「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

スポンサードリンク

今期J2で3位と4位、ともに昨年J1から降格した同士である名古屋グランパスとアビスパ福岡との対戦になった、今年のJ1昇格プレーオフ。

フォーメーションは名古屋、福岡ともに3-4-2-1で全く同じマッチアップ。プレーオフのレギュレーションによって、試合がドローで終わった場合はリーグ上位の名古屋が昇格することになっているため、試合はまず福岡が高い位置からプレスをかける展開になった。

名古屋と言えば、風間監督が掲げるパスサッカーが信条なのだが、福岡は名古屋の3CBに前線の3枚がプレスをかけ、中盤やサイドもマンマークで選手が張り付いているので、当然ビルドアップも組み立てもままならず、福岡はボールを奪ったらサイドへ展開、1トップのウェリントンへクロスという形で名古屋を責め立てる。

前半11分に名古屋は田口がファーストシュートという苦しい状況の中、18分には亀川のロングスローからのこぼれ球を山瀬がシュート、ボールはクロスバーに当たって中川が押し込むもGKがキャッチという、福岡にとってはこの試合最大の決定機がやって来る。

苦しい時間を何とかやり過ごした名古屋は、前半25分頃からようやく中盤で前を向けるようになり、シャビエルのキープから青木がオーバーラップ、PA内に切り込んでシュートという風間サッカーらしいチャンスを作り出すと、その後はプレスの勢いがガタッと落ちた福岡に対して名古屋がボールを支配、田口のミドルや青木のカットインからのシュートなど決定機はあったが決められず前半終了。

後半も、序盤は福岡の両サイド、亀川と駒野が高い位置を取って積極的に絡んで攻撃するのだが、10分もすると早くもペースダウン、後半12分には駒野のクロスからウェリントンのヘディングがファーに決まったかと思いきや、微妙な判定だったがオフサイドと判定されノーゴール、名古屋は何とか命拾い。

その後はやはり名古屋がボールを支配する展開に。福岡はカウンター狙いに切り替えざるを得ないのだが、周りがなかなか上がって行けないので、結局は前線が孤立してボールを奪われ、シュートまで持ち込むことが出来ない。そして名古屋の攻撃に対して守備の戻りも遅くなり、かろうじて体で止めては名古屋にセットプレイを与える回数が増えて行き、後半39分には途中で投入した玉田がPA内でスルーパスに抜け出し、反転からシュートという決定機を作るも決めきれない。

そして残り10分になって福岡がパワープレイを仕掛けてウェリントン目掛けてロングボールを放り込むようになると、一気に名古屋の守備がバタバタし始め、何とかゴール前で人数をかけ、こぼれ球をしぶとく拾ってクリアという泥臭い守備を展開、福岡は石津のシュートに城後がヘディングするも、DFが最後までしっかり競ってジャストミートさせず、ロスタイムの5分が終了、結局スコアは最後まで動かず、名古屋が1シーズンでのJ1復帰を決めた。

福岡はリーグ戦では54得点と名古屋より30点も少なく、そのうちのほぼ半分がセットプレイからの得点というデータが示すように、チームの得点力不足が最後まで響いた格好になった。ベルギー代表に対する日本と同じで、運動量が落ちてハイプレスが効かない状態から点を取る手段が無いと、結局はジリ貧な展開になってしまう。監督の手腕どうこうよりもやはり補強が来期のポイントだろう。

名古屋は戦力を考えると、何故プレーオフに出てるのか不思議で仕方ないのだが(笑)、最後は風間サッカーらしくない泥臭く体を投げ出す守備で何とか守り切った。来期も風間体制の継続が決まっているようだが、またすぐに落ちてしまわないよう、現実的に守備組織をしっかり作った上でパスサッカーの理想を追って欲しいところだね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/12/04 | Jリーグ

関連記事

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「まるでダンスのようなターンでイニエスタがJリーグ初ゴール!」J1第21節 

昨日は、もしニューカッスルとスパーズの試合で武藤が先発したらそっちを見...

記事を読む

「宮本監督がガンバに巣食う悪癖を解消しないと、偶発的な勝利しか望めない」J1第21節 ガンバ大阪-FC東京

昨日は飲み会があって酒が入った状態だったけど、DAZNを見るとガンバ大...

記事を読む

「中途半端にコンセプトを引きずる”ハリルホジッチ病”にかかったFマリノス」J1第20節 川崎フロンターレ-横浜Fマリノス

Jリーグにおけるハイライン・ハイプレス戦術を掲げたチームは少なくないも...

記事を読む

「日本の夏場に無謀なハイラインをやるならば、無謀に見合う選手が必要」J2第27節 ジェフ千葉-松本山雅FC

松本山雅さんからお花が届きます。毎年毎年。あれから7年。想って頂けます...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑