「オーストラリアの皆さん、日本は心配しなくても大丈夫」ロシアW杯アジア最終予選 サウジアラビア戦展望

スポンサードリンク

全然緊張感は無い状態ですが、一応明日の深夜に行われるサウジ戦の展望を書いてみます(笑)。

予選突破を決めた日本ですが、まだ自動出場枠の2位争いが残っており、現在はサウジとオーストラリアが勝ち点16で並び、得失点差でサウジが2差を付けている状態です。そして最終節はオーストラリア対タイの試合が日本戦よりも先に行われ、サウジはその結果を知ってから日本戦に臨む事になります。

オーストラリアがタイに3-0で勝った場合、サウジが日本に1-0で勝つと、得失点差と総得点で同じになりますが、その次の条件である当該チーム同士の勝ち点でオーストラリアが上回っているため、オーストラリアが2位で勝ち抜けになります。従ってオーストラリア最低でも3点差、それ以上に取れば取るほどサウジアラビアにとっては圧力となり、逆に2点差以内の勝ちになると日本が負けた時点で3位決定になるわけです。

そんなまな板の上の鯉でさえ裸足で逃げ出す悪条件ゆえ、オーストラリアではなりふり構わず日本がサウジに本気で戦ってくれる事を期待しているようですね。確かにザックジャパンの時は、アジア3次予選で勝ち抜けを決めた後の2試合に連敗した前科はありますが、若手の台頭で競争意識が高まっている日本にモチベーションの低下はまず無さそうです。むしろ警戒すべきなのは満員のサポーターによる圧力、中東の笛、PKですよね。

しかしそう考えてみると、日本は本当にオーストラリア戦で勝っておいて良かったですね。もし負けていたら、監督解任の話題が大好きなスポ新の餌食になって、インタビューの話題が解任一色になっていたでしょうし、PKの危険を考えると下手に引いて守るわけにもいかず、そうなると試合間隔の短さと時差、気温がボディブローのように効いて来たはずです。まあ、イラク戦のように乾燥しきった高温よりは、30度ぐらいで湿度の高いジッダのほうが日本人的にはマシかなとは思いますが。

日本の先発予想ですが、長谷部と香川が抜けたのに加え、この試合で最終予選のイエローカードが2枚目になると本大会の初戦で出られない可能性があり、既に1枚もらっている吉田と大迫はサブに回る可能性が高いと思います。吉田とタイプ的に似ているのは三浦ですが、鹿島で昌子とコンビを組んでいる植田の線も十分あります。SBは長友の状態次第ですが多分そのままじゃないかなと。

中盤はワンボランチかダブルボランチで大きく構成が変わるでしょう。ワンボランチなら井手口と山口がインサイドハーフで、小林と柴崎は攻撃的なオプション、長谷部の代役はおそらく高萩になるでしょう。ダブルボランチならトップ下は柴崎で、ボランチは山口と井手口の組み合わせになるような気がします。

前線3人はコンディション次第。1トップは武藤か岡崎で、杉本のスタメンはちょっと博打過ぎるでしょう。左ウイングは原口と乾のどちらか。右はオーストラリア戦で長く使った浅野はサブスタートかなと。スピードがホームのサウジは間違いなく最初から前がかりで来るでしょうが、気候を考えるとオーストラリア戦のようにハイペースなプレスで対抗するのは難しく、久保よりもキープ力のある本田を右ウイングに使って低めの基点を増やす手段も考えられます。

ともかく、もう既にロシアW杯への準備は始まっているわけで、他国の動向に迷わされず、自分たちの力をしっかり出し切って勝利という結果で最終予選を締めくくって欲しいところです。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/09/05 | 日本代表

関連記事

「トルシエジャパンと同じ道のりが示す、15年間で変わった日本の立ち位置」国際親善試合 日本-ベルギー

昨日も書いたように、ベルギー戦は生では見られなかったので、試合の直後に...

記事を読む

「早くも時代遅れになりつつある(?)3バックに対する攻略がポイント」国際親善試合ベルギー戦展望

イタリア代表がスウェーデンにまさかの敗退を喫し、これでオランダ、アメリ...

記事を読む

「単細胞な少年サッカーか、大人の成熟したサッカーになるかの分かれ目」国際親善試合 日本-ブラジル

ハリルホジッチになって、少しは日本もしっかりした形で試合に入れるかなと...

記事を読む

「自分たちのサッカーを捨てれば、攻撃的な守備と、守備的な攻撃は両立出来る」国際親善試合 日本対ブラジルの展望

さて今晩は、来年に控えたロシアW杯に向けて、世界における日本の現在位置...

記事を読む

「アギーレジャパン・ブラジル戦の絶望再来?」11月欧州遠征 ブラジル・ベルギー戦代表メンバー発表

相変わらず全然予測してませんでしたが、今日が11月の代表欧州遠征メンバ...

記事を読む

新着記事



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
PAGE TOP ↑