「ネイマールにとってはバルサでの最後の試合となるのか、アメリカン”ハードロック”クラシコ」インターナショナルチャンピオン

スポンサードリンク

マイアミ・ドルフィンズがホームスタジアムとして使用している「ハードロック・スタジアム」で行われた、インターナショナルチャンピオンズカップでのレアル・マドリーとバルセロナの試合。

スタジアムの屋根にデカデカとハードロックカフェのロゴが書かれ、ハーフタイムにはアメフトばりにマーク・アンソニーのショーまで行われるなど、すっかりクラシコもアメスポに馴染んでるなという印象(笑)。

試合の方もまさに興行という名がふさわしい、レアルにクリロナとクロースが居ない以外はほぼベストメンバーで、互いにあまり高い位置からプレスをかける事をせず、スペースがある程度ある中で攻撃力を誇示し合うような展開になった。

まず先制パンチを放ったのがバルサ。前半4分に中盤でボールを奪ってからカゼミーロがメッシにスルーパス、メッシは鋭く切れ込んでシュートを放つと、ボールはバランに当たってゴールに吸い込まれ早速エースがゴールを決めると、7分にはネイマールからの横パスをスアレスがスルー、後ろに走り込んだラキティッチがコースにミドルを決めてあっという間にバルサが2点をゲットする。

その後もスアレスが決定機を迎えるなどバルサの一方的なペースだったが、レアルも前半の14分、放出の噂を打ち消すようにコバチッチがワンツーからドリブルで切れ込んでのシュートで1点を返すと、ベンゼマやモドリッチがミドルを放って反撃、バルサもカウンターからネイマールが左サイドで溜めてシュート、メッシもバイタルから2度のシュートと、互いにチャンスを量産する派手で大味な展開。

すると35分に、スカスカのカウンターからアセンシオが中央でドリブル、一度味方に預けてからのリターンパスを受けたアセンシオが、ジョルディ・アルバのスライディングをあっさり交わしてニアにきっちり決め、レアルが同点に追いついて試合はハーフタイム。

後半からレアルはイスコ、ルーカス・バスケス、バジェホ、ナチョを投入し、バルサはセルジ・ロベルト1人が入る。大量4人替えでレアルのマークが混乱したのか、後半5分にネイマールのFKにピケが完全なフリーになってあっさりとボレーを決め、バルサが再びリードする。

その後15分までは前半と同じようなテンションで互いにチャンスを作りまくるが、レアルGKケイラー・ナバス、バルサGKシレセンがイスコやマルセロ、ネイマール、スアレスの決定機を防ぎスコアは動かず、後半途中からどんどん選手が交代し、バルサのデニス・スアレスが存在感を見せた以外は低調な試合になってそのまま試合終了。この勝利でバルサがインターナショナルチャンピオンズカップ・アメリカラウンドの優勝を決めた。

この試合がバルサにおける最後の試合となるかもしれないネイマールは、2点に絡むものの自身のシュートは奪えず。絶好のチャンスで足元にボールが入ってしまうなど、要所でのミスが散見された。レアルでは悪い意味でベイルが目立った。攻守において動きが鈍く、活発に動いて鮮やかなゴールを決めたアセンシオに比べると、残酷なまでに差があった。しかしレアルのペレス会長はベイル起用に圧力をかけて来そうで、昨シーズンのハメス・ロドリゲスのような火種にならないといいのだが・・・

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

「エイバル3連勝の裏には、乾の”あまり嬉しくないコンバート”があった?」リーガ・エスパニョーラ第14節 エイバル-エスパニョール

10月まではずっと得点力不足に悩まされ、降格圏ギリギリに沈んでいたエイ...

記事を読む

「スペイン人監督と日本人選手という組み合わせは、スペイン人同士よりも相性が良いのかも」リーガ・エスパニョーラ第12節 エイバル-ベティス

ここまでリーグ11試合でわずか6得点と、極度の得点力不足に苦しんでいた...

記事を読む

「なぜ、エイバルは乾という牙を内に隠してしまうのだろうか」スペイン・リーガエスパニョーラ第10節 エイバル-レバンテ

ここまでリーグ戦の9試合で、わずか3ゴールという深刻な得点力不足に陥り...

記事を読む

「柴崎のゴラッソで天国に行ったが、わずか12分で地獄に落とされたヘタフェ」スペイン・リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ-バルセロナ

今朝にバルサが乾が先発したエイバルと対戦して大勝を飾ったようだが、昨日...

記事を読む

「レガネスが仕掛けた、スペインらしからぬ塩サッカーを打ち破った乾のクロス」リーガ・エスパニョーラ第4節 エイバル-レガネス

まだリーガで1得点しか挙げられず3試合で勝ち点1のエイバルと対戦したの...

記事を読む

新着記事

「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

記事を読む

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

記事を読む

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

記事を読む

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

記事を読む

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「”ケルンで今期勝ち点3”のシュテーガー監督が、ドルトムントを救った魔法とは」ドイツ・ブンデスリーガ第16節 マインツ-ボルシア・ドルトムント

クラブW杯の浦和戦やパチューカ戦など、昨日は見たい試合がたくさんあった...

「小林悠、そして岡崎にとっては運命の分かれ道」EAFF E-1サッカー選手権 日本-中国

試合終了間際のゴールで辛勝に終わった北朝鮮戦から、7人のメンバーを入れ...

「吉田は先発復帰も、わずか頭半分届かずドローに持ち込まれる」イングランド・プレミアリーグ第16節 サウサンプトン-アーセナル

順位は11位ながら、ここ6試合でわずか1勝と得点力不足で勝ちきれない試...

セレッソの杉本、ガンバの井手口が冬に海外移籍確実!

昨日は久々にワインを1本飲んで酔っ払ってしまい、夜にパチューカの試合を...

「W杯本番モードギプスで割りを食った選手、得をした選手」EAFF E-1サッカー選手権 日本-北朝鮮

ぶっちゃけ、海外組と浦和のメンバーがおらす怪我人も続出、スタメンのうち...

→もっと見る

PAGE TOP ↑