「世界最強の矛3本よりも、岡崎のような盾を加えるほうが攻撃は機能するはず」ロシアW杯南米予選 第16節 アルゼンチン-ベネズエラ

「世界最強の矛3本よりも、岡崎のような盾を加えるほうが攻撃は機能するはず」ロシアW杯南米予選 第16節 アルゼンチン-ベネズエラ

スポンサードリンク

現在予選5位と、自動出場枠から落ちてオセアニアとのプレーオフ枠に甘んじてしまっているアルゼンチン。8/31にウルグアイとのアウェイ戦がスコアレスドローに終わっただけに、最下位ベネズエラとの試合では絶対に勝利が必要だったのだが、まさかの1-1ドローで終了、ホームのエスタディオ・モヌメンタルは大きなブーイングに包まれた。

とは言え、アルゼンチンが酷かったというわけではない。アルゼンチンのフォーメーションは3-4-1-2で、2トップがイカルディとディバラ、メッシがトップ下という布陣。それにしても、アグエロがベンチでイグアインは招集すらされていないというのは、前線のタレントが豊富すぎて羨ましいを通り越してるよね。

序盤はやや固さが見られたアルゼンチンだったが、10分頃に攻撃力が全開し、左WBに入ったディ・マリアが高い位置でボールに絡み、5トップでベネズエラを鳥かご状態に押し込み、次々に決定的なチャンスを作るのだが、イカルディが少なくとも4回はあったシュートチャンスをことごとく決められない。

そしてアルゼンチンにとって非常に痛かったのは、前半25分にディ・マリアがハムストリングを痛めてアクーニャに交代してしまった事だ。今のネイマールが抜けたバルサもそうだが、ディ・マリアという長い距離を走って前線と中盤の間を繋ぐ選手が居なくなった事で前線に良い形でボールが来なくなり、それでもメッシは相手4人に囲まれてもシュートを打ったり、前半ロスタイムには強烈なミドルを放ったがGKにセーブされて得点ならず。

後半開始早々にもベネズエラはイエローをもらい、これでチームの半数である5人がイエローになって無失点だけど苦しい展開だなと思っていた後半4分、アルゼンチンが前がかりになったところでベネズエラの絵に描いたようなカウンターが炸裂、最後はムリージョが落ち着いてGKを交わすロビングのゴールを決めて何とベネズエラが先制点を奪ってしまう。が、その4分後にはクロスにイカルディと競ったフェルチャーにあたってオウンゴールが決まり、アルゼンチンが何とか同点に。

さらに後半17分に、メッシの陰に隠れて存在感が薄かったディバラに代えてアルゼンチンはベネデットを投入、30分にはイカルディを下げてパストーレにし、メッシとベネデットの2トップにするが、メッシがほとんど前線で歩いているだけになって消えてしまい、攻撃のチグハグさは増すばかり。4-1-4-1で自陣に壁を築いて守るベネズエラに対して、どうしてもラストプレイが合わずに追加点が奪えない。

むしろロスタイムにはベネズエラのほうにカウンターからチャンスが生まれ、アルゼンチンもパストーレがGKと1対1になる決定的なシーンを作ったが、やはりどちらも得点できずに1-1のまま試合終了。ボールポゼッションは76対24とアルゼンチンが圧倒していたが、シュート数は13本に終わり、支配率の割にはチャンスが作れなかった事が数字でも証明された。これでアルゼンチンは相変わらず5位のままでペルーとエクアドルとの残り2節を戦う事になってしまった。

全然レベルは違うけど、アルゼンチンと日本代表の悩みは良く似ているなと実感する。前線の駒はそれなりに豊富で、コンディションの良さで選手を選んだとしても、日替わりで組み合わせが変わるのでコンビネーションが作られず、ゴールに向かうラストプレイで息が合わない場面を作ってしまう。日程的に練習時間の余裕が無いW杯予選ならなおさらである。

アルゼンチンの場合、イカルディはフィニッシャー、メッシとディバラはチャンスメイカーで、2人いたらどうしても味方からのボールはメッシにボールが集まってしまう。おまけにリンクマンのディ・マリアが居なくなったので完全にディバラが除け者になってしまった。こういう組み合わせなら、岡崎のような中盤に下りたり飛び出してスペースメイクをするFWを加えるべきなんだろうけど、どうしても最強の矛を揃えたい欲求には逆らえないんだろうね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/09/08 | ワールドカップ

関連記事

「なぜ、時代遅れになりつつあった4-2-3-1が復活したのか」ロシア・ワールドカップでの戦術傾向について

もう既に過去の話題になっている感があるロシア・ワールドカップだが、戦術...

記事を読む

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

記事を読む

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

記事を読む

「他チームよりも90分多く戦ったクロアチア、獲得したのは疲労をはるかに上回るメリットだった」ロシア・ワールドカップ 準決勝 クロアチア-イングランド

準決勝のもう1試合は、決勝トーナメントに入ってから2試合の延長戦をこな...

記事を読む

「ベルギーが繰り出す変化球を、ことごとく弾いてカンテが拾うフランスの鉄壁」ロシア・ワールドカップ 準決勝 フランス-ベルギー

長かったロシア・ワールドカップもとうとう準決勝。第1試合は、厳しいグル...

記事を読む

新着記事

「日本は大勝でも喜べず、次節のベトナム戦こそが運命の分かれ道」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-パキスタン

アジア大会のグループリーグ2試合目。日本の先発は、初戦のネパール戦から...

記事を読む

「サービス満点のV・ファーレン、鹿島に勝ち点もプレゼント」J1第22節 V・ファーレン長崎-鹿島アントラーズ

またおもてなし。杵の川と天ぷら諫美豚かき氷これ全部タダやで pic.t...

記事を読む

「あえて選手層に不向きな戦術で、”ドイツ代表”養成ギブスを狙っている?」アジア大会・サッカー男子 グループD 日本-ネパール

東京五輪を睨んで日本はU-21のメンバーで臨んでいるアジア大会。日本の...

記事を読む

「チームの完成度はもとより、マフレズにプラスしてサブで出て来る選手が反則過ぎるシティ」イングランド・プレミアリーグ第1節 アーセナル-マンチェスター・シティ

イングランド・プレミアリーグも先週末から開幕、アーセナル対マンチェスタ...

記事を読む

「遠藤と冨安がダブル先発、ミスはあったがポジションの適正は感じられた」ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第3節 シント・トロイデン-ロケレン

昨日は、スカパーでシント・トロイデン対ロケレンの試合を放送していたので...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑