファインセーブで防いだが、その直後にブスケツが自陣でクロースのマークを交わして縦パス、これを受けたラキティッチが中央をドリブル、右サイドに流したパスをセルジ・ロベルトがダイレクトで折り返すと、フリーで待っていたスアレスがナバスの脇を抜くシュートを決めてバルサがとうとう先制する。

さらに後半18分、バルサはカウンターからメッシのスルーパスを皮切りにレアルゴール前で波状攻撃を仕掛けると、最後はパウリーニョのヘッドをたまらずカルバハルが手を出して一発退場&PK、これをメッシが冷静に沈めてバルサが2点目。これで試合はほぼ決まってしまったかに見えた。

しかしレアルも最後の意地を見せ、マルセロがトップ下のようにガンガンとゴール前に飛び出し、レアルの中では唯一安定していたモドリッチがドリブルで切り裂き、後半33分には途中出場のベイルが右サイドからの折り返しをフリーで放ったシュート、37分にはゴール左の至近距離からセルヒオ・ラモスが押し込む決定機を作り出すが、どちらもテア・シュテーゲンが体で止めてゴールならず。

逆に後半ロスタイム、ブスケツから右サイドのメッシにバスが通り、一人交わしてからのアウトサイドパスをアレイシュ・ビダルが合わせ、シュートはナバスに当たったがボールはそのままゴールへ転がり、バルサがダメ押しの3点目を決めて試合終了。

これでレアルは首位のバルサから勝ち点14差の4位とさらに大きく離され、事実上リーグ戦の優勝はほぼ無くなり、あとはチャンピオンズリーグ圏内争いという寂しい状況になってしまった。ここぞという時のベスメンが揃った強さは凄まじいが、クリロナとベンゼマには調子の波があり過ぎ、サブメンバーをジダン監督があまり信頼しておらず、疲労が蓄積すると手抜きの試合が増えてしまうのがこの結果になっているのだろう。

バルサは新加入のパウリーニョが大当たり、豊富な運動量とフィジカルを活かした高いキープ力で、試合から消えがちなメッシの代わりに攻撃の基点として大活躍、完全にバルサにとって不可欠な選手になった。しかしこれだけの選手が、ちょっと前まで中国の広州恒大にいて”ほぼ終わった選手”扱いになっていたのが信じられないよね(笑)。つくづく、選手と監督、チームとの相性は大事なのだなと痛感する試合だった。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「ゾーンディフェンスを”亡き者”にした、ペップ・バルサの戦術革命」2008-09シーズン リーガ・エスパニョーラ レアル・マドリー-バルセロナ

ペップ・グアルディオラ監督就任1年目のバルサが、リーガ・エスパニョーラ...

記事を読む

「久保のファールゲットと右足ゴールで、マジョルカの初アウェイ勝利に導く」リーガ・エスパニョーラ第27節 エイバル-マジョルカ

今節は16位のエイバルと18位のマジョルカの直接対決というシックスポイ...

記事を読む

「久保が受けたファールへの判定に、セビージャが切れてベンチから退場」リーガ・エスパニョーラ第26節 マジョルカ-ヘタフェ

リーガでは4位とチャンピオンズリーグが狙える位置に付け、ヨーロッパリー...

記事を読む

「ヴィニシウスにマリアーノ、ジダンマジックでレアルが首位奪取」スペイン・リーガエスパニョーラ 第26節 レアル・マドリー-バルセロナ

首位のバルサがレアルに勝ち点2差の状態で臨んだクラシコ。レアルはベンゼ...

記事を読む

「久保に待望の1G1A、これでやっとセビージャに認められたか?」リーガ・エスパニョーラ第25節 ベティス-マジョルカ

久々にリーグ戦で久保が先発復帰したベティス戦。久保はいつものように右S...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「再開後初先発の大迫は、チームに居場所を見つけたか?」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 ブレーメン-ボルシアMG

1部残留崖っぷちのブレーメンが、前節はフライブルクに勝利して何とか可能...

「絶好機を決められず、鎌田のブンデス初ゴールは敵のナイスアシスト」ドイツ・ブンデスリーガ第28節 フランクフルト-フライブルク

ブンデスリーガの再スタートから大量失点で全敗中のフランクフルトは、3バ...

「貴重な勝ち点3をゲットも、”器用貧乏”大迫の苦難は続く」ドイツ・ブンデスリーガ第26節 フライブルク-ブレーメン

2部降格崖っぷちのブレーメンは、再開初戦のレバークーゼン戦で敗戦、2戦...

「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島

ケイロス監督率いる名古屋は、1トップに呂比須ワグナー、トップ下にピクシ...

6月末のJリーグ再開、最大のネックを救うのは抗原検査?

昨日から関西3府県の緊急事態宣言が解除され、私も無事来週から通常業務に...

→もっと見る

PAGE TOP ↑