「長友のように、サイドバックが”遠くを見るプレイ”をする重要性」イタリア・セリエA 第10節 インテル-サンプドリア

スポンサードリンク

一昨日にナポリ戦を見たところなんだけど、想像以上にインテルが良いチームになっていたので、2日続けてインテルの試合を見てみる事にした。

上位とは勝ち点が離れているとは言え、サンプドリアはミランよりも上の順位にいるチームで、試合開始直後はむしろホームのインテルを押し込む展開になった。が、前節にサンプドリアよりも一回り上位互換なナポリ戦を経験しているインテルは、そのプレッシャーをあっさり受け流してしまう。

その中心になっていたのは長友で、左サイド高めの位置で長友がビルドアップからボールを受けると、相手は当然そこから縦パスが出ないようにコースを塞いで来るのだが、長友は裏抜けをするペリシッチや、ポストプレイに下がるイカルディに素早いタイミングで浮き球のパスを通し、そのためサンプドリアの中盤はバイタルをカバーするためにプレスの勢いを落とさざるを得なくなった。

長友からのロングパスという組み立てが確立すると、今度は右SBのダンブロージオの出番。長友よりも低い、3バックのように見える位置にポジションを取るのだが、ペリシッチやイカルディが長友からパスを受けると、相手のゾーンが寄って出来たスペースを使ってスルスルとオーバーラップ、サイドで基点を作ってドリブルやクロスでサンプドリアを攻め立てた。

そして前半18分に、CKからインテルCBシュクリニアルがGKと競り合いながら足で押し込みインテルが先制すると、32分に右サイドからのクロスがこぼれたところをイカルディが美しいボレーで決めて2点目。後半になって長友にも早めにマークが付いて、サンプドリアもハーフタイムで対策をして来たのだが、右サイドでスッと抜け出したペリシッチの折り返しをイカルディがきっちり流し込み3点目。

その後はナポリ戦から中2日のインテルはあからさまにペースを落とし、中盤のプレスが無くなってインテルの4バックが晒され、長友のサイドからクロスを上げられるなどでサンプドリアに1点差まで追いつかれるが、なんとかそのまま逃げ切って3-2で試合終了。ナポリもアウェイでジェノアに勝利したので順位は変わらないが、ガッチリと2位をキープした。

今までだったら、長友が頻繁にオーバーラップをしてダンブロージオが組み立てるのがインテルの定番だったのだが、相手の研究を逆手に取って左右の役割を入れ替えてしまい、なおかつそれをちゃんと機能させてしまうところが、スパレッティ監督の非凡なところである。

ビッグコミックスピリッツで連載中の「アオアシ」でも書かれている通り、現代サッカーでは比較的プレスを受けにくいSBがゲームメイカーになる事が求められていて、そこが内田以外の日本人SBには個人守備力以上に欠けている部分なのだが、長友がインテルでその役割を叩き込まれている事は来年のW杯に向けて心強い。まあ、長友や吉田が代表から居なくなる時代を考えるとゾッとするが・・・日本のDFで海外移籍をする選手がもっと増えて欲しいんだけどね~。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「ベトナム、中国の赤い旋風が吹き荒れる?」アジアカップ準々決勝の展望

残念ながら日本戦はしょっぱい内容と結果ばかりで残念だけど、アジアカップ...

記事を読む

「サウジ相手にボールポゼッション率が23.8%のサンドバッグ、見たかこれが”ジャパンズウェイ”だ!」アジアカップ ベスト16 日本-サウジアラビア

中3日で迎えた決勝トーナメント1回戦。日本の先発は、GK権田、DF長友...

記事を読む

「長谷部もチームも完全復活、新加入ローデのフィットがCLへの鍵となるか」ドイツ・ブンデスリーガ第18節 フランクフルト-フライブルク

今日はアジアカップのサウジ戦だけど、ある程度の展望はカタール戦の時に書...

記事を読む

「まざまざと見せつけられた鎌田との立ち位置、関根はゼロから積み上げるしか無い」ベルギー・ジュピラー・プロリーグ第22節 シント・トロイデン-ゲンク

今週からウィンターブレイクとなったベルギーリーグ、シント・トロイデンは...

記事を読む

「前がかりになって、カウンターとセットプレイで沈むのは日本だけでは無かった」アジアカップ グループE サウジアラビア-カタール

次の決勝トーナメント1回戦で日本と当たるチームがサウジに決まったので、...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑