「ハメス・ロドリゲスの正しい使い方を見つけたのは、ジダンでもアンチェロッティでもなくハインケスだった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループB バイエルン・ミュンヘン-パリ・サンジェルマン

「ハメス・ロドリゲスの正しい使い方を見つけたのは、ジダンでもアンチェロッティでもなくハインケスだった?」UEFAチャンピオンズリーグ グループB バイエルン・ミュンヘン-パリ・サンジェルマン

スポンサードリンク

セルティック戦の7得点を筆頭に、ここまで得失点差が23と圧倒的な得点力でグループ首位を快走しているパリ・サンジェルマン。2位のバイエルンは勝ち点3差で最終節にPSGとの直接対決になったが、得失点差が18も離れているため逆転はまず不可能であり、どちらも既にグループ突破は決まっているのでプライドだけをかけた試合だったが、それだけに内容的にはオープンで面白いものになった。

PSGは、いつものカバーニ、ネイマール、ムバッペの3トップに、ドラクスラーとヴェッラッティがインサイドハーフに入った4-3-3、それに対してバイエルンは2列目にリベリ、ハメス・ロドリゲス、コマンを並べた4-2-3-1。

最近のトレンドで言えば、4-3-3に対する4-2-3-1は3センターをマッチアップさせてビルドアップを阻害する狙いである事が多いのだが、バイエルンのハインケス監督は中盤をマンマークにせず、4-5-1のような形でコンパクトなゾーンを作る形を取って来た。

中でも特徴的だったのがトップ下に入ったハメス・ロドリゲスの働きで、守備では2トップになったり中盤に下がったりと比較的流動的に動き、攻撃でもあちこち動いてボールサイドに顔を出すフリーマン的なプレイをしていて、特に前半は左サイドのリベリ、アラバの3人で数的優位を作り、バイエルンの攻撃にリズムを与えていた。レアルのジダン、バイエルンのアンチェロッティといった名将がずっと使いみちに困っていたハメス・ロドリゲスを、一度は引退したハインケスが蘇らせたのが面白いよね。

そして前半10分に、リベリのドリブルから左にオーバーラップしたハメス・ロドリゲスにパスが入り、クロスをコマンが頭で落としたボールをレヴァンドフスキが反転シュート、PSGはオフサイドを主張したがゴールが認められ、バイエルンが先制点をゲットする。さらに37分にはまたリベリからハメス・ロドリゲスへと展開、中に走り込んだトリッソにピンポイントのクロスが入って2点目のヘディングが決まる。

前の対戦で3-0と完敗したアンチェロッティ時代のバイエルンと決定的に違うのが、両ウイングのリベリとコマンが労を惜しまず守備に戻ってサイドのスペースを消している事で、ネイマールとムバッペのスピードを殺しつつ、中央をしっかり固めてカバーニを消す守備が非常に機能していた。それに比べるとPSGの守備はゾーンなのかマンマークなのか曖昧で、フリーで動くハメス・ロドリゲスを捕まえきれていなかった。

とは言え、それでも個人能力でチャンスを作り出してしまうのがPSGの怖さで、前半の33分にムバッペのアウトサイドパスからネイマールのシュートを皮切りに、42分にはまたもネイマールが左サイドからシュート、これはバイエルンGKウルライヒがかろうじて防いだものの、後半開始早々にはPSGにセカンドボールを支配され、最後はカバーニの浮き球パスをムバッペが頭で押し込み1点差。

さらに後半15分には、カウンターからネイマール、ドラクスラーと繋いでシュート、その直後にもネイマールのクロスからムバッペが振り向きざまに強烈なミドル、そしてカバーニのシュートとPSGが攻撃を畳み掛けるが決められない。逆に後半24分、カウンターからコマンが左サイドをドリブルで突破、クロスをまたもトリッソが頭で合わせてバイエルンが勝負を決める3点目。

これでPSGの勢いはガタッと落ち、その後はネイマールが攻撃に絡む回数もめっきり減ってしまいバイエルンがボールを支配、ロスタイムにムバッペが放った決定的なシュートはウルライヒがセーブして3-1のまま試合終了。バイエルンは結局2位通過にはなったが、前の対戦で失った自信を取り戻すには十分な収穫があった試合と言えるだろう。

日本代表からの視点で言えば、ロシアW杯で対戦するポーランドのレヴァンドフスキ、コロンビアのハメス・ロドリゲスがともに内容と結果を出してしまった事で複雑な心境ではあるが、どのみち彼らのレベルに日本が少しでも追いつかないと勝ち目は出て来ないわけで、ベストの彼らと対戦して得られるメリットは大きいのだと無理やりポジティブに考えておこうか(笑)。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「カリウスが犯した凡ミスの連発以上に、リバプールに痛恨だったセルヒオ・ラモスの”必殺脇固め”」UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 レアル・マドリー-リバプール

今年はウクライナの首都、キエフにあるオリンピスキ・スタジアムで行われた...

記事を読む

「バカ試合2連発、決勝はサラーとマルセロの攻撃アフロ対決に」

リバプールでの第1戦を5-2で折り返しての、ローマのホーム、スタジオ・...

記事を読む

「勝負強いはずのバイエルンを自滅させたレアル、果たして”勝負弱い”クロップのリバプールにはどうか?」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 第2レグ レアル・マドリー-バイエルン

ホームでの第1戦を、バイエルンが自らのミスと決定力不足で1-2と落とし...

記事を読む

「地力では互角、怪我とミスと決定力に泣かされたバイエルン」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 第1レグ バイエルン-レアル・マドリー

事実上、今期のチャンピオンズリーグ決勝と見られる注目の第1戦。 ...

記事を読む

「”ハリルホジッチ・スタイル”のローマ、3点差をひっくり返す奇跡の逆転勝利」UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝 第2レグ ローマ-バルセロナ

昨日は、日本代表”新監督”に就任した西野明氏による記者会見があったよう...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑