「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

スポンサードリンク

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最大勝ち点の74を上回って優勝するだろうとさえ言われた鹿島アントラーズが、ラスト2試合でまさかの未勝利、J1のタイトルのみならず今シーズンは無冠に終わるとは一体誰が想像したであろうか。

前節の柏戦については、確かに最終節まで盛り上げたい世間の「空気」があったように思うが、最終節の磐田戦については植田のヘディングゴールがファールに取られた不運はあったものの、内容的には鹿島らしくないプレイの雑さ、焦りによる自滅だったように思う。

磐田のフォーメーションは3-4-2-1で守備的に行くのかと思いきや、前半からWBとウイングがサイドにプレッシャーをかけ、鹿島の得意パターンであるサイド攻撃を封じにかかった。攻撃では川又のポストプレイと中村のボールさばき、アダイウトンのキープ力でしっかりボールを確保する。

普段は金崎がサイドに流れて数的優位を作ってじっくり攻める形が多い鹿島は、この試合の前半は金崎が中にいる形が多く、前半14分に右SB西が負傷交代した影響でいつもの流れるような攻撃が見られず主導権が握れない。単発のカウンターでチャンスはあったが、試合のペース的には磐田のものだった。

後半になると鹿島がやや落ち着きを取り戻し、サイドで基点を作る本来の攻撃で磐田の守備を下げさせ、後半7分には遠藤のクロスから完全にフリーだった金崎がシュート、16分にはサイドに流れた金崎からのクロスに土居が合わせるなどの決定機を作り、一気に鹿島のほうへ試合が転がるかと思われた。

しかしそこに立ちはだかったのが中村俊輔。カウンターになりそうな場面では全速で走ってボールにアタック、味方がボールを奪うとすぐさま空いたスペースに走ってパスを受け、ボールをキープして落ち着かせるなど、要所要所でベテランらしく試合をコントロールする。

たださすがに磐田も後半35分を過ぎてからは運動量が落ち、鹿島が完全に試合を支配するも、レアンドロやレオ・シルバがボールを持ちすぎてミスになり、オフサイドに何度も引っかかるなど鹿島らしくないチグハグな攻撃に終始、結局5分の長いロスタイムにも試合が動かずスコアレスドローで終了。

裏で行われていた、2位川崎と大宮の試合は川崎が5-0の大勝で終わり、試合終了時点で鹿島の結果が伝えられると、ピッチは歓喜に湧きスタンドには大歓声が広がった。思わずピッチに臥せって動けなかった中村憲剛の涙には、こちらもついホロリとさせられたね。

鹿島ファンの人には悪いが、日本最高クラスのゲームメイカーでありながら、ずっとタイトルや代表に縁が無かっただけに、彼にこういう瞬間がやって来た事は本当に嬉しく思う。川崎フロンターレの選手、監督、関係者、そしてサポーターの皆さん、本当におめでとう!

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/12/03 | Jリーグ

関連記事

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

「ブロックを固めてパトリック、というサッカーが首位を独走してしまうJリーグの悲しさ」J1第14節 ベガルタ仙台-サンフレッチェ広島

現在J1リーグの首位を独走中の広島と、7位仙台との上位対決。広島のフォ...

記事を読む

「”日本のシメオネ”上野監督は甲府をアトレティコ・マドリーへと作り変える?」ルヴァン・カップ グループB コンサドーレ札幌-ヴァンフォーレ甲府

リーグ戦では現在3位と絶好調の札幌だが、ルヴァンカップではグループ最下...

記事を読む

「以前の3バックとの折衷案で、自ら墓穴を掘ってしまったオリヴェイラ監督」J1第13節 浦和レッズ-鹿島アントラーズ

新しくオリベイラ監督が就任した浦和と、かつて同監督のもとでJ1の3連覇...

記事を読む

「ハリルホジッチを”救えなかった”大島が復帰、ワンタッチで鳥栖を陥落させる」J1第10節 サガン鳥栖-川崎フロンターレ

攻撃の要であるイバルボを欠き、得点力不足にあえいで4連敗中、しかも主力...

記事を読む

新着記事

「W杯で対戦するレヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスを長谷部が整え、フランクフルトが30年ぶりのタイトル獲得!」DFBポカール 決勝 バイエルン・ミュンヘン-フランクフルト

大会最多優勝のバイエルンと、昨年に続いて2年連続で決勝進出のフランクフ...

記事を読む

「JトップGKによる華麗なスコアレスドローの共演、しかし見逃せないのは名将によるチーム力の底上げ」J1第15節 ガンバ大阪-浦和レッズ

今節のJ1は、ロシアW杯中断期間に入る前の最後となる試合。ガンバは4-...

記事を読む

”自分たちのサッカー”にとっての異物とみなされてしまった中島翔哉

もう個人的には関心が薄い話題になっていたので、昨日のガーナ戦の選手選考...

記事を読む

「”代えが効かないお二人”は当然の選出、年功序列の香りがするメンバー」ガーナ戦 兼 ロシアW杯最終候補・日本代表メンバー発表

まあ今さら誰を選ぼうとも「お好きにして下さい」という感情しか無い、親善...

記事を読む

「個人能力よりもチームとしての成熟度の差、それだけに酒井には体験して欲しかった」UEFAヨーロッパリーグ 決勝 マルセイユ-アトレティコ・マドリー

今朝の早朝、ちょうど5時ぐらいに目が覚めたので追っかけ再生でヨーロッパ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑