「プレミアリーグ優勝当時のミラクルを復活させる、岡崎のドッピエッタ」イングランド・プレミアリーグ第17節 サウサンプトン-レスター・シティ

スポンサードリンク

クラブW杯の見たい試合も溜まっているんだけど、やっぱりプレミアリーグで岡崎が2ゴール、吉田が1ゴールを挙げたというニュースを聞いてしまうと、どうしてもそっちを見てしまいたくなるのは自然な事だよね(笑)。

最近は3バックを取ることが多いサウサンプトンは、この試合は4-2-3-1のフォーメーションで、中2日という事もあって選手を4人入れ替えたが、吉田は前節に続いてファン・ダイクと共にCBで先発した。対するレスターは岡崎が先発に復帰、ヴァーディとコンビを組んだ旧仕様の4-4-1-1という形。

そして試合はいきなり動く。前半11分に、カウンターからマフレズがドリブルで持ち込み、カットインに対して吉田がマークに行ったが、そのすぐ脇を抜く技ありのミドルシュートを決められ、ホームのサウサンプトンがあっさり先制点を献上してしまう。

サウサンプトンはホームというのもあってか不用意に全体が前に偏ってしまい、その割に攻撃陣同士の意思疎通が無くてボールタッチ数が多くなり、前節はアーセナル相手に鋭いドリブルを疲労したブファルも、スペースが無い状態では単なるコネコネロストマシーンになってしまい、中盤スカスカな状態でファン・ダイクと吉田が右往左往する始末。

それに比べるとレスターの前線はコンビネーションが確立されており、ボールを奪うと必ずヴァーディは前に走っているし、岡崎はスペースを見つけてポストで確実に攻撃をリンクさせ、マフレズがボールを持ったら絶対に取られないという信頼感があるので、後ろの選手も躊躇なく前に走り込んで攻撃参加して来る。

さらにその後もレスターの波状攻撃は続き、18分にはヴァーディのキープから裏へ流したボールに岡崎が抜け出し、サウサンプトンGKフォースターが必死のセーブ、23分にも岡崎のパスから味方が潰れたこぼれ球をシュートもレミナがゴール前でかろうじてクリア。サウサンプトンもオースティンのミドルでチャンスは作るが、その直後にはまたレスターがカウンターからヴァーディの決定機と試合の流れを止められない。

そして前半30分、右CKからのサインプレーで、ファーサイドで待っていたフクスがダイレクトでシュート、そのこぼれ球をゴール前にいた岡崎が押し込みレスターが2点目をゲットすると、前半37分にはFKをマグワイアが胸トラップから反転クロス、ニアに飛び込んだ岡崎が潰れて流れたボールを、ファーに詰めていたキングが決めて3点目。サウサンプトンのレミナは完全にマークをサボっていた。

後半もレスターのペースが変わらず、むしろモチベーションが落ちたサウサンプトンに対してレスターがボールをキープする流れになってしまうが、そんな中で後半15分にCKからファーで競った吉田のヘディングをタディッチが空振りするも、そのままゴールインして吉田の今期2ゴール目でようやく反撃の狼煙を上げると、20分には完璧なカウンターからオースティンがシュートするもGKに当ててしまい点差は詰まらず。

逆に後半23分、サイドチェンジのボールをカットしたマフレズがあっさりとデイヴィスのマークを振り切って右サイドへ展開、ヴァーディのクロスを岡崎が消える動きで吉田の前に入り込み、岡崎らしくない鮮やかなゴールでドッピエッタ。これでほぼ勝負は決まってしまい、後はレスターはヴァーディとマフレズを同時に下げる余裕の交代、岡崎はフル出場で試合を終えた。

これでレスターはリーグ戦4連勝と完全に波に乗り、アーセナルと勝ち点4差、バーンリーとリヴァプールに5差とEL圏内が視界に入り始めた。岡崎4-4-1-1とグレイ4-3-3シフトの両立が可能になったのも心強く、年末の過密スケジュールを上手くこなせば、優勝はさすがに無理としてもミラクルレスターの復活は十分ありうるかもしれない。

逆にサウサンプトンは中2日とは言え全体的に覇気が無かった。吉田は点を取ったし、失点は周りの責任が大きいとは言え印象はさすがによろしくない。代表戦でもあまりピリッとしなかったし、しっかり心身のコンディションを整えて並松年始を乗り切ってほしいところだ。

 

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて...

記事を読む

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

記事を読む

「ビッグクラブからプレスが無くなったら超絶個人技ショーになりました」イングランド・プレミアリーグ第22節 アーセナル-チェルシー

昨日は、関西の地上波では高校サッカー選手権の放送が行われていなかったの...

記事を読む

「くすぶっていたスリマニさえ輝かせる、岡崎の驚異的な”のりしろ力”」イングランド・プレミアリーグ第22節 レスター・シティ-ハダースフィールド

相変わらず年末年始は狂ったスケジュールで行われているプレミアリーグ。1...

記事を読む

「主将が吉田で辛抱しきれず負ける悪循環、次こそは断ち切れるのか」イングランド・プレミアリーグ第18節 チェルシー-サウサンプトン

13節のエヴァートン戦で4点を取って勝利してから、またも得点力不足が再...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「今のドルトムントに必要なのは、”アンバランス”という言葉」ドイツ・ブンデスリーガ

ウインターブレイクからの移籍志願ボイコットによって、エースのオーバメヤ...

「川島を見ようと思ったら、メスが強くて見せ場は1回だけだったの巻」フランス・リーグアン

10月に監督を解任したにも関わらず、12月の第17節までリーグ戦で1勝...

「しょっぱいプレイでしょっぱく勝つというのも、酒井の大事な仕事である」フランス・リーグアン第21節 マルセイユ-ストラスブール

新年からも連勝を続けて好調なリスタートを切ったマルセイユは、16日にホ...

「シティの30戦無敗の記録を、”ペップキラー”クロップのリバプールが止める」イングランド・プレミアリーグ

ここまで30戦無敗、リーグ戦は2位に勝ち点15という圧倒的な差を付けて...

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑