「チェルシーの大黒柱は、実はカンテじゃなくてその後ろの選手なのかもしれない」インターナショナルチャンピオンズ杯 チェルシー-バイエルン

スポンサードリンク

スカパーのJSPORTSで、珍しくサッカーのインターナショナルチャンピオンズ杯をやっているので、昨日行われたチェルシー対バイエルンの試合を見てみた。

昨年はプレミアリーグで首位を独走して優勝を飾ったチェルシー。次の目標であるチャンピオンズリーグ制覇に向けて、常連チームであるバイエルンとのテストマッチは良い力試しではあったのだが、残念ながら前半は一方的な内容になってしまった。

チェルシーはCBのセンターにクリステンセン、3トップがバチュアイ、ウィリアン、ボガというメンバーの3-4-3、バイエルンはレヴァンドフスキの1トップに、2列目がリベリ、ミュラー、新加入のハメス・ロドリゲスという並びの4-2-3-1でスタート。

試合開始直後はチェルシーが押し込んだのだが、その勢いは序盤だけで、その後のチェルシーは前線でなかなかボールをキープできず、中盤はカンテが孤軍奮闘するもセスクは守備に追われてミスも多く、3CBはズルズルと下がってWBの裏がガラ空き、そこをリベリやハメス・ロドリゲスに使われバイエルンのやりたい放題。

前半の6分にケーヒルの甘い対応からラフィーニャにミドルシュートをコースに決められると、12分にはキレキレのリベリが左サイドからクロスを上げると、ファーに回り込んだミュラーがボレーで2点目。さらに26分にもズルズルと下がるチェルシーの守備をあざ笑うかのようにミュラーが豪快なミドルを決めてあっという間に3点目。

何とかチェルシーは前半のロスタイムにアロンソのゴールで1点を返して折り返すと、18分にダビド・ルイス、モラタを投入する。注目は103億円でレアルから移籍したモラタに集まったが、チェルシーを蘇らせたのはダビド・ルイスのほうだった。どちらかと言うとリトリート守備で対応していたクリステンセンに対し、ダビド・ルイスは中盤に上がっての早い潰しでレヴァンドフスキやミュラーに仕事をさせず、ボールを奪うと果敢に攻め上がって攻撃参加。

これで一気にチェルシーの攻撃に縦の勢いが生まれ、ウィリアンやダビド・ルイス、バチュアイが次々と鋭いシュートを放つが得点できず。ようやく後半40分に、セスクの左CKからのボールをモラタが頭で流し、裏でフリーだったバチュアイが押し込んでチェルシーが1点差に追いつくが、反撃もここまで。バイエルンが3-2で勝利となった。

バイエルンは後半に少し息切れはしたが、順調な仕上がり。特にボランチに入った、リヨンから約60億円で獲得したトリッソが効果的なパスを連発して早くも存在感を発揮、ハメス・ロドリゲスも4本放ったシュートは得点にならなかったが、サイドでしっかりチャンスメイカーとして機能していた。ただし移籍が噂されるレナト・サンチェスはあまり目立てず、やはり放出は濃厚のようである。

チェルシーは、中国でのプレシーズンマッチではほぼベストメンバーでアーセナルに3-0で勝ったものの、サブ主体のメンバーではバイエルンに歯が立たず、チャンピオンズリーグもこなす必要がある今シーズンに向けて、選手層の薄さを露呈する格好になってしまった。いろいろな国のチームと対戦するCLは戦術的な多様性も必要で、まだまだコンテ監督には課題が山積みである。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

関連記事

新着記事

「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

記事を読む

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

記事を読む

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

記事を読む

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

記事を読む

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フ...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「モドリッチとカンテのマッチアップ、そしてVARが勝負の運命を決めた決勝戦」ロシア・ワールドカップ 決勝 フランス-クロアチア

長かったロシアワールドカップもいよいよラストの決勝戦、厳しいグループを...

ロシア・ワールドカップ、優勝はフランス!

戦評についてはまた明日に書く予定ですが、ひとまず結果のみをお知らせ。 ...

「やけ酒(?)で腑抜けのイングランドに、容赦なく襲いかかるベルギーのカウンター」ロシア・ワールドカップ 3位決定戦 ベルギー-イングランド

なんか試合間隔が空いてしまうとワールドカップが終わったような気持ちにな...

「スカイの岩がわずかに動いた? ブルターニュの壁」ツール・ド・フランス2018 第4~6ステージ

今日からまたワールドカップが再開しますが、まず先にツール・ド・フランス...

「フランスの決勝進出で盛り上がる陰で、今年はひっそりと地味にスタート」ツール・ド・フランス2018 第1~3ステージ

ワールドカップ中はもちろんサッカー優先ですが、毎年恒例のツール・ド・フ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑