「序盤におけるサイドでの主導権争いが最大のポイント」アジア最終予選 オーストラリア戦展望

スポンサードリンク

さていよいよ、アジア最終予選の大一番であるオーストラリア戦が今晩に迫って来ました。

昨日、ベンチ入りする23人のメンバーが発表されていますが、武藤、小林、三浦、植田が外れました。フィジカルとスピードのある武藤が選ばれないのは少々意外ですが、コンディションの問題なんでしょうか。三浦、植田のCB2人は、サウジがUAEに負けてオーストラリア戦は引き分けも負けも一緒になったので、攻撃的なスカッドにしたという事でしょう。

コンフェデでの試合で自信を付けたオーストラリアは、日本戦でも同じ3-6-1のフォーメーションで臨んで来るはず。攻撃のパターンはシンプルで、激しくプレスをかけてボールを奪い、両WBが高い位置で基点になって、ニアゾーンをウイングがえぐり、マイナスのクロスを中で合わせる形です。

これは4-4-2ゾーン・ディフェンス崩しの定石で、ゴールに近いニアゾーンからマイナスのクロスを出されるとバイタルから飛び出す選手のマークは困難ですし、4バックに対して逆サイドのWBが上がっているとフリーになりやすく、クロスを左右に振られるとカバーが間に合わず非常に危険です。特にWBのレッキーはヘルタで2得点と絶好調、決してフリーにしてはいけない選手です。かと言って、WBの上がりを恐れてSHが下がってしまうと、イラク戦のように6-3-1みたいな形になって前線が孤立、カウンターもまともに繰り出せなくなります。

一昨日までなら日本は4-2-3-1のフォーメーションになると予想していましたが、勝つしか意味が無くなった事で少し読めなくなりましたね。ポゼッション志向の4-3-3にして長谷部の1ボランチ、井手口、柴崎のインサイドハーフというニュースもあながち的外れとは言えません。

どちらのせよ、守備ではまずニアゾーンをボランチかSHのどちらがスライドしてカバーするのか、そのスライドによって空く中央をどうやってカバーするのか、ファーサイドで待ち受けるWBのマークは誰がするのか、明確な守備組織の方針が求められます。そして、そういった押し込まれ状態にならないためにも、中盤での争いで優位に立ち、サイドで主導権を握り続ける事が肝心です。

おそらくオーストラリアは最初から守る事はしないでしょう。立ち上がりはパワー全開で飛ばし、慌てた日本から先制点を奪うと5バックに転換して試合を殺しに来るはずです。日本はプレッシャーで受け身になって、オーストラリアの策略にハマってはいけません。高いWBの裏には大きなスペースがあり、オーストラリアの3バックはスピードに欠けるので、ボールを奪って左右に素早く展開、相手が戻る前に崩し切るカウンター攻撃を中心に攻めたいところです。

スタメンのポイントになるのはやはり前線の選手。自分ならウイングはスピードに長けた、原口、浅野を使い、スタミナ重視ならどちらかを岡崎。久保や乾はスペースが出来る後半に使う駒としてキープ。1トップは大迫、コンディションによっては本田。トップ下は柴崎もしくは香川。得点力と経験では香川ですが、柴崎はセットプレイで貢献できるのが大きいので、個人的には柴崎かなと。単純なクロスは跳ね返されるだけなので、SBとSHのスムーズな連携で、日本のほうがニアゾーンを上手く使って行きたいです。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/08/31 | 日本代表

関連記事

「ロシアW杯のカギを握るのは井手口の移籍?」日本サッカー新時代~2018年への旅~

昨日は特に見たいと思う試合が無かったので、1/7にテレビ朝日系列で放送...

記事を読む

「ある意味最高のテストになった、結果と内容は最低の試合」EAFF E-1サッカー選手権 日本-韓国

日本代表に就任した外国人監督にとって、マスコミの批判を浴びがちになる原...

記事を読む

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

記事を読む

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

記事を読む

「浦和の居ぬ間に目指せ下克上」E-1選手権 日本代表メンバー発表!

昨日から鼻風邪を引いてしまい、寝込むほどしんどくは無いのですが、鼻が詰...

記事を読む

新着記事

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

記事を読む

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

記事を読む

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

記事を読む

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

→もっと見る

PAGE TOP ↑