「果たして植田の出場はあるのか?というのが見どころらしい見どころ」キリンチャレンジカップ ハイチ戦展望

スポンサードリンク

今日はキリンチャレンジカップのハイチ戦が行われるわけですが・・・正直、欧州・南米・アフリカ予選がたけなわの状況で、消去法を重ねて選んだ相手なので、どちらにとっても戦略的な位置づけが曖昧な試合である事は確かです。

ハリルホジッチもハイチについては情報がなく、監督がコロコロ変わって7ヶ月も試合をしていないと語っているように、チームをこれから作って行く段階と見られ、相手がプレーオフを控えて本番同然だったニュージーランド戦に比べるとヌルい試合になるのは避けられそうにありません。

そういう状況からすると、日本代表にとっての位置づけはサブ選手の経験値稼ぎがまず第一でしょう。

サッカーダイジェストによると、このスタメンが濃厚のようです。真剣勝負の本番だといろいろ手を変えてくるハリルホジッチですが、親善試合は割りと素直に予想が当たる事が多いですからね。

やはりポイントとしては、ニュージーランド戦でも後半に機能した小林祐希と乾のライン。ボランチが山口蛍と遠藤の見合わせを見ても、ダブルボランチはインテンシティ重視な姿勢は変わりなさそうなので、彼らのところでいかにアクセントを付けられるか。浅野との左右の使い分けで攻撃のバリエーションを作って行きたいところです。

GKは東口を抜擢、まずはレギュラー選手とのコンビネーションを試す必要からか、DFラインは長友、昌子、吉田とニュージーランド戦から継続起用される模様です。個人的には、後半からでもいいので植田や中村を使って欲しいんですけどね・・・こういう試合でないとなかなか試せないし。

しかしハイチ戦よりも本当はオーストラリアとシリアのプレーオフ第2戦が見たいんだけど(笑)。午後6時からなので会社でネット中継を見るというわけにも行かないからなあ・・・

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/10/10 | 日本代表

関連記事

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑