「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

スポンサードリンク

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最大勝ち点の74を上回って優勝するだろうとさえ言われた鹿島アントラーズが、ラスト2試合でまさかの未勝利、J1のタイトルのみならず今シーズンは無冠に終わるとは一体誰が想像したであろうか。

前節の柏戦については、確かに最終節まで盛り上げたい世間の「空気」があったように思うが、最終節の磐田戦については植田のヘディングゴールがファールに取られた不運はあったものの、内容的には鹿島らしくないプレイの雑さ、焦りによる自滅だったように思う。

磐田のフォーメーションは3-4-2-1で守備的に行くのかと思いきや、前半からWBとウイングがサイドにプレッシャーをかけ、鹿島の得意パターンであるサイド攻撃を封じにかかった。攻撃では川又のポストプレイと中村のボールさばき、アダイウトンのキープ力でしっかりボールを確保する。

普段は金崎がサイドに流れて数的優位を作ってじっくり攻める形が多い鹿島は、この試合の前半は金崎が中にいる形が多く、前半14分に右SB西が負傷交代した影響でいつもの流れるような攻撃が見られず主導権が握れない。単発のカウンターでチャンスはあったが、試合のペース的には磐田のものだった。

後半になると鹿島がやや落ち着きを取り戻し、サイドで基点を作る本来の攻撃で磐田の守備を下げさせ、後半7分には遠藤のクロスから完全にフリーだった金崎がシュート、16分にはサイドに流れた金崎からのクロスに土居が合わせるなどの決定機を作り、一気に鹿島のほうへ試合が転がるかと思われた。

しかしそこに立ちはだかったのが中村俊輔。カウンターになりそうな場面では全速で走ってボールにアタック、味方がボールを奪うとすぐさま空いたスペースに走ってパスを受け、ボールをキープして落ち着かせるなど、要所要所でベテランらしく試合をコントロールする。

たださすがに磐田も後半35分を過ぎてからは運動量が落ち、鹿島が完全に試合を支配するも、レアンドロやレオ・シルバがボールを持ちすぎてミスになり、オフサイドに何度も引っかかるなど鹿島らしくないチグハグな攻撃に終始、結局5分の長いロスタイムにも試合が動かずスコアレスドローで終了。

裏で行われていた、2位川崎と大宮の試合は川崎が5-0の大勝で終わり、試合終了時点で鹿島の結果が伝えられると、ピッチは歓喜に湧きスタンドには大歓声が広がった。思わずピッチに臥せって動けなかった中村憲剛の涙には、こちらもついホロリとさせられたね。

鹿島ファンの人には悪いが、日本最高クラスのゲームメイカーでありながら、ずっとタイトルや代表に縁が無かっただけに、彼にこういう瞬間がやって来た事は本当に嬉しく思う。川崎フロンターレの選手、監督、関係者、そしてサポーターの皆さん、本当におめでとう!

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/12/03 | Jリーグ

関連記事

新着記事

「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

記事を読む

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

記事を読む

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

記事を読む

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

記事を読む

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑