「セレッソがロスタイム4分に劇的なゴールで勝ち越し、悲願の優勝へ駒を進める」ルヴァンカップ準決勝 第2レグ ガンバ大阪-セレッソ大阪

スポンサードリンク

ここ最近は連敗が続き、リーグ戦では失速中の両チームによるルヴァンカップ大阪ダービーの準決勝第2戦。ガンバは代表戦で5人の選手が抜け、セレッソも代表や怪我人で台所が苦しい中、互いに若手選手を起用しての対戦となった。

セレッソホームでの第1レグを2-2で折り返した結果を受け、試合は局面局面で激しくデュエルが繰り返されるダービーらしい展開で始まり、徐々にガンバが試合をコントロールし始めたなと思った瞬間に試合が動く。

前半14分に、カウンターから水沼のスルーパスに走り込んだ柿谷のシュートはガンバGK藤ヶ谷が足1本で止めるが、その直後にセレッソは当たり損ねのクロスがちょうど縦パスのようになり、そこからのスルーパスを遠藤がスライディングしたこぼれ球を、左に流れた柿谷が拾って相手にスクリーンしてから左隅にグラウンダーのシュートを決める。

そこからはセレッソが4-4-2の3ラインゾーンを自陣に作ってコンパクトに守り、カウンターから追加点を狙う形に切り返すが、どうもビルドアップが上手く行かず、ソウザがイージーなミスを連発してショートカウンターを食らうものの、ガンバも肝心なところでクロスの精度が無く、シュートまで持って行くことが出来ない。ガンバは前半ロスタイムに遠藤のFKから今野がドンピシャで合わせるがボールは枠の外。

後半になると、おそらくユン・ジョンファン監督からの指示があったと思うが、セレッソがサイドチェンジを使いだし、ガンバの守備を横に広げてからダイアゴナルランで中に繋ぐ攻撃が機能、後半11分に斧澤がサイドをフリーで抜け出すチャンスがあったがシュートは決まらず。

劣勢に立たされていたガンバだったが、大黒柱のワンプレイで一気に戦況をひっくり返す。後半15分に遠藤のループ気味のミドルパスが右サイドをオーバーラップして来た初瀬にピタリと渡り、折り返しのクロスをファーサイドに詰めていた泉澤がきっちり合わせ、ガンバが1-1の同点に追いつく。

アグリゲートスコアでビハインドになったセレッソは、ここから当然反撃を仕掛けるが、スルーパスがわずかに合わなかったり、斧澤のシュートはわずかにポストをかすめ、胸トラップからの福満のシュートはゴール正面に行くなどセレッソは良い形を作りながら得点ができない。

セレッソは後半35分にリカルド・サントスと丸橋を投入して3-4-3の形でパワープレイを開始、5分のロスタイムも守りを固めるガンバの守備にクロスをことごとく跳ね返され、これはガンバが勝ち抜けるかと思われた94分に、右サイドへ展開したボールを水沼がクロス、これをゴール前に上がっていた木本が頭で叩きつけ、セレッソが劇的な決勝ゴールを決めてルヴァンカップ決勝へと駒を進めた。ガンバは逆に無冠が確定。

これでルヴァンカップ決勝のカードは、仙台に打ち勝って勝ち上がった川崎とセレッソとの対戦になった。どちらも優勝すればクラブにとって初タイトルになるだけに、試合の前後を含めて盛り上がりそうで楽しみである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/10/08 | Jリーグ

関連記事

「ハリルホジッチは清武じゃなくて、実は水沼を見に来たのかもしれない」J1第29節 サガン鳥栖-セレッソ大阪

ユン・ジョンファン監督と、その教え子だった水沼宏太にとって古巣対決とな...

記事を読む

「鹿島と対象的に、ガンバに漂っていた”敗者のメンタリティ”」J1第

独走で首位を快走する鹿島と、天皇杯で敗退しリーグ優勝も絶望的な状況にな...

記事を読む

「東アジアカップを目指す日本代表東西対決は、一方的に結果に終わってしまった」J1第25節 FC東京-セレッソ大阪

セレッソには杉本と山口、東京には高萩とアジア最終予選のメンバーに選ばれ...

記事を読む

「浦和のFC東京に対する神通力、中島翔哉のシュートをポストに当てて8連勝」J1第23節 浦和レッズ-FC東京

当日は埼玉地方が悪天候に見舞われ、雷の危険があるという事で試合開始が1...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑