「浦和のFC東京に対する神通力、中島翔哉のシュートをポストに当てて8連勝」J1第23節 浦和レッズ-FC東京

スポンサードリンク

当日は埼玉地方が悪天候に見舞われ、雷の危険があるという事で試合開始が1時間遅れの波乱で始まった、浦和とFC東京のライバル対決。

浦和は3バックのセンターにマウリシオが入り、3トップが興梠、武藤、李を並べたいつもと同じ3-4-2-1のフォーメーションなのに対し、FC東京は中断明けから採用した、高萩をアンカーに置いてインサイドハーフに橋本と米本を並べた3-1-4-2の形で臨んだ。

そうなると当然、前線の3人とWBはミラーでマッチアップになり、浦和は堀監督に交代してからはいきなり5トップになるのではなく、自陣にある程度ゾーンを敷いてからサイドが前に出て行く形になったため、試合はどちらもなかなか前線にボールがしっかり入らず一進一退の攻防が続く。

が、ミラーゲームなら浦和の連携に一日の長があり、前半17分に駒井が李とのワンツーで右サイドを抜け出すと、武藤がクロスを浮き球で落とし、それを興梠が叩いたシュートが東京GK大久保択生の手に当たってゴールに入り、浦和が先制点を決める。

ここまでほとんど攻撃の形が作れなかった東京だったが、ここで奮起したのが右WBの室屋。リオ五輪で同僚だった中島翔哉のポルトガル移籍話にもおそらく刺激を受けたのだろう、22分に積極果敢なDFライン裏への飛び出しで大久保のパスを引き出し、ダイレクトでの折り返しを橋本が押し込む美しい攻撃で東京だ同点に追いつく。

これで東京が勢いに乗るかと思われたのだが、インサイドハーフの米本にミスが多く、左WB大田のプレイ精度もイマイチで低めのゾーンで待ち構える浦和を崩しきれず。すると前半30分に、浦和はミシャ時代を思い起こすような、武藤と李、興梠の3人による華麗なワンタッチパスで中央を破ると、最後は興梠がゴール右隅にきっちり決めて浦和が再び試合をリードする。

そこから東京は反撃を試みるも、後半早々に室屋が槙野との競り合いで足を痛めて退場するアクシデント。ここで篠田監督は室屋の代わりに永井、米本に変えて中島翔哉と次々に攻撃的な選手を入れてカンフル剤とするも、ウタカは判断が遅くてチャンスを潰し、3人目の動きが無くて攻撃のリズムが作れない。

逆に浦和はラファエル・シルバを中心にカウンターが冴え、後半23分の武藤のシュートや、37分の矢島のポストに当たるシュートなど惜しいチャンスを作るも3点目は奪えず。東京も高萩や中島翔哉のミドルシュートのチャンスはあったが、どちらもゴールマウスに当たる不運で同点ゴールはならず、結局試合は浦和が2-1で勝利した。

これで浦和は、FC東京との直接対決で8連勝という相性の良さ。東京はおそらくポルティモネンセ移籍のラストマッチとなる中島翔哉の旅立ちを飾れず。と言うか、この1戦の勝利よりも後半戦全体を見据えたのかもしれないが、3バックの熟練度合いで勝る浦和に対して、同じ3バックでミラーゲームを仕掛けた意図がいまいち不明だったね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/08/20 | Jリーグ

関連記事

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

今期J2で3位と4位、ともに昨年J1から降格した同士である名古屋グラン...

記事を読む

「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最...

記事を読む

「やっぱり今年の流行語大賞は”忖度”で決まり?」J1第33節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

土曜日は浦和がACL決勝に出場していたため、水曜日に延期された川崎との...

記事を読む

「ACLを切らせて胴上げを断つ事を選んだ柏」J1第33節 鹿島アントラーズ-柏レイソル

2017年のJ1も残すところあと2試合。首位の鹿島アントラーズは今節で...

記事を読む

新着記事

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

記事を読む

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

記事を読む

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

記事を読む

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

→もっと見る

PAGE TOP ↑