「早くも時代遅れになりつつある(?)3バックに対する攻略がポイント」国際親善試合ベルギー戦展望

スポンサードリンク

イタリア代表がスウェーデンにまさかの敗退を喫し、これでオランダ、アメリカに続いて常連国の不在が決まるなど、ロシアW杯に向けて悲喜こもごものニュースが流れている中、今日の深夜には日本代表のベルギー戦が行われます。

世界でも間違いなく5本の指に入る強豪で、ルカク、アザール、デブルイネの3人は間違いなくワールドクラスのタレントであり、ブラジルと同様に普通の勝負をすれば日本に勝ち目はほとんど無い相手だと言えるでしょう。

ただ、メキシコ戦では3-3のドローに持ち込まれたように、攻撃能力は極めて高いものの守備には付け入るスキがあります。デブルイネがチームの3バック戦術を批判したように一枚岩とは言えない状態です。チッチ監督によって規律と勤勉、競争意識が渦巻いていたブラジルとは少し異なる様相を見せています。

3バックと言えば、昨シーズンは欧州リーグで採用するチームがあれだけ増えていたのに、今期は蓋を開けてみれば4バックへと回帰するチームが多くなり、3バックはまた少数派になってしまった状況です。アーセナル、チェルシー、イタリア代表、オーストラリア代表など、今期は3バックを採用しているチームに良いニュースが無いのは単なる偶然でしょうか?

確かに3バックは4-4-2や4-2-3-1に対してゾーンの外側に出来るスペースを使って、攻守で数的優位に立てる事が大きなメリットとして存在しており、それは今でも変化はありません。が、それ以上に戦術的な対策が進んで3バックのデメリットが目立って来た事が、衰退の要因ではないかと思っています。

その主な対策は、日本がオーストラリアに対して行ったように、まず3バックに前線の3枚をマンツーマンでプレスをさせる事。そして相手が3-4-3の場合は4-3-3のインサイドハーフ2枚がボランチに当たり、3-1-4-2の場合は4-2-3-1のトップ下とボランチが中盤の3枚を封じる。こうする事で、3バック側のチームはセンターラインを経由する攻撃を無力化され、ビルドアップがサイドに偏って単調な仕掛けにならざるを得ません。

ベルギーのフォーメーションは3-4-3が予想されるので、日本も4-3-3で同じ対策を施してくるでしょう。そうなると試合のポイントは、相手の3バックと日本の3トップのどちらが優位に立てるかでしょう。ここでブラジルのように前からのプレスを交わされて中盤との間に生まれるスペースを使われ、DFにビルドアップを許してしまうと日本はかなり苦しくなります。

逆にスピードに欠けると言われるベルギーの3バックに対して、浅野や乾がサイドから裏を取れれば確実にチャンスへと繋がるでしょう。ベルギーのビルドアップを阻害しつつ、上手く苦し紛れの縦パスをカットして素早くサイドへ展開、という形に持ち込みたいところです。

そして3-4-3と4-3-3の場合、前者のWBがマークから浮く形になります。ここに酒井や長友が安易に行ってしまうと、ベルギーの怖い前線3人に対して日本は1対1のイーブンに晒されます。日本はウイングが戻るのかインサイドハーフがサイドへ流れるのか、コミュニケーションを取って連携を密にして対処しないと必ずやられてしまいます。

日本はキャプテンの長谷部が大事を取って欠場する見込みで、中盤は山口のアンカーに井手口、長澤が有力で、オプションとして倉田の出場もあるでしょう。ハイチ戦でも露呈したように、長谷部抜きの中盤は選手がボールに寄ってしまって連携がバラバラになる悪癖があるので、そこを合宿中にどれだけ修正できているか、そこが試合の流れを大きく左右しそうです。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/11/14 | 日本代表

関連記事

新着記事

「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

記事を読む

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝し...

記事を読む

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたA...

記事を読む

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようや...

記事を読む

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「酒井のピッチ内外でのフォローが、前半で交代させられた失意の伊藤を救うはず」ドイツ・ブンデスリーガ2部 第9節 ダルムシュタット-ハンブルガーSV

3試合勝ち無しのHSVと、4試合勝ち無しのダルムシュタットという不調チ...

「鹿島らしさと鹿島らしくなさが同居した結果の2-2ドロー、そして決勝は神奈川ダービー」ルヴァンカップ 準決勝第2レグ 横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ

鹿島ホームで行われた準決勝の第1レグで、アウェイの横浜が1-2で先勝し...

「小粒、谷間世代と呼ばれた選手達から、森山監督が見出した世界的な資質」AFC U-16選手権 決勝 U-16日本-U-16タジキスタン

昨日は、ありがたくもNHKが録画放送してくれた、マレーシアで行われたA...

「攻撃陣が中に絞る戦術は、欧州のトレンドを追ったのか単に上手く行ってないだけなのか」キリンチャレンジカップ 日本-パナマ

W杯組が合流し、ようやくフラットな状態でのメンバー選考が行われ、ようや...

「長谷部はベッケンバウアーではなく、もはやあのバレージに比較されるべき存在」ドイツ・ブンデスリーガ第7節 ホッフェンハイム-フランクフルト

ヨーロッパリーグから中2日のフランクフルトは、DFラインはラツィオ戦と...

→もっと見る

PAGE TOP ↑