「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

スポンサードリンク

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあったんだけど、ミッドウィークに行われたブンデスリーガで、シュテーガー監督が就任後初試合となったドルトムントがマインツに2-0で勝利したと聞いて、チームがどう変わったのがが気になったのでその試合を観戦。

ドルトムントのフォーメーションは、ボシュ監督時代と同じ4-3-3だが、CBはソクラティスとトプラク、右SBはトルヤン、右のインサイドハーフに香川と、それまで出番が少なかった選手を起用して来た。が、試合の序盤は今までと変わらない守備の不安定さを露呈してしまった。

前半5分に香川のミスからセルダルにクロスバー直撃のシュートを浴びるたのを筆頭に、12分にはマインツに高い位置で基点を作られ、守備のギャップからきわどいシュートを打たれるなど、DFラインとインサイドハーフのゲレイロ、香川の距離が空いて、インサイドハーフとSBのコンビネーションが悪くポジションが被ってしまう事が多く、アンカーのヴァイグルの両脇に出来る広大なスペースを使われ、マインツに何度も攻め込まれた。

相手のシュート精度に助けられてピンチを切り抜けたドルトムントは、15分頃からようやく落ち着きを取り戻し、5-3-2のフォーメーションで低めにゾーンを構えるマインツに対し、香川やプリシッチがゾーンの間でヴァイグルからのパスを受けたり、サイドチェンジでシュメルツァーがオーバーラップするなど多彩な攻めでリズムを作るが、ラストプレイの呼吸が合わない場面が多く、オーバメヤンや香川、ゲレイロも絶好機に決めきれず。

ようやくドルトムントにゴールが生まれたのは後半10分、香川のFKからトプラクがヘディングで合わせたシュートはポストに当たったが、こぼれ球をソクラティスが上手く叩きつけてゴールを決める。その後はマインツが反撃に出て、香川も守備のカバーに奔走するがいまいちポジショニングが良くなく、ボールを奪えず後手に回る対応でドルトムントはバタバタした対応の時間帯が続く。

後半25分にシュテーガー監督はプリシッチに代えてダフードを投入、香川が左、トップ下がゲレイロの4-2-3-1に変更したが上手く行かず、途中から香川とゲレイロが相談してシュテーガー監督に提案したようで、そこからはトップ下を香川にポジションチェンジ。すると、そこから一気にドルトムントが蘇る。

香川は前線から積極的なチェイシングでマインツのDFにプレッシャーを仕掛けると、後半33分に香川のパスからヤルモレンコが抜け出しリターンパス、香川のシュートはセーブされたが決定機を演出すると、後半43分に香川のヘディングを受けたオーバメヤンがボールを溜め、シュートと見せかけた冷静なパスを走り込んだ香川に通し、今度は香川もきっちりファーに流し込んでドルトムントが2点目、これで試合は決まってしまった。

今期はケルンでわずか3引き分けの勝ち点3しか挙げられず解任されたシュテーガー監督だったが、ドルトムントでの初陣では序盤にもたついたものの、試合中に上手く修正を施して早速ケルン時代に追いつく勝ち点をゲット(笑)。とは言え、特に何かマジックをやったというわけではなく、選手を適材適所で使ってバランスを取り、選手のモチベーションを上げただけだと思うけどね。

もともと手堅いチーム作りで定評のある監督だっただけに、シュテーガーは手駒が豊富なドルトムントなら随分やりやすいと思ったに違いない。この試合で上手く行った香川トップ下の4-2-3-1をベースに、今後は後半戦に向けてチームを作って欲しいね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「走るようになった事と引き換えに、天才から凡人になった?宇佐美」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 デュッセルドルフ-ボルシア・ドルトムント

既にブンデスリーガは17節まで行われているんだけど、宇佐美のアシストが...

記事を読む

「代表にとって、新しい内田篤人になれるポテンシャルを見せた原口」ドイツ・ブンデスリーガ第14節 マインツ-ハノーファー

原口が10番を背負って移籍したものの、これまでは上手くチームにフィッ...

記事を読む

「ガラガラポンで当たりを見つけたバイエルン、当たっているのにスルーしてしまうブレーメン」ドイツ・ブンデスリーガ第13節 ブレーメン-バイエルン・ミュンヘン

昨日はせっかく試合を見ながら戦評を書いていたのに、何故か朝になるとその...

記事を読む

「やっぱり今のバイエルンには、あの人の”整い力”が欠けている」ドイツ・ブンデスリーガ第12節 バイエルン・ミュンヘン-デュッセルドルフ

昨日は、宇佐美にとっては先発での古巣対決となったバイエルン・ミュンヘン...

記事を読む

新着記事

「ベトナム、中国の赤い旋風が吹き荒れる?」アジアカップ準々決勝の展望

残念ながら日本戦はしょっぱい内容と結果ばかりで残念だけど、アジアカップ...

記事を読む

「サウジ相手にボールポゼッション率が23.8%のサンドバッグ、見たかこれが”ジャパンズウェイ”だ!」アジアカップ ベスト16 日本-サウジアラビア

中3日で迎えた決勝トーナメント1回戦。日本の先発は、GK権田、DF長友...

記事を読む

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「まざまざと見せつけられた鎌田との立ち位置、関根はゼロから積み上げるしか無い」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-ゲンク

今週からウィンターブレイクとなったベルギーリーグ、シント・トロイデンは...

記事を読む

「前がかりになって、カウンターとセットプレイで沈むのは日本だけでは無かった」アジアカップ グループE サウジアラビア-カタール

次の決勝トーナメント1回戦で日本と当たるチームがサウジに決まったので、...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑