「序盤におけるサイドでの主導権争いが最大のポイント」アジア最終予選 オーストラリア戦展望

スポンサードリンク

さていよいよ、アジア最終予選の大一番であるオーストラリア戦が今晩に迫って来ました。

昨日、ベンチ入りする23人のメンバーが発表されていますが、武藤、小林、三浦、植田が外れました。フィジカルとスピードのある武藤が選ばれないのは少々意外ですが、コンディションの問題なんでしょうか。三浦、植田のCB2人は、サウジがUAEに負けてオーストラリア戦は引き分けも負けも一緒になったので、攻撃的なスカッドにしたという事でしょう。

コンフェデでの試合で自信を付けたオーストラリアは、日本戦でも同じ3-6-1のフォーメーションで臨んで来るはず。攻撃のパターンはシンプルで、激しくプレスをかけてボールを奪い、両WBが高い位置で基点になって、ニアゾーンをウイングがえぐり、マイナスのクロスを中で合わせる形です。

これは4-4-2ゾーン・ディフェンス崩しの定石で、ゴールに近いニアゾーンからマイナスのクロスを出されるとバイタルから飛び出す選手のマークは困難ですし、4バックに対して逆サイドのWBが上がっているとフリーになりやすく、クロスを左右に振られるとカバーが間に合わず非常に危険です。特にWBのレッキーはヘルタで2得点と絶好調、決してフリーにしてはいけない選手です。かと言って、WBの上がりを恐れてSHが下がってしまうと、イラク戦のように6-3-1みたいな形になって前線が孤立、カウンターもまともに繰り出せなくなります。

一昨日までなら日本は4-2-3-1のフォーメーションになると予想していましたが、勝つしか意味が無くなった事で少し読めなくなりましたね。ポゼッション志向の4-3-3にして長谷部の1ボランチ、井手口、柴崎のインサイドハーフというニュースもあながち的外れとは言えません。

どちらのせよ、守備ではまずニアゾーンをボランチかSHのどちらがスライドしてカバーするのか、そのスライドによって空く中央をどうやってカバーするのか、ファーサイドで待ち受けるWBのマークは誰がするのか、明確な守備組織の方針が求められます。そして、そういった押し込まれ状態にならないためにも、中盤での争いで優位に立ち、サイドで主導権を握り続ける事が肝心です。

おそらくオーストラリアは最初から守る事はしないでしょう。立ち上がりはパワー全開で飛ばし、慌てた日本から先制点を奪うと5バックに転換して試合を殺しに来るはずです。日本はプレッシャーで受け身になって、オーストラリアの策略にハマってはいけません。高いWBの裏には大きなスペースがあり、オーストラリアの3バックはスピードに欠けるので、ボールを奪って左右に素早く展開、相手が戻る前に崩し切るカウンター攻撃を中心に攻めたいところです。

スタメンのポイントになるのはやはり前線の選手。自分ならウイングはスピードに長けた、原口、浅野を使い、スタミナ重視ならどちらかを岡崎。久保や乾はスペースが出来る後半に使う駒としてキープ。1トップは大迫、コンディションによっては本田。トップ下は柴崎もしくは香川。得点力と経験では香川ですが、柴崎はセットプレイで貢献できるのが大きいので、個人的には柴崎かなと。単純なクロスは跳ね返されるだけなので、SBとSHのスムーズな連携で、日本のほうがニアゾーンを上手く使って行きたいです。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/08/31 | 日本代表

関連記事

「ベスメン達の攻撃は素晴らしかったが、それだけのチームしか作れなかった準備不足がこの結末」ロシア・ワールドカップ ベスト16 日本-ベルギー

日本のスタメンはセネガル戦と全く同じメンバーとフォーメーション。ベルギ...

記事を読む

「デ・ブルイネが攻撃参加すればするほど、日本にとってはピンチは増えるがチャンスでもある」ロシアW杯ベスト16 ベルギー戦展望

さて今日の深夜はベルギー戦。だけど、これから夜には飲み会があって、最近...

記事を読む

「危うく宇佐美と心中しかけた西野ジャパン、勝ち抜けという結果以外に得た収穫は?」ロシア・ワールドカップ グループH 日本-ポーランド

昨日の忖度サッカーに対しては、スタメンの出来が酷いとか世界に恥を晒した...

記事を読む

リアル忖度ジャパン、決勝トーナメント進出!

いや試合内容は全く何もいいところは無く、試合自体はまたもセットプレイか...

記事を読む

「岡崎と武藤のショットガンフォーメーションが炸裂?」ドイツW杯 ポーランド戦展望

さて今度こそポーランド戦について軽く展望・・・と言いたいところですが、...

記事を読む

新着記事

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

記事を読む

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

記事を読む

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

記事を読む

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

記事を読む

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑