ワシントンかフォルランか、ポドルスキはどちらの道を歩むのだろうか

スポンサードリンク

昨日、チャーター機で神戸空港に降り立ち、レッドカーペットの上を歩いて登場という、どこの国賓かと思えるような派手な歓迎を受けたルーカス・ポドルスキ選手。

早速、ヴィッセル神戸オーナーの三木谷氏と神戸ビーフのステーキを食べた事が報じられるなど、早速ポルディフィーバーを巻き起こしているわけですが、じゃあ実際にJリーグで活躍できるかというと、個人的にはちょっと悲観的な見方をしています。

ドイツ代表を引退したとは言え、まだ32歳と老け込む年齢ではありませんし、彼自身のストライカーとしての能力は依然ワールドクラスである事は確かです。

ただ、選手としての基本属性としては性格もそうですが「自由人」。気持ちよく、点を取る事に集中できれば一流の仕事をしますが、守備とか戦術とかで縛ってしまうととたんにやる気が失われるタイプです。ある程度王様扱いさせてくれるケルンやドイツ代表では活躍しましたが、一兵卒の扱いになったアーセナルやインテルではパッとしませんでした。

特にJリーグの場合は、リトリート守備をするチームがほとんどなので、FWが守備をしないとゾーンに穴は開くしボールホルダーにもプレッシャーがかからないしで、他のメンバーの守備負担は倍増します。ACLを制覇した時の浦和も、ワシントンが守備をしてませんでしたが、鈴木や長谷部、闘莉王といった代表クラスの守備陣が控えていましたからね。

そして攻撃と守備が分断しても、これまたワールドクラスのチャンスメイカーであるポンテとワシントンの2人だけで点が取れてしまう。そういった、かつての浦和のような戦力が今の神戸に存在するかどうかは自明な話ですよね。2014年のセレッソも、結局フォルランに自由を与える余裕が無くなってベンチ送りにする羽目になりました。

でも1つ希望があるとすれば、まだクビを飛ばされていないネルシーニョ監督の存在。ジダンがクリスティアーノ・ロナウドを走らせて二冠を達成したように、監督に実績とカリスマがあれば”スター”をある程度戦術に従わせる事は可能です。そこが、フォルランを御する事を放棄した大熊監督の場合とは決定的に異なる点ではありますよね。

もちろん、個人的な願望を言えばポドルスキには大活躍してもらって、欧州のスター選手を獲得する意欲を多くのクラブが持つようになってもらいたいです。先行きは厳しいのは確かですが、何とか成功してもらいたいものですよね。

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/07/08 | Jリーグ

関連記事

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「名古屋を昇格に導いたのは、華麗なパスサッカーではなく体を張った守備だった」J1昇格プレーオフ 決勝 名古屋グランパス-アビスパ福岡

今期J2で3位と4位、ともに昨年J1から降格した同士である名古屋グラン...

記事を読む

「鹿島の胴上げを許さなかった、名波監督と中村俊輔の執念」J1第34節 ジュビロ磐田-鹿島アントラーズ

それにしても・・・一時は2位に対して勝ち点差8を付け、今期はJ1史上最...

記事を読む

「やっぱり今年の流行語大賞は”忖度”で決まり?」J1第33節 浦和レッズ-川崎フロンターレ

土曜日は浦和がACL決勝に出場していたため、水曜日に延期された川崎との...

記事を読む

「ACLを切らせて胴上げを断つ事を選んだ柏」J1第33節 鹿島アントラーズ-柏レイソル

2017年のJ1も残すところあと2試合。首位の鹿島アントラーズは今節で...

記事を読む

新着記事

「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

記事を読む

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

記事を読む

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

記事を読む

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

記事を読む

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「香川のゲームメイクと香川のチャンスメイク、香川のシュートが必要」ドイツ・ブンデスリーガ第18節

シュテーガー監督になってからは調子が上向いているものの、ウィンターブレ...

「チェルシーに対して68分間も続いた、下位レスターの横綱相撲」イングランド・プレミアリーグ第23節 チェルシー-レスター

一応はチャンピオンズリーグ圏内に付けてはいるが、ここ2試合は無得点と調...

「試合から”正しい消え方”をしていた柴崎の戦術眼」スペイン・リーガエスパニョーラ第19節 ヘタフェ-マラガ

柴崎がゴールを決めて怪我をした第4節のバルセロナ戦以来、3ヶ月ぶりの復...

齋藤学選手の”禁断の移籍”は、Jリーグにとって格好のブックなのか?

昨日は家族にインフル疑いな症状が出てしまったので、帰宅してからいろいろ...

「”サンフレッチェ”から森保監督は一歩を踏み出せるのだろうか」M-150CUP 日本U-20-北朝鮮U-23

昨日はDAZNを眺めていても見たい試合が無かったので、たまたま無料放送...

→もっと見る

PAGE TOP ↑