「エイバル3連勝の裏には、乾の”あまり嬉しくないコンバート”があった?」リーガ・エスパニョーラ第14節 エイバル-エスパニョール

スポンサードリンク

10月まではずっと得点力不足に悩まされ、降格圏ギリギリに沈んでいたエイバル。しかし12節のベティス戦で5-0の大勝を記録したと思ったら、次節は2-1、そしてこのエスパニョール戦でも3得点でリーグ3連勝と、突然の快進撃で順位も13位まで浮上した。

エスパニョール戦のスタメンも、リーグ戦過去2試合と同様に乾が左SHに入った4-4-2のフォーメーション。ただFWの一角であるシャルレスが前節に一発レッドで対抗したため、2トップはキケとエンリクの2トップでスタート。対するエスパニョールも4-4-2のマッチアップ。

試合は、当然ながら各ポジションで激しいデュエルが展開される形で始まるが、エイバルは守備時にはサイドの選手が中に絞り、攻撃時にはワイドに開く形でサイドチェンジを上手く使い、徐々にポゼッションで優位に立つようになる。自陣に下がったエスパニョールは、2トップへのロングパスで局面打開を図るが、エイバルがことごとくカットしてセカンドボールを支配する。

そして前半8分、エイバルはゴール前でFKのチャンスを得ると、アルビージャのキックはエスパニョールGKパウが手に当ててクロスバーに跳ね返されるが、キケがきっちり押し込んで先制点をゲット。エスパニョールも15分にカウンターから抜け出しモレノがシュートを放つもエイバルGKドミトロヴィッチがきっちりセーブする。

前半25分頃から、エスパニョールがボールを支配する流れになって、エイバルは守備の対応が後手に回ってファールで止める事が多くなるが、セットプレイを何とか跳ね返して耐えるエイバル。すると32分に乾が基点になったカウンターからダニ・ガルシアのシュートは大きく外れたものの、37分に相手が中盤でトラップをミスしたところをインターセプトすると、右サイドを駆け上がったアレホにスルーパス、これをダイレクトで叩き込むゴラッソが決まりエイバルが2点目。

後半になるとエスパニョールがハイプレスを仕掛けて反撃に出る。前半は最も多いボールタッチ数を記録して攻撃の基点になっていた乾に対しても、右のボランチに入ったダルデルが早めに寄せてパスコースをカット、エイバルは攻撃が寸断されて受けに回る展開になったが、今度はその分右サイドの攻撃が活性化、すぐにエイバルがペースを握り返す。

試合はしばらく膠着状態が続いたが、後半23分にDF裏へ抜け出したエンリクの顔に、ダビド・ロペスの高く上げた足が入ってPK&イエローカード、これをジョルダンが決めてエイバルが3点目。後半34分にエスパニョールのFKからエンリクが上手く頭を振って技アリのオウンゴール(笑)で1点を返されたが、その後は波乱無く試合終了。

乾は前を向いてドリブルを仕掛ける場面は多かったが、足元にボールが付かなかったり、相手のタックルでロストするなど点に絡む仕事としてはイマイチ。しかし特に前半はサイドで長いパスをきっちりトラップ、そこから確実に味方へ繋げるなどゲームメイクの中心として存在感を見せていた。代表のことを考えると、もっと個人で打開出来る能力を高めて欲しいのだが・・・ゲームメイクでチームの評価が高まるのは痛し痒しだよね。

 

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「チームメイトから胴上げされ、”日本人は下手くそ”というレッテルを上書きした乾」スペイン・リーガエスパニョーラ第37節 エイバル-ラス・パルマス

リーガ・エスパニョーラ1部も残り2試合。欧州戦への可能性が無くなったエ...

記事を読む

「凡百な日本人選手とは優先順位が正反対な、柴崎の試合への入り方」リーガ・エスパニョーラ第36節 ヘタフェ-ラス・パルマス

第35節終了時点でヨーロッパリーグ圏内の7位につけているヘタフェは、既...

記事を読む

「プレイ機会は少なかったが、1G1Aを含めて3点に絡んだ乾の効率性」リーガ・エスパニョーラ第36節 ジローナ-エイバル

リーグの6位に追いつくのは難しい状況だが、今期は7位までヨーロッパリー...

記事を読む

「ベティスへの移籍問題とエースの復帰で、ピッチでも少し微妙な立場になった乾」リーガ・エスパニョーラ 第30節 エイバル-レアル・ソシエダ

ここ3試合は未勝利で、リーグ戦の順位も10位と失速しつつあるエイバル。...

記事を読む

「せっかく乾がカルバハルを抑えていたのに、マルセロ番に回ったとたんに悲劇が」スペイン・リーガエスパニョーラ第28節 エイバル-レアル・マドリー

あまり贔屓チームの負け試合は見たくない方なんだけど、やはりレアルと最小...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑