「ポジションレス、トータルフットボールへの道を邁進するドイツの恐ろしさ」FIFAコンフェデレーションズカップ2017 準決勝 ドイツ-メキシコ

スポンサードリンク

昨日の早朝に行われた試合で、ドイツが4-1で勝ったという結果は知っていたので、よほどメキシコがコテンパンにやられたのかと思っていたのだが、試合内容は意外と拮抗していてちょっと意外だった。

特にドイツが2-0とリードしてからの前半30分頃からは、ドイツのDFラインが上げられなくなってバイタルエリアでのマークが甘くなり、メキシコがセカンドボールを支配して猛攻を仕掛け、GKテア・シュテーゲンが足1本で止めたドスサントスの決定機や、チチャリートの抜け出しからのシュートなど、ここで1点を返していれば試合は分からなくなっていた可能性は高い。

とは言え結果は4-1。チャンスの数だけで言うとむしろメキシコの方が多かったぐらいなのだが、得点に至る効率性が全く違う。メキシコの攻撃は、各選手がボールを持ってから判断する事が多くて、ボールタッチやドリブルが1回入ることで、ドイツの5バックにポジションを修正され、結果的にシュートコースやフリーの選手を失ってしまっていた。

それに対してドイツは、ボールを奪ったらとにかく全選手が躊躇なくスペースへと走り出し、ボールをこねること無く基本的にワンタッチのインサイドパスやクロスでスムーズにボールを運んでしまう。しかも最初の2得点がボランチのゴレツカだったように、誰でもゴールに近い選手が前線へと飛び出すし、誰でも正確なクロスやスルーパスが出せてしまう。

得点を取る形も、基本的にはサイドに展開してダイレクトで中央にマイナスで折り返すか、ニアゾーンに飛び込んだ選手に流して、その選手がマイナスで折り返して中央で誰かがシュートという2パターンしか無いのだが、全てメキシコの守備が戻り切る前に行われるので、分かっていても止められない。

そしてドイツが4点目を決めた形。ドイツのフォーメーションはは3-4-3で、相手陣内でボールを支配している時にはボールサイドと逆のWBが前線に上がり、5トップ状態になってメキシコの4バックの外側でフリーになっているので、そこにスルーパスを出されると簡単に決定機を作られてしまう。浦和のミシャサッカーが得意とする形で、オーストラリアも3バックで来た時には日本に対してこの形を狙って来るはず。

2軍だろうが若手だろうが、どんな選手がどんなポジションで出ても、金太郎飴のように同じ形のサッカーを同じように遂行し、同じように勝ってしまう。ブラジルW杯の時にも思ったが、まさにポジションレス、トータルフットボールの理想形に向けてドイツ全体が一致して邁進している恐ろしさを感じる。

インサイドで止めて強く正確に蹴られる基礎技術、ポジショニングやボディシェイプといった個人と組織の戦術理解度等、育成段階から極めて高いレベルで強化していって初めて実現できるサッカーである。日本が目指すべき場所はまだまだ遠すぎると、ため息をつくしか無い試合だった。

 

スポンサードリンク

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

2017/07/01 | ワールドカップ

関連記事

新着記事

「ワールドクラスのFW、ベンテケとのマッチアップで勝利した吉田」イングランド・プレミアリーグ第5節 クリスタルパレス-サウサンプトン

開幕から4試合で1得点も挙げられず、早速フランク・デ・ブール監督が解任...

記事を読む

「ガルシア監督に対する酒井のリベンジパフォーマンス」UEFAヨーロッパリーグ グループI マルセイユ-コンヤスポル

昨晩はいつものように各国のリーグ戦が行われていたけど、これは絶対に見た...

記事を読む

「レガネスが仕掛けた、スペインらしからぬ塩サッカーを打ち破った乾のクロス」リーガ・エスパニョーラ第4節 エイバル-レガネス

まだリーガで1得点しか挙げられず3試合で勝ち点1のエイバルと対戦したの...

記事を読む

「大迫と原口、どちらも少しほろ苦い欧州戦デビュー」UEFAヨーロッパリーグ アーセナル-ケルン/ヘルタ・ベルリン-アスレティック・ビルバオ

昨晩に行われたヨーロッパリーグでは3人の日本人選手が出場し、酒井宏樹が...

記事を読む

「ドルトムントが”破壊の鉄球とおなべのふた”路線を撤回してしまっては意味が無い」UEFAチャンピオンズリーグ グループH トットナム・ホットスパー-ボルシア・ドルトムント

レアル・マドリーと同じグループとあって、どちらかがグループ敗退の運命と...

記事を読む



蹴閑ガゼッタ(旧TOP)
RSSフィード
「ワールドクラスのFW、ベンテケとのマッチアップで勝利した吉田」イングランド・プレミアリーグ第5節 クリスタルパレス-サウサンプトン

開幕から4試合で1得点も挙げられず、早速フランク・デ・ブール監督が解任...

「ガルシア監督に対する酒井のリベンジパフォーマンス」UEFAヨーロッパリーグ グループI マルセイユ-コンヤスポル

昨晩はいつものように各国のリーグ戦が行われていたけど、これは絶対に見た...

「レガネスが仕掛けた、スペインらしからぬ塩サッカーを打ち破った乾のクロス」リーガ・エスパニョーラ第4節 エイバル-レガネス

まだリーガで1得点しか挙げられず3試合で勝ち点1のエイバルと対戦したの...

「大迫と原口、どちらも少しほろ苦い欧州戦デビュー」UEFAヨーロッパリーグ アーセナル-ケルン/ヘルタ・ベルリン-アスレティック・ビルバオ

昨晩に行われたヨーロッパリーグでは3人の日本人選手が出場し、酒井宏樹が...

「ドルトムントが”破壊の鉄球とおなべのふた”路線を撤回してしまっては意味が無い」UEFAチャンピオンズリーグ グループH トットナム・ホットスパー-ボルシア・ドルトムント

レアル・マドリーと同じグループとあって、どちらかがグループ敗退の運命と...

→もっと見る

PAGE TOP ↑